1. HOME
  2. 純粋意識
  3. 魂の声〜思考や感情よりも切実なるもの〜
純粋意識

魂の声〜思考や感情よりも切実なるもの〜

純粋意識

1790

この記事は2022年5月2日、17:25に更新しました。

更新内容:記事下のコメント欄に「返信コメント」を掲載いたしました。


この記事につきまして

この記事は「2022年4月期 純粋意識の直接伝達」のコメント欄からの抜粋であります。

内容は「参加者様から頂いたご感想コメント」と「木幡 等 Hitoshi Kowata からの返信コメント」によって構成されております。


「2022年4月期 純粋意識の直接伝達」ご感想コメントより

F. R. 様/50代/女性/神奈川県在住/2020年6月より参加

木幡先生

4月期の「純粋意識の直接伝達」に参加させて頂き、ありがとうございました。


一時、自身の諸事情により直接伝達を受けれずにいましたので、その期間はなかなか自分だけでは意識は成長せず、逆に感情的な人々に引きずられ、思考と感情に振り回される始末でした。

ですが今月、また先生の伝達を受けることができて、少しずつ思考や感情との距離がとれるようになってきました。

低次の自分に振り回されない状態は、台風の目の様に穏やかです。


いつもありがとうございます。

少しずつでも、この意識を高めていきたいと思います。


木幡 等 Hitoshi Kowata からの「言葉による伝達」

「感情的な人々」の中に「低次の自己としてのあなた」が加わると「台風」は勢いを増していきます。

なぜなら「感情的な人々」とは「低次の自己の集まり」なのですから。

そうして「あなた」までもが「台風の一部」となり、やがては「台風そのもの」となってしまうこととなる。

ならば、仲間は大勢で賑(にぎ)やかではあるが、「内的に安らぐこと」は愚か、「正気でいること」さえもできやしない。

そうして生涯、自身や他者の「思考」や「感情」につつき回され続けることとなる。


ならば、あなたは「台風の中心」すなわち「台風の目」に居続ければいい。

そこは、とても「静か」で「穏やか」だ。


しかし、自身が「穏やかなる台風の目」に居続けるためには、そのような「至高の孤独」に居続ける「勇気」や「覚悟」も必要だ。

そして、そのような「勇気」や「覚悟」を生み出すためには、「自身がいまだに『低次の自己』に振り回され続けているという現実」に心底うんざりしていなければならない

さらに、ここで言うところの「心底のうんざり」とは「感情的なもの」や「外部からの刺激に対する反応的なもの」ではなく、あなた自身の「魂の声」として「あなたの全生活を貫くもの」でなければ「本物」とは言えない。


そのような意味での「本気」にならなければならない。

そのような意味においての「愛」を育まなければならない。


しかし、あなたにはそれができる!

必ず、できる!


これからの「医療のあり方」において思うこと

「肉体の次元」「精神の次元」「魂の次元」、このような様々な次元において、医師は「台風の目」という絶対的静寂の立場から「患者の疾患(台風)」と向き合わなければ、「対処療法的な治療」しかできず「根治療法的な治療」にまでは至らない。

そして、私たちが理想とするところの「根治療法的な治療」とは、「心の癒やし」や「魂の癒やし」をも含め、さらには「心の成長」や「魂の進化」をも促す「本当の意味での愛に基づくもの」なのではないのでしょうか・・・

医療においての「治療」のみならず、学校や家庭での「教育」においても同様に思います。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • コメント ( 2 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. F. R. / 50代 / 女性 / 神奈川県 / 2020年6月より連続参加

    木幡先生

    「言葉による伝達」でのご指導をありがとうございます。

    自分のためだけでなく患者さん達のためにも、自分自身の成長を目指して頑張っていきたいと思います。

    ありがとうございました!

    • 木幡 等 Hitoshi Kowata

      「自身への愛」
      「他者への愛」
      その「源泉」は同じもの・・・

      そのような「愛に基づく信念」があれば、「己の孤独」などはどうでもよくなる!