1. HOME
  2. 瞑想
  3. 心が目覚めているのなら・・・
瞑想

心が目覚めているのなら・・・

瞑想

407

この記事は2021.08.17、20:40に更新しました。

更新内容:記事に加筆をしました。

 

悟りと眠り:正覚と錯覚

心が眠っているのなら「心は体の中」である。

他人が自分の外部に映る。

自分が己の全てなり。

他人と比べて自己を知る。

己は「内なるもの」なれど。

 

心が目覚めているならば「体が心の中」である。

他人も自分も内部に映る。

自分は己の一部なり。

己を見つめて自己を知る。

悟りは「己の果て」にあり。

 

眠りは「錯覚」なのである。

悟りは「正覚(しょうがく)」なのである。

「すべてが逆さま」なのである。

 

心は楽しいものである。

眠りは「楽しい夢」である。

 

心は楽しいものである。

目覚めた夢みるものである。

それこそ錯覚なのである。

 

もっと理解を深めたい!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。