「意識の進化」は果てしなく・・・

S. Y. 様/女性/50歳/東京都在住/探求歴:11年

以下のご感想は、S. Y. 様から事務局宛に頂いたメールでのご報告を、ご本人のご許可をいただいて掲載させていただいたものであります。

特別セッション

特別セッション/2019.05.03〜05

前回の特別セッションの時は、宿泊しているホテルから木幡邸へ、往きの片道を2回歩いてみました。

今回は3日間とも歩きました。

出雲市の市街地から木幡邸に近づいていくほどエネルギー状態が強くなり、クラクラしてきて前へ進むのが大変です。

ここに住んでいる人たちは、先生の臨在の恩恵を多大に受けていると思いました。

 

木幡邸に到着し、中へ通していただくと、スーッと静寂がやってきます。

明け渡し部屋の扉を開ければ、そこではもはや時間が止まっているかのようでした・・・

 

また、前回の特別セッションの時は、純粋に「臨在による直接伝達」のみでしたが、今回は「手かざしによる直接伝達」も受けさせていただきました。

身体の表面的な感覚としては「熱っ!」と声が出そうになるくらいに暖かかったです。

ですが内部に流れ込んでくるエネルギーはとても柔らかで優しく、繊細かつ穏やかなものでした。

ス~ッと頭部から背筋を通っていき、身体がストローのように感じられました。

今まで自覚はありませんでしたが、エネルギーの流れにつまりが相当にあったようで、とても楽で軽やかになりました。

 

直接対面での「ノーコンタクトでの直接伝達」

他の生徒様のご感想にありましたので、私は今回とても楽しみにしておりました。

ですが、始まって早々、その強風のような引き込みのエネルギーに私は目を開けていることもできず、意識を保つことで精一杯、ひたすら意識を失わないように耐えるのみです。

先生がメモを取られる音や、お茶を飲まれたり煙草に火をつける音は聞こえましたが・・・

 

後半、先生が引き込みを強化されると、私はその爆風のようなエネルギーに身体ごと引っ張られないように、安楽坐で組んだ自分の足のすねに両手で必死につかまっておりました。

しかし、足をつかんだ姿勢のまま、後ろにコロンと倒れそうになるのです。

倒れそうになってはあわてて起き上がる、を繰り返しておりました。

 

以前の修行との違い

かつて私が6年間通い続けていた仏教の座禅瞑想では、「心の苦しみから解放されたい」という私の願いが根本的には叶えられておりませんでした。

それが木幡先生からのご伝達とご指導により、この10ヶ月足らずという短い期間で劇的に解決されていっています。

 

ですから、いったいこれはどういうことなのか、かつて体験していたこと、観ていたものは何だったのか、そうしたことを知りたいと私は考えていました。

そして今回の特別セッションでは、木幡先生は私の疑問を丁寧に、辛抱強く解きほぐしてくださりました。

 

特別セッション後の経過について

まさに「絶え間ない引き込み」といった感じが続いております。

そのような継続的な強い引き込みのため、自動的に想念から引きはがされますので非常に楽です。

全体として、想念の存在感が薄くなり、かつ遠くにある感じになってきましたので、安らぎの感覚も深まってきております。

 

ノーコンタクトヒーリング

以下は、私が2019年2月20日から連続参加させていただいているノーコンタクトヒーリングを二ヶ月間(合計5回)に渡って受け続けてみての感想です。

身体的な効果

年齢と共に低下していく身体の諸機能が、明らかに改善傾向にあります。

聴力の改善

内なる音が聞こえるようになったためでしょうか、会社の健康診断にて、低音域だけでなく高音域も楽に聞き取れるようになっていて驚きました。

 

視界の改善

私は生まれつきの斜視です。

子供の時に数回手術をし、その後は眼鏡で調整しておりますが、右目のみが機能している状態でした。

左目は使われていないので、視力も良くありません。

眼鏡をはずすと左目が全く動かなくなるので、子供の頃には気持ち悪がられることも多くありました。

 

木幡先生のノーコンタクトヒーリングを継続して受けているうちに、ある日、視界の中に、左目の視界があることに気がつきました。

いつの間にか私は、片眼視ではなく両眼視していました。

そして、左目の視界が少しずつ広がってきているようです。

 

両眼視することにより、物が立体的に見えて、とても驚いています。

作業をするときなど、奥行きがあってびっくりし、とてもわくわくし、楽しいです。

階段の段差も、以前よりわかるようになってまいりました。

また、鏡で確認しましたが、眼鏡をはずしても両目が同じように動いております。

 

両眼視が安定してきたら、眼鏡を作り直そうと思っております。

 

両手が効果的に使える

脳や体の機能が改善しているのでしょうか

これまであまり使うことのなかった利き手でない左手も、当たり前のように使っている時があります。

家事をする時などは、とても便利です。

 

胃腸の活性化

ノーコンタクトヒーリングを受けている時は、特にお腹がポコポコと音がしています。

胃腸が一生懸命、消化に努めているという印象です。

今後、消化力が上がってくのではないかと思います。

 

探求における効果

ノーコンタクトでの直接伝達を、より繊細に受け取れるようになる

ノーコンタクトヒーリングの際に流れ込んでくる非常に繊細なエネルギーに接することは、ノーコンタクトセッションをより繊細に受けとる適切な練習にもなっております。

時には堅固で強力なエネルギーも生じるノーコンタクトセッションと比べ、ノーコンタクトヒーリングでは、そのエネルギーの繊細さのために「すべてを純粋意識へとゆだね尽くす」という姿勢がより真摯に求められるようです。

それは木幡先生ご自身の在り方そのものでもあると感じております。

 

また、何となくですが、特別セッションでの「臨在による直接伝達」の繊細さと、ノーコンタクトヒーリングでの「スピリチュアルヒーリング」の繊細さは近いと感じております。

 

木幡先生について

2018年8月16日

木幡先生は「自分にはいわゆる霊感などは全くなく、ただ普通に感じているだけです」と笑いながら仰っておられましたが、私について指摘されることがとても正しく、しかも瞬間的に観えているのだと思いました。

サイトで拝見するお写真より画面を通しての木幡先生は、ずっと親しみのある印象でホッとしました。

同時にその智慧だけでなく、強い慈悲と、大変な繊細さも感じました。

 

私が行こうとしている1歩前、2歩前、3歩前を的確にお伝えしてくださいます。

核心に関わることを、その内容と状況に合わせて。

 

私は未だに人とのコミュニケーションが苦手なのですが、セッションにおいては木幡先生のお気遣いのおかげで、気まずさのようなものを感じることもありません。

 

木幡先生に関しては、慈悲や智慧、繊細さや洞察力だけでなく、とても生き生きとしたお茶目で豊かな印象も受けております。

 

2019年5月26日

人間としても非常に多面的であると同時に深みもある方という印象です。

実は結構なイケメンという外見に反して、先生ご自身が仰るようにとてもシャイな方でもあられますので、特に繊細な部分に関しては、その多面性の内側に隠されていると感じています。

 

ですから相手の感情を汲みとり、寄り添いながら適切にご指導くださいます。

にこやかにお話しされながら、実はこちらが全く気がつかない領域も複数ご理解されていて、お相手への効果や影響にもお気を配られ、言葉と態度を選んでご指導していらっしゃいます。

 

また、お相手に緊張感を与えないよう、生徒側が木幡先生に対して不必要な気を遣わなくていいようなご配慮もされていらっしゃいます。

 

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP