ノーコンタクトでの直接伝達(全4回):「参加者の声」第三回目の感想

この記事は2018.11.20、13:00に更新しました。

更新内容:

記事下のコメント欄『今回の直接伝達について』に加筆修正しました。

がっくりさん orz からのコメントに返信コメントを書きました。

 

11/18開催「11月限定・ノーコンタクトでの直接伝達(全4回):第三回目」のコメントは、こちらの記事下のコメント欄にお願いいたします。

サイトの品位を保つため、はじめてコメントされる方は、お名前を本名または、イニシャル表記等でお願いいたします。

 

11月限定のノーコンタクトでの直接伝達(全4回)。

第三回目の開催日時は、11/18(日)○○:○○~○○:○○です。

 

今回の参加者は、さらに3名増えて11名です。

 

眠りに就く時のような無防備さで、お寛ぎください・・・

 

ノーコンタクトでの直接伝達

ノーコンタクトでの直接伝達

関連記事

 

関連記事

  1. 「ニュームーン・ヒーリング 2019.09.28」:「伝達時間の告知」…

  2. 「2019年4月期ノーコンタクトでの直接伝達:第3回目」:「参加者の声…

  3. 「フルムーン・ヒーリング 2019.3.21」:「参加者の声」

  4. 「2019年8月期ノーコンタクトでの直接伝達:第1回目」:「参加者の声…

  5. 「2019年7月期ノーコンタクトでの直接伝達:第1回目」:「参加者の声…

  6. ノーコンタクトでの直接伝達(全4回):「参加者の声」第四回目の感想

  7. 「フルムーン・ヒーリング 2019.06.17」:「参加者の声」

  8. 「2019.9.28の特別伝達」:「参加者の声」

コメント

    • S. E.
    • 2018年 11月 18日

    天候のせいなのかそれ以外の理由があるのか、本日は午前中から引き込まれ感が尋常ではなく、止むを得ず小休憩を除けばほぼ坐りっぱなしのまま伝達の時刻を迎えました。
    結果的に伝達時の意識状態と通常瞑想のそれとのありありとした変化と差異を体感できました。

    今回の伝達は前回前々回のものと比べると全体的に「柔らかい」印象でした。
    開始時からしばしの間、頭部の活性化と深い沈黙が交互に訪れ、その後、前回のようなジョーズ的引き込みではなく、たとえるなら「潜水艦に掴まったまま斜めに水面下に潜っていく」感じでした。
    そうして、そのまま水面のちょっと下の海中にゆるやかに留まっていました。

    前回のように無音状態ではなく街を行き交う人々の気配や声も聞き取れるのですが、それらは全て単なる「音」として意味性を持たずに消えてゆきます。
    想念は、ほぼゼロ状態と言って良いと思えます。
    二度ほど「言語系想念」に巻き込まれそうになりましたが、おっと危ないと回避できました。
    以降ひたすら穏やか…。

    ラスト10分くらいで雰囲気が変わり、周囲に「画像系想念」がポツポツと湧いて出てきました。
    雲間の月とか暗闇に浮かぶ木製の扉とか、いずれにせよ画像なので意味不明ですから、ほおっておくとクラゲのように漂って消えてしまいました。
    前回同様、意識はクリア、眠気は無しですが、柔らかな「対象なき肯定感」とも言うべき静けさが内側に残りました。

    以上ご報告まで。
    では失礼致します。

    • S. Y.
    • 2018年 11月 18日

    木幡先生

    直接伝達が始まる前から私が溶けていく感じだったのですが、始まってしばらくして、一切が広い空間に変わりました。

    かつてのように、断絶の向こう側へ、頑張ってジャンプするのではなく、ただこのままで。
    しかも、とても明るく軽やか…

    それから、私の内側がどんどん強力となり、やがて核となり…

    外側で生じて、内側へ入ってこようとする想念を「中心」が強力なエネルギーで押し出し、溶かしていました。

    今日は、まったく眠くなりませんでした。

    先週は渾身のコメントをありがとうございました。
    自分の甘さ、愚かさを思い知らされました。
    まだ不十分ですが…。

    本日も、本当にありがとうございました。
    これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

    • S. S.
    • 2018年 11月 18日

    今回は、横になって直接伝達を受けてみました。
    ふわんと空間が揺れたような気がして、気が付いたら寝てしまっていました…。
    目覚めたときにはまだ直接伝達中だったのですが、下に向かって落ちていくような感覚でした。
    終了後、家事を済ませた後、静かにしていたところ、
    表面の私が薄くなって、普段の私でない何かの「本音」にコツンとヒットしました。

