2020年度版 有料記事

言語化が難しいため、これまでは個人セッションでしか語られることのなかった最新の知見が、ここで明らかになる。