Spiritual master

Start content

恩寵とつながれば、あなたの人生が変わります。

「悟りたい。」
「不安定な心を落ち着かせたい。」
「うつ病や不安などといった症状を改善したい。」
「健全な心、健康な身体を取り戻したい。」・・・
しかし、あなたはもうご存知でしょう。
そこには「厳しい現実の壁」というものが立ちはだかっているということを。
それが、なぜかもご存知でしょうか?
それは、対処療法的にあなたの末端である心身の状態は改善できても、あなたの基盤である自己そのものが根治的に改善されていないからなのです。
ですから、根治的な「自己の変容」のためには「恩寵(おんちょう)」という「人知を超えた高次のサポート」が絶対的に必要となるのです。
なぜなら、恩寵だけが「自身の枝葉である心身のみならず、自身の根っこである自己そのものに作用すること」ができるからなのです。
つまり「あなたが恩寵とつながること」さえできれば、それは自ずと成し遂げられていくのです。
まるで”魔法にかかった”かのように・・・

真のスピリチュアルマスターとしての役割、それはあなたに「恩寵とのつながり」をもたらすこと。

真我を実現した木幡 等 Hitoshi Kowata は「恩寵(おんちょう)の源泉との強いつながり」を持っている、世界でも極めて希少な存在です。
ですから「直接伝達」というその特殊能力によって「あなたに恩寵とのつながりをもたらすこと」ができるのです。
それこそが、真のスピリチュアルマスター(覚者)としての最も重要な役割なのであります。
それゆえ、そのヒーリング能力におきましても傑出しています。
そして、あなたに恩寵が訪れたその時にこそ、あなたに「確かな変容」がもたらされるのです。
それゆえの「リピート率86%」という安心と信頼の実績。
これまでノーコンタクト・セッションにご参加いただいた現役の医師やスピリチュアルカウンセラー、その全ての方々からも高い評価と称賛の声をいただいてきました。
あなたもノーコンタクト・セッションにご参加されれば、心身が浄化されるのみならず、自己の変容までもが促され、日常生活においても心が安定し、瞑想も驚くほどに深まっていくことでしょう。
ぜひ一度、ノーコンタクト・セッションで、まずは木幡 等 Hitoshi Kowata とつながってみてください。
”これまでとの違い”に、きっと驚くはずです・・・

ヘッドセンターの直接伝達

初めての方は、ここからお試しください。
恩寵(おんちょう)とつながるためのアンテナ、恩寵を受けとるための受信器となってくれるもの、それがヘッドセンターです。
また、あなたが不安や苦しみから解放されるためには、「ネガティブな思考や感情」から「あなた」が距離をとることができなければなりません。
そのための具体的な場所となるのも「ヘッドセンター」なのです。
それは頭部に生み出すことのできるエネルギーの振動体。
「あなた」が内なる家となる「ヘッドセンター」に留まっていれば、「ネガティブな思考や感情」といえども、もはや「あなた」には触れることさえできないのです。

詳細を見る

純粋意識の直接伝達

「自己意識としてのあなた」と「純粋意識」とが出会うその時、あなたは「真なる自己としてのあなた」への最後の旅路を歩み始めます。
「自己意識としてのあなた」が「意識の根源」へと帰ったその時、ようやくあなたは「真なる自己としてのあなた」を見いだします。
それが「本当の悟り」です。
ですが「純粋意識との接触」は容易ではありませんし、「純粋意識との永続的な接触状態を維持すること」はとても困難です。
そんな「純粋意識との接触が困難である」というあなたのために、ひと月4回に渡って木幡等がお届けする「純粋意識の直接伝達」。
それは「悟りの実現」のための希少な機会となることでしょう。

詳細を見る

【NEW】ライフエナジーの直接伝達

私たちの命や健康は、ライフエナジー(生命エネルギー)によって支えられています。
ですが、現代の多忙な生活の中では、ライフエナジーの供給量が少ない人は、心身の不調に陥(おちい)りがちです。
「ライフエナジーの直接伝達」は、睡眠不足に陥りがちな現代人のための、急速のエネルギーチャージとなります。
元気いっぱいで幸せだった子供の頃のように体力を蓄えて、あなたの幸せを取り戻してほしいと願っております。
また、翌日の木曜日に行われる「純粋意識の直接伝達」のための準備として、お受けになられるのも良いでしょう。

詳細を見る

「本当の悟り」へと続く道が「ここ」にあります。

恩寵とつながること。

恩寵とのつながりによって「本当のあなた」を思い出してください・・・

  1. 個人セッションにおける料金設定につきまして
  2. よくあるご質問

    お客様からの『よくあるご質問』を掲載いたしております。

PAGE TOP