エネルギー伝達

エネルギー伝達では、施術者の肉体を通して被術者の肉体へとエネルギーが放出されます。

一般的に行われているヒーリングや気功などによる施術が、エネルギー伝達に相当します。

 

(一定量の)低次のエネルギーと接触して、あなたの感情が低次のエネルギーに満たされた状態になると、あなたは不快に感じます。

(一定量の)高次のエネルギーと接触することで、あなたの感情が高次のエネルギーで満たされると、あなたは心地よく感じます。

低次のエネルギー 高次のエネルギー
不快

 

不機嫌になっている人と一緒にいれば、こちらまで嫌な気持ちになってしまうのも、自然発生的なエネルギー伝達によって生じている、ごく当たり前な現象であるということができます。

ですから、通常の生活においては、意識的に行われているか無意識的にかに関わらず、低次のエネルギー伝達は日常茶飯事的になされているということになります。

 

ですから、そこそこにエネルギーを扱う技術さえあれば遠隔で行うことも可能です。

そこが本当の直接伝達との決定的な違いです。

 

もっと理解を深めたい・・・

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

  1. セッション後に訪れる『目覚めの直接伝達の影響』について

  2. 断片的な走り書き20~探求者とは何なのか?~

  3. 「真なる自己の目覚め」の直接伝達について

  4. 断片的な走り書き11

  5. ゲオルギー・グルジェフ

  6. 真なる自己

  7. 食べるということについて ~インプットとアウトプット~

  8. サマーディ ~「自己サマーディ」と「エネルギー・サマーディ」~【201…

おすすめの記事





言葉による伝達 直接伝達