I. D.様/40代/男性/宮崎県在住

以下のご感想は、I. D. 様から事務局宛(あて)に頂いたセッションのご感想を、ご本人様のご許可をいただいて掲載させていただいたものであります。

木幡等先生とそのセッションについての感想

木幡等先生

先日(2020年6月13日)の『スカイプ・セッション』、誠にありがとうございました。

臨在が確かにそこにあることの、強さをひしと感じることができました。

 

今でも忘れることのできない第一回目の『ヘッドセンターの直接伝達』。

想念と完全に自己同一化してしまっていた昏睡した自己意識をばりばりと大音量を上げて先生がひっぱがしてくださったこと、あの衝撃は私にとって生涯忘れることはない出来事です。

そしてあれから半年、なんとか食らいつきながらややもすれば引き戻されそうになるけれども、想念との非自己同一化、距離を意識的にとれる状態を『ヘッドセンターの直接伝達』と『純粋意識の直接伝達』により支えられ、歩んでこられたなと実感しています。

 

ノーコンタクト・セッションへの初参加より4ヵ月目をこえた頃から、ひとりで座っている際に深い安らぎをおぼえるようになってきました。

それは懐かしい安らぎ、直接伝達を受けている際にようやく思い出すことのできるような赤子の頃のようなこの世界の感じ方にもどるような。

 

半年間のノーコンタクト・セッションによる直接伝達を経て、先生とスカイプによってお会いしてみたいという気持ちが固まり、6月13日のスカイプ・セッションを申し込み、無事受理となりました。

時間を延長をして、先生が真摯(しんし)にありとあらゆる方面からサポートをして下さることがとてもありがたく、そして濃密で有意義な時間でした。

洒脱で親しみやすい印象と、深いそして遠い到達点からの視線が瞬時に入れ替わりながら、伝達に導かれている感覚になりました。

具体的なこれからの座り方についての指針を頂けたことも助かりました。

 

また、最後の「沈黙による直接伝達」の時に見た、先生の”想念の無いまなこ”も衝撃でした。

見つめているうちにこの世界に対するわたしの根本的な認識のありかたが変容されざるを得ないくらいの、不可思議な風景でした。

人は見たことがないものを見たときに、そしておそらく聞いたことがない音を聞いたときに、今までの認識を変更せざるを得なくなります。

今までの常識が壊れるような。

 

人のまなこに無が宿っている。

おどろきでした。

 

ゆけるところまでゆきたい、そのような心持ちになれたセッションでした。

 

誠に誠にありがとうございました。

 

関連記事一覧

PAGE TOP