1. HOME
  2. 悟り
  3. 神の裏をかく
悟り

神の裏をかく

悟り

4

この記事は2018.9.16、12:36に更新しました。

更新内容:ささやかな推敲をしました。

 

一人で取り組んで、悟りを実現するのは簡単ではない。

 

なぜなら、「神の裏をかかなくてはならない」から・・・

 

つまり、あなただけがこの世界のエネルギーや重力の流れに逆らい続けなくてはならない。

ある地点に到達するまでは・・・

 

それは今までのあなたの生き方や在り方とは、真逆の生き方・在り方を要求してくる。

だから昔から「正しい知識のある探求者」は、出家して「マスターのエネルギーの影響下」に入ろうとしてきたわけである。

 

「神の裏をかく」

なんなら、

「悪魔をあざむく」

そう、言い換えてもいいだろう。

 

それは、

「人間としてのあなたの裏をかく」と言うこともできる。

 

真なる自己目覚めの継続にとって不可欠な「聖なるものへの明け渡し」の過程においては、「肉体/精神のあなた」のニーズをも満たしてやりつつ、それらを置き去りにしていくというような、ある意味での騙(だま)しみたいなものも必要になるからね。

それらのニーズを完全に無視して抑圧すると、肉体/精神からの「倍返しの反撃」に合って目覚めの邪魔をされてしまうのでね。

 

神が作った肉体/精神としてのあなたの裏をかく・・・

 

肉体/精神としてのあなたを力づくで抑えつけるのではなく、エサはきちんと与えて満たしてやっているからこそ、それを置き去りすることができるわけです。

 

そういう意味での臨機応変な「直感的な知性」や「恩寵による導き」が必要となります。

 

つまり「純粋さ」だけではなく「したたかさ」も必要となる。

それらすべてを含めて「成熟するということ」が必要になる。

 

天使のように大胆に・・・

悪魔のように細心に・・・

 

関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。