    • S. A.
    • 2018年 11月 18日

    木幡様
    本日はノーコンタクトでの直接伝達を頂き、ありがとうございました。
    第三回目開催での初参加となります。

    緊張のせいなのか朝から少々熱が出てしまいましたが、部屋の拭き掃除をし顔も洗って準備万端で時間を迎えました。

    開始早々、急激に身体が熱くなり、1時間ずっと足先から頭の天辺まで熱く、汗がにじんでしまう状態でした。
    (お陰様で熱は下がり治ってしまいました。ありがとうございます。)

    10分程経過した頃、白檀の様なお香の香りがし、家でお香を焚いたりしないので、不思議に思いました。

    25分程経過した所で、頭部のエネルギーがずんずん大きくなって止まらないので、破裂したらどうしよう等と心配しましたが、膨張が止まりホッとしました。
    時間は過ぎていくがリラックス出来ず、緊張を取り去るにはどうしたら良いかとアレコレ考え、姿勢を伸ばしたり脱力してみたりし、どうにも集中出来てないと感じて焦ってしまいました。

    50分経過の時、目を開けてみると頭部のエネルギーがボワーンと更にもっと大きくなっているのに気づき驚きました。
    理由は、目を閉じている時には一切気づかなかった為です。

    終わりに近づいた所で、頭部のエネルギーが膨張しているせいで、尊い光を遮断して受け取れていないのではないかと思い、胸の所に光がすーっと届くイメージをしてみましたが、実感出来ず終わりとなりました。

    自身が意識する所は、思考に巻き込まれた状態にあり恥ずかしいです。
    起きてくる現象に身を委ねることも出来ず、自分レベルに下げて心配してみたり思考してみたり、理解が浅すぎて情けないです。

    貴重な経験となり、誠にありがとうございました。

    • K. K.
    • 2018年 11月 19日

    昨日は直接伝達ありがとうございました。

    当日は朝からとても心が落ち着いた状態でした。
    ベストコンディションで直接伝達を受けられると思っていたのですが、まさかの仕事が入ってしまいました。

    最大限に受け取れように意識を向け、なるべくリラックスしました。
    ハートにズシン、ズシンとエネルギーが来て、その後、脳天からサーと噴出しているような感覚でした。
    私の近くにいた人が、いつになく上機嫌でした。

    ありがとうございました。
    また、よろしくお願い致します。

    • 木幡 等
    • 2018年 11月 19日

    【今回の直接伝達について】

    上記のコメント以外から入ってきた情報も含め、今回の直接伝達において、複数の参加者が同時に感じられた類似性としましては、「とても意識が明晰」で「想念が極めて少なく」、「共に強度の『覚醒状態のエネルギー』と『聖なるもののエネルギー』とが交互に感じられた」、そして全体としては「柔らかな感じだった」ということ、そして「翌日からは強烈な引き込み状態が継続している」ということが特徴的なようです。

    直接伝達時の私の感覚から解説しますと、今回は「強い引き込みによって、より深い次元にグイっと引っ張られる」という感じよりも、「覚醒の炎とでも言えるような、とても明晰な意識状態を保ちながら、その場所でそのまま想念や従来の自己などといった、あなたにまつわる全てが溶け去っていくような感覚」だったのではないでしょうか。

    ここ最近、頻繁に強く生じている私のエネルギー的な熟成とでも言うべきものによって、前回よりも格段に上質となりバランス良くまとまったエネルギーに満たされた意識状態を体験されたことだと思います。
    そして翌日からは、強度な引き込み状態が継続するというフルコース。

    私の直接伝達においても、悪くありません。

    ここ最近での『私の進化』というものを感じていただけましたでしょうか?

    『あなた』方も『私』からはぐれないように、ちゃんとついて来いてきてください。
    私がさらに進んでいくということは、あなた方も急速に進んでいくことができる絶好のチャンスなのですから・・・
    私が席を外した過去の座席が空くのでね・・・ (^^♪

  1. この記事へのトラックバックはありません。

天使の集い

作曲・編曲・演奏・打ち込み:木幡 等

おすすめの記事




人気のある記事:BEST3



言葉による伝達 ノーコンタクト
  1. 2019.12.5

    チャオ♪
  2. 2019.12.2

    明日だね。
  3. 2019.11.28

    想念