悟りと思考

「自動的連想思考」

「意識的思考活動」

これらによって、「ただあるがままのもの」に、思い思いの意味を持たせているのは誰なのかな?

その活動に巻き込まれているのは、誰なのかな?

 

「ただあるがままのもの」を「あるがままにそのまま受け止めること」ができれば、悟りと同じ。

関連記事

  1. 演技

  2. 執着するに値するもの ~「猿の道」から「猫の道」へ~【2019会員専用…

  3. 真なる自己の目覚めの「進展」と「継続」~その違いについて~【2019会…

  4. 本当の愛

  5. 「目覚め」と「悟り」: 透明で純粋なもの【2019会員専用記事】

  6. 絶対無 ~「絶対無としての悟り」と「相対無としての瞑想体験」~

  7. ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』

  8. 断片的な走り書き2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

天使の集い

作曲・編曲・演奏・打ち込み:木幡 等

おすすめの記事




人気のある記事:BEST3



言葉による伝達 会員専用記事
  1. 2019.11.13

    自己意識