1. HOME
  2. 自己意識
  3. 記事は判断材料
自己意識

記事は判断材料

自己意識

68

私の仕事は、記事を書くことではなく、「真なる自己目覚め直接伝達をすること」です。

しかし直接伝達といっても、読者からすればどの程度の直接伝達がなされるのかが分からない。

直接伝達において、被術者に惹き起こされる目覚めは、施術者に生じている目覚めの範囲内でしか起こり得ない。

この大原則がありますから、私が目覚めについての記事を書いていれば、「あ~、木幡はここまでのレベルまでは直接伝達できるんだな」と、分かるわけです。

低次の目覚めについても書いておりますので、その辺の記事をお読みになれば、私の発言の真偽の見極めも簡単でしょう。

よくAmazonなんかの覚者の本のレヴューでは、「この本では、目覚めのための具体的方法が語られていないのが残念です。」などといった書き込みなどをよく見かけますが、そもそも「真なる自己目覚めのための具体的方法」などというものはないのです。

あると言っている奴は○○○○だ。

目覚めの準備のための具体的方法」なら、いくらでもありますよ。

言い換えるなら、「低次の自己の目覚めのための具体的方法」なら。

自己意識目覚め」のための働きかけとかはね・・・

工夫を凝らせば、尽きることはないでしょう。

ですが、

真なる自己目覚め」のための具体的方法などはない。

のです。

そんなものがあれば、ラマナ・マハルシプンジャジ直接伝達などはせず、口述筆記によって本を出版しておき、残りの余生は静かに暮らしていたことでしょう。

そのようなものがあれば、古(いにしえ)のあらゆる聖賢たちは、そのことを書くことに力を注いだことでしょう。

ですが、そんなものはないですよ。

スポーツの技術を高めることとは、本質的に違うのですから。

肉体や精神などといった自己の末端に働きかけるだけなら、具体的方法があれば効果があります。

ですが、

自己の末端である「肉体/精神としてのあなた」が、自己の中心・本質に働きかけることなどできようがないのです。

自己意識としてのあなた」と「聖なるもの」との接触、つまり「真なる自己目覚め」。

 続く

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。