クヌート・ハムスン『ヴィクトリア』

 

この本の作者のクヌート・ハムスンはノーベル賞作家でもあるのだが、その政治音痴が災いしてナチスドイツを支持していたためか、日本でもあまり有名な作家ではない。

 

そんな影響もあってか、この本はしばらく廃盤の状態が続いていたのだが、いつの間にか、また発売されていたようで。

しかも今回は文庫本。

 

この本は、20代の頃の僕の宝物だった。

 

読むたびに、泣きっぱなしだよ。

 

一流の作家の手にかかると、純愛ものでもチープにならないんだよね。

むしろ緻密に行き届いたディテールによって、力強いリアリティーを与えてくれる。

 

とにかく二人の主人公が、とても人間らしくて可愛いんだ。

そのしぐさや心の動き、等々・・・

まさに細部に神は宿るだよ。

 

純粋な方に、おすすめ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

  1. 「真なる自己」と「人間としての自己」~切り離された二つの世界~

  2. 無心ということ~「絶対的無心」と「条件的無心」~

  3. 最愛なるあなたへ・・・【2020年6月期版 有料記事】

  4. エゴのたくらみ

  5. 悟りのすすめ~心の荷物をおろす~

  6. 悟り

  7. もしも、あなたが辛い夢を見て苦しんでいるのなら・・・

  8. エネルギー・センターを開発するための方法【2018年度版 有料記事】

おすすめの記事





言葉による伝達 直接伝達