1. HOME
  2. 自己意識
  3. 周回遅れのトップランナー
自己意識

周回遅れのトップランナー

自己意識

294

この記事は2021.9.6、14:10に更新しました。

更新内容:記事を推敲しました。

 

人生という名のトラックにて

いつもアイツは「一番前を走っていた」・・・

 

いつもアイツは「一番前にはいた」けれど、それが「周回遅れだということ」には気がついていなかった。

 

今も気づいていないだろう・・・

ずっと気がつかないだろう・・・

「気がつきたくなどない」のであろう・・・

 

瞑想競技も同じこと。

《行為者であるアイツ》の目的は「先頭を走るトップランナーになること」なのだから・・・

 

しかし、《観照者としての僕》からすれば「他人との競争」にはリアリティーを感じない。

 

あえて言うなら「自分の記録を超えたい」だけだ。

 

「僕にとってのリアルな観客とは、この世に僕しかいない」のだから・・・・

 

それが《自己意識としての視点》いうものなのではなかろうか・・・

 

敵は《己の想念》だ。

《行為者としての想念》だ。

 

株主になればいつも株価が気になるように、行為者になるから他者や想念が気になってしまうのだ。

 

もっと理解を深めたい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。