「透きとおった純粋な心」それが「本当のあなた」

セッションの感想(宏空さん/僧侶/59歳/男性/愛知県在住/探究歴:40年以上)

宏空さん/僧侶/59歳/男性/愛知県在住/探究歴:49年

旧サイトによって私(木幡等)のことに興味を持たれた宏空さんから、特別セッションのご希望のご連絡があり、名古屋からお車で私のところまでいらした時に行った4時間セッションのご感想です。

2017年8月12日/直接対面での特別サイレンスセッション4時間/第一回目を終えて

 

2017年8月12日、私は木幡氏の直接伝達の個人セッションを受けました。

私がセッションを申し込んだ目的は、真なる自己の実現を体験することでした。

実際のセッションは前半と後半の2部構成でした。

 

前半では、覚醒状態のワークにより私の中の気づきエネルギーが高められ、木幡氏との対話と質疑応答を通して私の様々な疑問が解決され、真なる自己への理解が深められました。

 

少しの休息をはさんで、後半が始まりました。

私がキリスト教の影響を強く受けた浄土宗僧侶ということもあり、真なる自己の実現ワークは、祈り的な在り方をベースにして行うことになりました。

前半の影響もあり、後半が始まったときには、すでに私の中で気づきの覚醒状態が感じられていました。

 

いよいよ木幡氏の本格的な誘導が始まりました。

私は真なる自己への沈黙の祈りと覚醒状態のエネルギーへの留意に身をまかせるように心がけました。

 

誘導開始から約10分後のことでした。

私のすべてが恩寵のエネルギーに包み込まれているような感じになり、ひたすら穏やかで、静かな平和がそこにありました。

私にとって最も価値のある状態が実現しました。

 

何かを得たわけでもないのに、何かに集中しているわけでもないのに、何か楽しいことをしているわけでもないのに、何か有益なことをしているわけでもないのに、人間が立派になったわけでもないのに、何も必要とせず、何も望むものはなく、退屈もせず、飽きることもなく、ただそこに存在しているだけで、すべてが満ち足りて、いつまでもこのままでいたい、もしできるならば、このまま肉体を離れてしまいたいとさえ思えるような状態を味わっていました。

 

そこには、通常のカウンセリングやセラピーを通して経験できるような癒やしや安心や喜び以上の味わいがありました。

私を超えた何か神聖な次元とつながって、一体化しているという敬虔な気分と畏敬の念を伴う感覚でした。

時間の経過と共に、そこへ向かって私という意識が溶け込んでいくという感じもありました。

 

ここにおいて、真なる自己の実現が体験されたと思いました。

 

セッションを終え、日常に戻り、何日かが過ぎました。

私は日本仏教の浄土宗の中でも、山崎弁栄上人が提唱した光明主義という霊的伝統に属しているので、あの時の感覚は阿弥陀仏の本願(聖なるもの)に触れ、包まれ、溶け込んでいく実感であったと受け取っています。

実際、阿弥陀仏の本願による救いへの確信がセッション以前よりも深まりました。

さらに、さりげない日常生活の中でも、コーヒーを飲む時など、ちょっとした瞬間にあの感覚を再現できるように心がけています。

半年後、1年後に自分がどうように変化、変容しているかが楽しみでもあります。

 

これからも時々、木幡氏のセッションでの感覚を思い出しては、今この瞬間に気づきに目覚めて、阿弥陀仏の本願との一体化を自覚すること、つまり、即今当念弥陀合一の念仏に精進していきたいと思っています。

 

新着情報が欲しい方は
いいね ! しよう

関連記事一覧

PAGE TOP