「純粋意識」と「内なる静寂」の違い

新たな理解が訪れたことにより、「純粋意識」と「内なる静寂」とを異なる実体として、再定義することができました。

ずっと暗黙知のレヴェルでは感じ続けていたことでしたが、この度の理解により、ようやく明確に言語化することができました。

 

生徒や会員の方からも「『真なる自己目覚めの進展』のための取り組みが、より具体的になったので更に取り組みやすくなった。」と、その評価も悪くないようです。

 

「『純粋意識』と『内なる静寂』。この2つが異なるものだということが、「アジズとの対話/著者:アジズ・クリストフ(アナディ)」でも「恩寵の扉が開くまで/著者:フーマン・エマミ」でもわかりませんでした。

木幡様のお陰で(接点はありつつ)違うものだとはっきりわかって、さらに取り組みやすくなりました。」

(44歳/女性/京都府在住/探究歴:2.5年)

 

なおこの両者の違いは、純粋意識目覚めが起きている人にしか、実感を伴う本当の理解ができませんので、「一般化による誤解の流布」を防ぐためにも現在のところは、会員専用記事として扱わせていただいております。

 

関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

  1. 悟りと思考

  2. 環境としてのあなた

  3. エネルギー伝達

  4. エゴのたくらみ

  5. 内なる静寂【2018年度版 有料記事】

  6. 明け渡し

  7. 「悟り」と「気づき」との関係~「魂=本来の私」と「エゴ=従来の私」~

  8. 自己の変容 ~ヘッドセンターの変容について~【2018年度版 有料記事…

おすすめの記事





言葉による伝達 直接伝達