1. HOME
  2. 悟り
  3. 真なる平和とは ~私と世界との闘いの終焉~
悟り

真なる平和とは ~私と世界との闘いの終焉~

悟り

僕は昔、世界と闘(たたか)っていた。

生来のきかん坊である僕は「自分は間違っていない」と断固として言い張る。

しかし世界は「私たちは間違っていない。お前の方が間違っている」と突き付けてくる。

 

だから僕は闘っていた。

「やってやろうじゃねぇか! この決着をつけるためには、僕が滅びるか、世界が滅びるかのどっちかだ!」

と叫んでいた。

 

それは、孤独で苦しい闘いであった。

 

しかし今では闘っていない。

従来の私が消え去ったことによって、私にとっての従来の世界も同時に消え去ったからである。

それらは想念に由来する一つのものに過ぎなかった・・・

 

だから今なら、はっきりとこう言い切れる。

私も世界も間違っちゃいない。

私は「何が正しい」「誰が悪い」などといった想念の戯(わわむ)れに巻き込まれていただけなのだ・・・

 

今となっては、シュールな夢を見ていたような気分である。

 

だから、あなたは、もう闘う必要はない。

闘わなければ、恐れも生じない。

恐れが生じなければ、闘う必要もない。

 

あなたはただ、「何が正しい」「誰が悪い」などといった想念による幻想から目覚めるだけでいいのです。

そうすれば、そのような想念による幻想に囚(とら)われることから、永遠に解放されるのです。

 

その時には、闘うあなたも、闘うべき相手もいません。

 

それが真なる平和ということです。

 

それは内なる平和から始まります。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。