1. HOME
  2. 瞑想
  3. 「純粋意識の悟り」のために効果的な二つの瞑想法〜「猿の道」と「猫の道」~
瞑想

「純粋意識の悟り」のために効果的な二つの瞑想法〜「猿の道」と「猫の道」~

瞑想

905

この記事は2021.2.6、6:28に更新いたしました。

更新内容:記事を推敲し、久しぶりに一般公開いたしました

 

昨日の記事(『食べるということについて ~インプットとアウトプット~』)から、何が言いたいかというとだね、

 

修行においても目覚めの過程においても、

あまり深刻になりなさんな。

と言いたいわけだ。

 

「もっと楽しみなさい。」

「めい一杯、体験できる喜びを享受しなさい。」

 

人生とは、つまるところ、あなたにとっての体験の場、体験の機会だ。

 

私たちは、苦しむために生まれてきたわけじゃない。

 

 

さてさて本題、さて本題・・・

 

執着することが良くないというのは、何かに執着して依存してしまえば、それが失われた時に不幸になるからでしょ?

それが失われるかもしれないという恐れの想念が、あなたの内なる平和をかき乱すからでしょ?

 

しかし純粋意識に対してだけは、執着すればするほど失われなくなるわけですよ。

 

純粋意識に執着すればするほど、あなたの内なる平和はどこまでも深まり拡がっていくわけですよ。

だってそれだけが、あなたと一つになれるものなのだから・・・

本来はあなたと一つであったものなのだから・・・

 

だから、純粋意識に対する執着にだけは、裏切られることがない。

さらには、あらゆる病的な執着までをも洗い流してくれるのだから・・・

 

つまり、あなたの人生において、本当の意味で執着に値するものなど、純粋意識以外にはないということだよ。

 

だから、純粋意識に執着しなさい。

それが、本当の意味での想念を手放すということになるわけですよ。

 

純粋意識というきれいな水でしか、泥(想念)を洗い流すことはできないんだ。

泥水(想念混じりの瞑想)で、泥(想念)を洗い流そうとしても、それは泥(想念)の塗り替えにしか過ぎない。

時にその泥水は、神秘的な美しい模様を生み出すかもしれないが、しょせん泥水は泥水でしかないわけだ。

 

だから、純粋意識を愛しなさい。

それができなければ、自分や他人を本当に愛することなんてできないのだから・・・

 

純粋意識だけを愛しなさい。

あなたが今の自分の在り方に、違和感のようなものを感じているのであれば・・・

 

純粋意識としての自己に目覚め始めたばかりのあなたは、生まれたての赤ん坊だ。

 

その始まりは猿の道だ。

 

その移動(目覚めの進展)の過程においては、あなたは母なる純粋意識に、しっかりと掴(つかま)っていなければならない。

バナナ(想念)に気をとられちゃいけないよ。

たとえ振り落とされたとしても、決して母親を見失ってはならない。

 

赤ん坊が生きていくためには、母親に執着し続けなければならない。

バナナ(想念)のことは放っておいて、母親(純粋意識)だけを見つめていなさい。

母(純粋意識)の愛だけを感じていなさい。

神の子供である魂は、バナナ(想念)によってではなく、母(純粋意識)の愛によって成長するのだから・・・

 

それが「純粋意識の目覚め」のステージにおける明け渡しということだ。

それこそが「純粋意識の悟り」ための瞑想の本質なのだ。

 

そして次は猫の道だ。

この段階(ステージ)にまで来ると、その移動(目覚めの進展)の過程においては、母なる純粋意識が、あなたをくわえて離さない。

あなたは、そのために何もする必要がなく、ただそのことに気づいているだけでいい。

さすれば母なる純粋意識が、あなたを必ず正しい場所へと運んでくれる。

 

ここまで来れば純粋意識の悟りは、もうすぐだ。

 

このステージにおいて、明け渡しは自ずとなされている。

あなたは、そのことにただ気づいているだけでいい。

もはや、

あなたに努力はいらない。

それは「自力から他力への明け渡し」でもある。

 

関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。