1. HOME
  2. 〈私とあなた〉と〈悟りと愛〉

〈私とあなた〉と〈悟りと愛〉

1037

この記事は2021.5.6、7:32に更新しました。

更新内容:

記事下のコメント欄にコメントをいただきました。

コメントへの返信としての『言葉による伝達』を掲載し、さらに加筆をいたしました。

 

〈生き物としての私の願い〉と〈人として私の願い〉

《私》の願いは、

物心共豊(ぶっしん・きょうほう)・・・物質的にも精神的にも、共に豊かであること

自他共幸(じた・きょうこう)・・・あなたもみんなも、共に幸せであること

のセットである。

 

《あなた》も、本当はそう願っているのではなかろうか・・・

 

〈物心共豊〉とは個体レベルでの、生き物としての本能に基づく普遍的な願いであり、〈自他共幸〉とはそれを種族レベルにまで広げていきたいという、より人間らしい良心に基づく普遍的な願いでもある。

 

しかし、肝心な基本となる〈自他共幸〉が抜け落ちていてはいけないので、現実的にこの問題を解決するのは簡単ではない。

 

それでも、少しずつでも、取り組んでいこうじゃないか!

〈できること〉から、始めていこうじゃないか

 

だから、まずは《あなた》が幸せになることだ。

そして余力を確保できるようになったのなら、人の幸せのためのサポートもすれば良い。

 

そうすれば〈あなたの幸せをアップデートすること〉もできるはずだ・・・

 

しかし、

あなたが不幸のままで、他人を幸せにしようとしても、結果的には足を引っ張り合うことになるだけである

ということを忘れてはならないよ。

 

なぜなら、

人とは、あなたの心を映し出すの鏡のように反応するもの

であり、

真の優(やさ)しさとは、読んで字のごとく、人間として相手よりも優(すぐ)れている人にしか行うことのできないもの

だからである。

 

だからこそ、(他人に強要はしないが、)私は〈自身の成長〉を〈人としての義務〉として生きてきた。

 

それは〈悟りには関係のない話〉に聞こえるかもしれないけれど、〈愛には関係すること〉なのかもしれない。

 

自他共幸への願い、そのような普遍的良心に基づく〈愛〉こそが〈悟りよりも大切なこと〉なんじゃないだろうか・・・

自分のみならず「あなたをも幸せにしたい!」、そのような〈愛〉こそが〈次なる生命の種〉を育み、〈悟り〉をも育む《何か》となるのではなかろうか・・・

 

 

I love you

 

 《I》 ♡ 《You》

 

 

〈自他ともに認めるイカレポンチ〉の私は、何度でも言うよ!

 

心の中では、いつもそう想っているよ・・・

 

肉体としての私が死んでも、この言葉に私が込めた《何か》だけは永遠に残っていくんだ。

 

 

《私》は《あなた》を愛しています・・・

 

 《私》 ♡ 《あなた》

 

 

魂としての《あなた》と《私》は、その根底においては一つなのだから・・・

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。