1. HOME
  2. 基礎用語
  3. 柔らかな留意
基礎用語

柔らかな留意

基礎用語

9

この記事は2019.11.28、1:25に更新しました。

更新内容:記事を推敲し、一般向け記事として公開いたしました。

柔らかな留意

あなたの右腕がハチに刺されたら、あなたの注意は自然と右腕へと向かうだろう。

あなたが左手をつねられたなら、あなたの注意は自ずと左手へと向かうだろう。

そのような注意に努力はいらない。

 

同じように、ヘッドセンターがそれなりに活性化してくれば、あなたの注意は自ずとヘッドセンターから放射される高波動のエネルギーやその振動または振動音に惹(ひ)きつけられるようになる。

そのような自然発生的な注意には、強い集中など必要としない。

 

ヘッドセンターが活性化した状態においては、ヘッドセンターに向けての努力のいらない注意が生じるはずである。

そのような自然発生的な注意にゆだねることを、私は柔らかな留意と呼んでいるわけです。

それは、まるで赤ん坊の頭をなでる時のような優しいタッチでの留意。

 

それは、ある種の穏やかな集中状態とも言えるが、いわゆる努力によって行う強い集中とは異なります。

それは、ある種の瞑想状態とも言えるが、いわゆる努力によって行う瞑想とは異なります。

努力によって行う集中や瞑想ではなく、最小限のささやかな努力だけが必要とされる柔らかな留意が起きることを許してください。

 

何もせずに、ただ静かに在ることによって・・・

 

「柔らかな留意」を生じさせる「ヘッドセンターの直接伝達」

ヘッドセンターの直接伝達

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。