気づきと瞑想

「身体や心も私の一部には違いないが、その究極の主体である本当の私とは何なのだろう?」

 

この問いかけをしているのは、精神における知性の働きによるものです。

知性としてのあなたによる問いかけ」と呼んでもいいかもしれません。

 

ですが知性は、この問いかけをすることができても、それに答えることはできません。

なぜなら、知性には本当の私を見つけることができないからです。

 

ゆえに私たちは思考を手放して、精神よりも更に内奥へと向かうしかないのです。

この過程において、「瞑想」とはその手段の一つであり、「気づき」とはそのための道具の一つに過ぎません。

 

関連記事

 

関連記事

  1. 「純粋意識の目覚め」を途絶えさせないための秘密【特別有料教材】

  2. 本物だけに触れなさい

  3. 感受性としてのあなた

  4. 「真なる自己」「純粋意識」「自己意識」~その関係性について~【2018…

  5. 「目覚めや恩寵の訪れ」のサイン

  6. 「喝アアアーッ!!!」~魂の気迫~

  7. 悟りに至るまでの地図【2018会員専用記事】

  8. 純粋意識

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

天使の集い

作曲・編曲・演奏・打ち込み:木幡 等

おすすめの記事




人気のある記事:BEST3



言葉による伝達 ノーコンタクト・セッション
  1. 2019.11.13

    自己意識