想念

この記事は2019.11.28、14:23に更新しました。

更新内容:記事に加筆をいたしました

 

想念とは、自然発生的な考えや思い、そのような意味においての自然発生的思考のことだ。

瞑想の時など、目を閉じて静かにしていると、あなたは何も考えようとはしていないのに、色んな考え思いがわき起こってくるよね。

 

れら想念(考えや思い)は、あなたの意志に反して、次から次へと連想を生じさせて終わりなく続いていく。

あなたは、そのような果てなき想念の連想に巻き込まれてしまうから、心を静めようとすればするほど、静かになれない。

 

瞑想中に「何もしない」ようにしていても、想念を静めようとしてしまう。

安らかでありたいと願いながらも、心の中では想念を抑えつけようと騒ぎ立てている。

 

つまり、無為であろうとしながら、作為を起こしてしまう。

 

「自然発生的にわき起こってくるネガティブな想念」なんていうものはね、あなたの心の部屋の中に映し出されたオバケみたいなものでね。

それはオバケという幻影なんだ。

そのような

オバケを「退治しよう」なんて、まともに相手にしちゃうから、ただの「幻影でしかないオバケ」が「あなたにとってのリアルなもの」になっちゃうんだよ。

 

心の中に浮かんだ想念(思いや考え)。

それは、心の中に浮かんだオバケ。

 

そのような、他人からすれば、ただの妄想(もうそう)にしか過ぎないオバケ(思いや考え)が、あなたにとってはリアルな現実のように思えてしまう。

他人からすれば、オバケでしかないものが、あなたにとっては実在の何かに見えてしまう。

 

だから、オバケのことばかりを話し続けているあなたは理解されないのだ。

だから、オバケについての何らかをわかり合いたいと思っているあなたは孤独なのだ。

だから、オバケに怯(おび)え続けているあなたを誰も助けてはくれないのだ。

 

人類は、オバケ信仰のオバケ信者だ。

オバケ大好き、チュキ、チュキ(好きの赤ちゃん言葉)。

 

だから、想念に巻き込まれるんだよ。(人間には、もっと大切なものが、あるんじゃないのか?)

 

それはオバケ(想念)のせいじゃない。

オバケ(想念)を愛したあなたのせいじゃないのかい?

 

問いかけてごらん。

 

 あなたを愛することオバケ(あなたの影)を愛することとは、違うんだぜ、baby(笑)

 

「そりゃ理屈はわかるけど、そう簡単にはいかない」って?

 

そうだね。

 

ヘッドセンターを目覚めさせて、あなたの注意を「ヘッドセンター」に留めることができるまでは、とても難しいことだということはわかってる。

さらに言うなら、純粋意識を目覚めさせて、自己としてのあなたが「純粋意識」に包み込まれるまでは、それなりに想念には苦しめられることだろう。

 

だけど大丈夫だよ。

裏を返せば、純粋意識を目覚めさせれば簡単ということだ。

 

そこにオバケは入って来れないのだから・・・

 

関連記事

  1. 思考を追い越せ ~我思わずとも我あり:非言語的世界である聖なる次元への…

  2. エネルギー・センターを開発するための「特殊瞑想」【2018会員専用記事…

  3. 中庸であるということ

  4. 意識の病 ~歪んだ意識状態~

  5. 閉園まぎわの遊園地~被り物の誘惑~

  6. 『ノーコンタクトでの直接伝達』のご感想をお寄せ下さい。

  7. 「ノーコンタクト・セッション」への「無断参加における注意点」を掲載いた…

  8. 自由意志

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

天使の集い

作曲・編曲・演奏・打ち込み:木幡 等

おすすめの記事




人気のある記事:BEST3



言葉による伝達 ノーコンタクト
  1. 2019.12.5

    チャオ♪
  2. 2019.12.2

    明日だね。
  3. 2019.11.28

    想念