Spiritual Master

Start content

悟りの直接伝達

「悟り」とは「根源的な《知性》と《感受性》と《存在性》との融合によるもの」です。
ゆえに「真我」とは《サット、チット、アーナンダ》として表されることもあります。
それは《存在、意識、至福》として翻訳されています。
つまり、それらすべてが花開いてこそ「悟りが実現する」ということです。
ですから「真我」の本質である「内なる静寂」には《存在に由来する深さ》と《意識に由来する明晰さ》と《至福に由来する穏やかさ》とがなければなりません。

木幡 等 Hitoshi Kowata のノーコンタクトセッション

高次の自己に由来する静寂。
《存在に由来する深い静寂》と《意識に由来する明晰な静寂》と《至福に由来する穏やかな静寂》。
しかし、それらのすべてを自力で目覚めさせることは困難です。
なぜなら、それらは「極めて高い波動のエネルギーを有している」からです。
ですから木幡 等 Hitoshi Kowata が直接伝達によって、それらの目覚めに働きかけます。

意識としての自己の伝達(火曜/全4回)

「意識としての自己」を目覚めさせる直接伝達。
意識としてのあなたに由来する「明晰な静寂」が目覚め始めます。
頭部に位置する意識のセンターである「第三の目」をも活性化させます。

詳細を見る

至福としての自己の伝達(木曜/全4回)

「至福としての自己」を目覚めさせる直接伝達。
至福としてのあなたに由来する「穏やかな静寂」が目覚め始めます。
胸部に位置する至福のセンターである「ハートセンター」をも活性化させます。

詳細を見る

存在としての自己の伝達(日曜/全4回)

「存在としての自己」を目覚めさせる直接伝達。
存在としてのあなたに由来する「深みのある静寂」が目覚め始めます。
腹部に位置する存在のセンターである「ハラのセンター」をも活性化させます。

詳細を見る
PAGE TOP