本物の師とは

この記事は2019.3/11、11:30に更新しました。

更新内容:記事を推敲しました。

 

本物の師とは、あなたから「探求という重荷を取り除いてくれる人」のことである。

 

それ以外は、良くも悪くも、ただの商売人に過ぎない。

ありったけの「不必要なオプション」ばかりをたくさん売りつけられて、気がついてみたら「肝心な本体」が手元にはない・・・

 

「あ~やれやれ、どないしまひょ~♪」

 

当然ながら、取り組み(ワーク)として与えられたあなたの重荷は、ますます増えていくばかりだ・・・

皮肉なことに、肝心なあなたそのものの変容が起きていないのだから・・・

 

お金を払って重荷を増やされ、休まる暇もありゃしない・・・

これじゃ探求前の方が幸せだったでござんすよ・・・

 

賢明なあなたなら、どのあたりで気がつくのかな?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

  1. 自己の変容 ~ヘッドセンターの変容について~【2018年度 有料記事】…

  2. 悟りを開くと自我(エゴ)がなくなる?~私の体験に基づく、その実際~

  3. 悟りという病 4

  4. 断片的な走り書き11

  5. 悟りとは~自己を忘れるということ~

  6. 思考からの解放~思考との距離をとること~

  7. スピリチュアル・ワーク

  8. ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』

おすすめの記事





人気のある記事:BEST3



言葉による伝達 直接伝達