1. HOME
  2. 悟り
  3. 魂の渇き ~聖なる水を飲み干す時~
悟り

魂の渇き ~聖なる水を飲み干す時~

悟り

1

この記事は2018.9.1、10:30に更新しました。

更新内容:記事中盤に一文を追加しました。

 

弟子:先生、ようやくお食事のご用意ができました。

ペヤンガーナンダ:はい。それにしても、すいぶん遅かったねぇ。何をしておったのかね?

弟子:はい先生。

日課の瞑想も終えましたので、次回の瞑想会の日程等について、仲間たちと連絡を取り合っておりました。

ペヤンガーナンダ:そのようなことをしておると美味(おい)しいかね?

弟子:先生、何を仰(おっしゃ)ってるんですか?(笑)

ペヤンガーナンダ:美味(おい)しいかと訊いておるんじゃ。

弟子:美味しいとか、そんなわけないじゃないですか。

ペヤンガーナンダ:そうか・・・

弟子:先生、私には意味がさっぱり、わかりません。

ペヤンガーナンダ:喉(のど)が渇(かわ)いておるんじゃったら、水はさぞかし美味しいじゃろうと思ってな・・・

弟子:・・・

ペヤンガーナンダ:わしはお前をこの聖なる水の溢(あふ)れるこの場所まで連れてきた。

なのに、お前は何をしておる?

 

「水が飲みたい・・・」

「とても喉(のど)が渇(かわ)いている・・・」

お前はいつも、そう言っておったではないか・・・

違うかね?

 

ならば、どうして水を飲み干さぬ?

どうしてこの場所に来てまで考え事をしたり、おしゃべりをしたり、瞑想をしたりして時間を潰(つぶ)しておるんじゃ?

弟子:しかし、その水をどうやって飲めばいいものやら・・・

ペヤンガーナンダ:お前は立つことや歩くこと、息をすることなどを誰から教わったんだね?

弟子:誰からも習っておりませんが・・・

ペヤンガーナンダ:ならば、それには努力も技術もいらない・・・

弟子:・・・

ペヤンガーナンダ:さて、そろそろ飯でも食べるとするか・・・

弟子:ハイッ!

 

そう言ってペヤンガーナンダ氏は、陶器でできた自慢の料理の器を部屋中に並べ始めた。

 

弟子:失礼ですが先生、お食事をなさるのではないのですか? 私はもう腹ペコです。

ペヤンガーナンダ:あぁ、そうじゃった、そうじゃった。飯でも食べるとするか・・・

 

そう言ってペヤンガーナンダ氏は、食事の作法について書かれた本を読み始めた。

 

弟子:先生! 私を馬鹿にしてらっしゃるのですか?

ペヤンガーナンダ:いやいや、飯を食べようとしておるのじゃが、どこから手を付けていいものやら・・・

弟子:先生! おふざけにならないでください!

もう、お食事の用意はできているのです!!

そのようなことをなさっていては、いつまでたっても食べられないじゃないですか!!!

 

 

そうして、

ほとんどの探求者たちが、

聖なる水を飲み干すこともなく、

あの砂漠へと帰っていくのである・・・

関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。