断片的な走り書き16

この記事は2020.1.23、18:22に更新たしました。

更新内容:新たな文章を追加いたしました。

記事を推敲いたしました。

断片的な走り書き16

~山頂からの孤独な眺め~

現在は未来を映す鏡のように、その未来をも内包している。

それゆえ、探求者は自身の現在の居場所(意識状態)さえも見えていないが、本物の師には、彼らの現在の居場所(意識状態)のみならず、そのままの彼らの行きつく先(意識状態)もが鮮明に観えている。

 

~光と闇の二極化の時代~

光が強くなれば、闇(やみ)はさらに深くなる。

そして幸か不幸か、今は「自己の覚醒(光)と眠り(闇)」における二極化の時代なのだ。

それゆえ、光の道を歩む人は光の根源の方へとどこまでも進んでいく。

もはや彼を止めることのできる人はいない。

しかし、とても深い自己の眠り(闇)に落ちてしまった人々においては、自己目覚めのために残された時間は、(色んな意味において)もうほとんどないのだよ。

今こそが踏ん張りどころだ。

 

~「横綱」と「ド素人(しろうと)」との相撲(個人セッション)~

原則的に、真の自己探求の指導の場においては、

相撲(すもう)のド素人(しろうと)である弟子が師(横綱)の「教え」の土俵(どひょう)に上がらなければ、弟子は相撲(すもう)を学ぶことはできない。

なぜなら、師(横綱)が弟子(ド素人)の「想念による連想」の土俵(どひょう)に上がるとなると、いつまでたっても相撲(すもう)にならないからである。

 

~相撲(個人セッション)におけるルール~

相撲のド素人たちそれぞれの思い思いの独自のルールに基づく想定外の反則攻撃ばかり受け続けていれば、強靭(きょうじん)な体力や精神力や幾多の技を有する横綱といえども、太刀打ちできやしない。

身も心も、もちゃしない(笑)

ハートがあれば、そのようなルールなんて、習わずともわかるのだがね・・・

~探求者のための施設について~

私は生徒を自身の教えの土俵(どひょう)に招くための場とシステムを作らなければならない。

そのためには、そのための施設が必要となる。

そして私の心の準備はできている。

しかし、うまく説明することはできないが、私にも時間がない。

そして当たり前のことだが、それだけの資金もない。

経済的なお力がある方、どうかお力をお貸しくださいな。

 

~指導者として~

自己が不在の果てなき想念による連想の世界、そのような牢獄(ろうごく)からあなたを解放させるために、私はもう私の道を歩き始めているのだ。

 

もっと理解を深めたい・・・

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

  1. 注意の分割【2018会員専用記事】

  2. 修練(しゅうれん)~悟りや目覚めのための準備~

  3. クヌート・ハムスン『ヴィクトリア』

  4. 悟り素麺

  5. 陽のあたる場所~「純粋意識」と「内なる静寂」~【2018会員専用記事】…

  6. 「あなた」と「想念」

  7. 執着するに値するもの ~「猿の道」から「猫の道」へ~【2019会員専用…

  8. ヘッドセンターの重要性について【2019会員専用記事】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

天使の集い

作曲・編曲・演奏・打ち込み:木幡 等

おすすめの記事





人気のある記事:BEST3



言葉による伝達 ノーコンタクト