1. HOME
  2. 悟り
  3. 想念と主人公 ~自己観察のための瞑想~
悟り

想念と主人公 ~自己観察のための瞑想~

悟り

この記事は2018年9月11日、12:29に更新しました。

更新内容:最終行の文章に加筆をしました。

 

あなたが目覚め悟りを実現させたいのなら、あなたはそれを妨害する敵のことや、そのやり口をも熟知していなければならない。

 

そうでなければ、来たるべき最も大切な、聖なるものへの明け渡しの時期に、「しまった! 気がついたら想念に明け渡してしまっていた・・・」、つまり「想念に乗っ取られていた」なんてことにもなりかねない。

そうなると(自己意識としてのあなたが明晰ならば真なる自己目覚めが途絶えることはないが)、その目覚めの進展の過程を妨げしまうこととなる。

 

だから、あなたがそれなりに成熟するまでは、1日数十分の瞑想で良いから、その間、目を瞑って、ただ淡々と想念を観察していなさい。

慣れてくれば日常生活を送りながらでも、同時に行うこともできるようになる。

 

想念の本拠地がある海の中に自ら潜(もぐ)っていくのだ。

 

奴らが、どんな動きをしているのか?

奴らの癖や特徴は?

奴らは、あなたに何をけしかけてくるのか?

奴らが、あなたにどのような賄賂(わいろ)を贈ってくるのか?

・・・

 

どんな情報でもいい。

あなたは「想念に関するの論文」を書き上げる研究者のようなつもりで冷徹に観察するのだ。

たとえ想念に巻き込まれてしまっても、あなたが巻き込まれているということにきちんと気づいていれば、それでいい。

 

最初は敵からの猛反撃にも合うだろう。

しかし、われわれ人間もバカではない。

その、かわし方をも学んでいくことだろう。

 

そして、観察瞑想が終わったら自分に対して答えなさい。

「奴ら(想念)の言いなりに従いながら生きていて、私は本当に幸せになれるのだろうか?」

と・・・

 

そして、あなたの内なる世界において、今は主人の如く振る舞っている奴ら(想念)と、しばらく決別する決意をしなさい。

さようなら・・・

いつの日か、必ず私が主人(自己意識)となって帰ってくる。

と・・・

 

真の人間らしい生においては、想念ではなく、あなた(自己意識)が主人公でなければならない。

 

「主人公」とは、禅から生まれた言葉である。

 

そうして想念を手下に従えたあなた(自己意識)は、やがて聖なるものと出会って、それと一つになることにより本当の主人公となる。

すなわち、真なる自己となる。

 

関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。