断片的な走り書き15

この記事は2020.2.14、2:53に更新たしました。

更新内容:記事を推敲いたしました。

断片的な走り書き15

~あなたの内なる平安において~

相対的な無心

自己意識が目覚めていない人にとっては、)

「『あなたの心』が静かであるか否(いな)か・・・」

それだけが唯一の問題です。

 

~あなたの内なる平安において~

絶対的な無心

究極的には、

「あなたの心」がどれだけざわついていようとも、)

「『気づきとしてのあなたそのもの』が静かであるか否(いな)か・・・」

それだけが唯一の問題です。

 

~真の意志に由来する内的な自由~

(あなたが「真の意志」を随意(ずいい)に行使できるほどの強さを持ち、

なおかつ「真の意志」を持ち得るだけの意識状態を有しているのなら、)

「あなたの心」がどれだけざわついていようとも、

自らの意志によって「あなた」はいつでも、そこから自由に離れることができる。

その逆もまた真なり。

 

端的に申すと、

私は「(肉体精神としての)あなたの思考や感情」の味方ではない。

「(魂や肉体精神としての)私」は「(魂としての)あなた」の味方なのだ。

 

高次の観点からすれば、

思考や感情など、「(魂としての)あなた」とは本質的に何の関係もない。

 

~本物の師とは~

端的に申すと、

本物の師とは「弟子の思考や感情」の味方ではない。

「師」とは一貫して「弟子における魂」の味方なのだ。

そして、魂は内なる静けさや安らぎを愛し、思考や感情は内なる興奮や熱狂を呼び起こす。

 

「師」は一貫して「弟子における魂」の味方でありながらも、人間でもある師にもまた思考や感情はあるため、時に弟子は師の真意が汲(く)み取れず感情的な反応をし、さらにそのことには気がついていない。

師はそのことに気づいていながらも、気づいていないふりをする。

 

~「ニセモノの悟り」の時代~

「弟子の悟り」のためでありながらも、弟子の無意識的な言動によって、師は弟子よりも多くの忍耐を要求されている。

本物の師たちが表舞台から消えていったのも仕方なしか・・・

つまるところ、真のスピリチュアルの世界において、現在のようなニセモノの指導者たちがはびこる、ニセモノの悟りの時代を作ったのは探求者自身である。

 

啐啄同時(そったくどうじ)

ここぞというタイミングにおいて、親鳥が卵のカラの外から突(つつ)き、同時にヒナが卵のカラの中から突(つつ)くこと。

 

~啐啄同時(そったくどうじ)~

ヒナは自分の力だけでは、自身を閉じ込めている卵のカラを割ることはできない。

しかし親鳥はヒナの唯一の味方だ。

それゆえ、本物の師が「飛べ!(カラをつつけ)」と言ったなら、あなたは想念(カラの外の世界の不安)を見る前に飛べ。

カラの外の世界で飛ぶことのできないイメージ(想念)が生じても飛んだ方が良い。

その時は、飛ぶべきだ。

その時が、飛ぶ時だ。

その機を逃すと、これまでもそうであったように、これから先も、飛ぶことことはおろか、もう飛ぼうとすることさえできないのだから・・・

 

もっと理解を深めたい・・・

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

  1. アジズ・クリストフ(アナディ)

  2. ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』

  3. もう少ししたら、5分間の直接伝達を行います。

  4. 私の目的【2018会員専用記事】

  5. 天使の集い

  6. 自己意識の目覚めについて ~その強度と持続性~【2019会員専用記事】…

  7. 柔らかな留意

  8. 「目覚めの力」を宿した言葉たち2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

天使の集い

作曲・編曲・演奏・打ち込み:木幡 等

おすすめの記事





人気のある記事:BEST3



言葉による伝達 ノーコンタクト