Master of Enlightenment

Start content

悟り

《瞑想》をも含めた《悟りのための取り組み》の秘訣は「やり方」にではなく「在り方」にある。
しかし、このことの真意を誰もわかっちゃいない。
だから、長年にわたって瞑想や自己探求に取り組んだきた方ならご存知のように、誰もが望むほどの結果を出せないままでいる。
「あなたとしての在り方」が間違っていれば、どんな「やり方」であっても結果は出ない。
むしろ、そのような《作為に基づく小手先の技術》は《正しい在り方を妨げる足かせ》となってしまう。
それは何事においても同様である。

直接伝達

しかし、「やり方」というものは言葉で説明できても、「在り方」というものは言葉では説明しきれない。
瞑想や探求の主役である「意識の主体としてのあなた」とは「目には見えないもの」だからである。
それゆえの「直接伝達」なのである。

自己意識の直接伝達:火曜/全4回

「瞑想をしている者とは『誰』なのか?」
それは「行為者としてのあなた」ではなく「思考者としてのあなた」でもなく、「観照者としてのあなた」すなわち「自己意識としての自己」でなければ真の瞑想は始まりません。
 そのために「自己意識の目覚め」に働きかける直接伝達。
 「自己意識」とは「個としての意識の主体」すなわち「主観意識としての自己の主体」であるとも言えます。
 瞑想の初歩において「気づき」や「マインドフルネス」を重要視するのは、この「自己意識を目覚めさせるため」なのです。
 瞑想者におきましては、「自己意識の直接伝達」をお受けになられることで、「ブレのない明晰な気づきのある瞑想」を身につけていくことができるようになります。

詳細を見る

純粋意識の直接伝達:木曜/全4回

 「純粋意識」とは「個としての意識の母体」である「普遍的意識」のことであります。
それゆえ、純粋意識との接触時には「心身の癒やしや浄化における多大なヒーリング効果」も生じます。
 瞑想者におきましては、「純粋意識の直接伝達」をお受けになられることで、「エネルギー的な広がりのある穏やかな瞑想」を身につけていくことができるようになります。

詳細を見る

絶対意識の直接伝達:日曜/全4回

 「絶対意識の直接伝達」は2020年に「高次のハートの直接伝達」と第して行い、大きな反響と高い評価をいただいたセッションです。(詳しくは「お客様の声」をお読みください。)
 ニサルガダッタ・マハラジが「意識に先立つもの」と称した「絶対意識」の直接伝達。
 「絶対意識」とは「自己意識や純粋意識を生み出す基盤」すなわち「あらゆる意識の究極的な源泉」なのであります。
 瞑想者におきましては、「絶対意識の直接伝達」をお受けになられることで、「根源的な静けさへと引き込む瞑想」を身につけていくことができるようになります。

詳細を見る

「悟りへの近道」がここにあります。

あなたの進化的変容を促す、その圧倒的な直接伝達

【 F. T. 様/40代/女性/大阪府在住 】
ノーコンタクトセッションでも十分に、今までに他で受けたどんな遠隔セッションでも感じたことのないほどの変化を、直接伝達時だけでなく日常生活の中でも感じていたのですが、サイレンスセッションでの沈黙による直接伝達では「圧倒的な何かが、自分の中に流れ込んできた」という印象です。
(中略)そして個人セッションから4日後の朝、目が覚めたら、自分の内側がシーーンと静まり返っていました。
「瞑想をしているわけでもないのに、なんでこんなに静かなんだろう・・・」
今後のいろいろな変化も楽しみつつ、ずっとこの静けさと共にありたい・・・
そう願うばかりです。
本当にありがとうございました。
【 Y. Y. 様/44歳/男性/東京都在住 】
「ノーコンタクトセッション」では、いつも頭部にエネルギーが流れこんでくる体験があったのですが、サイレンスセッションでの「沈黙による直接伝達」の時の体験はまるで違いました。
意識の中心としての私が強烈に後ろに下に押されていく感覚があり、最後にはずっと後方の見えない壁にへばりついているかのようでした。
やがて深い安心感に包まれ、「これは、自力でこの状態にたどりつくことは不可能だ。」ということは強く感じました。
【 S. S. 様/45歳/女性/京都府在住 】
「沈黙による直接伝達」の開始直後、木幡様の瞳を見つめていたのですが、その瞳は今までの快活にお話されているときの「きらんきらん☆」とした様子とは打って変わり、何も映していない、何も読み取れない瞳でした。
その後まもなく、自分が存在している空間が「ぐわん」と一度大きく揺れ、目を閉じると、今いる空間ごとどこかへ放り出されたような感覚になりました。
座っていたので問題ありませんでしたが、もし立っていたら眩暈(めまい)でかなりフラフラしたのではないかと思います。
【 若山ゆりこ様/イラストレーター、ヨガ教師/50歳/女性/神奈川県在住 】
セッションから4日たった現在でも、今までにない「純粋意識との接触状態が継続していること」に正直驚いております。
今日も心が静かです。
昨日も、ほとんど椅子に座って過ごしていました。
また、今朝、瞑想しようとして背筋を伸ばして座り目を閉じたら、「瞑想している時としていない時の状態がほとんど変わらない」ということに気がつき、驚きました。
※.上記のご感想は「木幡 等 Hitoshi Kowata のサイレンスセッション」のご感想からの抜粋であり、「ノーコンタクトセッション」は木幡との対面なしで行われます。

  1. 木幡 等 Hitoshi Kowata の直接伝達について
  2. セッション内容につきまして
  3. ノーコンタクトセッションの日程表

    意識の進化に「完成」はない。「終わりなき進化」があるだけだ。

  4. ご質問につきまして

    ご質問がおありの方は、その前に必ずお読みくださいませ。

PAGE TOP