1. HOME
  2. 純粋意識
  3. 心(精神)を安定させるための安全で確実な方法〜不安から平安へ〜
純粋意識

心(精神)を安定させるための安全で確実な方法〜不安から平安へ〜

純粋意識

489

20:35に更新しました。

〈今〉に生きる。〈ここ〉に住む。

過去 現在/今 未来
後ろ ここ
自我

の世界

真我

または

無我

の世界

自我

の世界

思考 無為 思考
想念

(記憶)

感情

落胆

もしくは

興奮

無心

(無心)

感受性

平安

もしくは

安らぎ

想念

(想像)

感情

不安

もしくは

期待

※. 真我の次元においての感受性とは〈気づきが可能な顕在意識的な感受性〉であり、無我の次元においての感受性とは〈気づきなき潜在意識的な感受性〉である。

 

自我としてのあなたは、〈記憶に基づく想念にしか過ぎない過去〉と〈想像に基づく想念にしか過ぎない未来〉の世界に生きている。

しかし、自我としてのあなただけでは〈あるがままの現在〉を〈無心に眺めること〉ができない。

 

簡単に言うと、自我としてのあなたの〈心/精神という器〉の中は〈思考と感情という内容物〉で溢れかえっている。

そこからわき出す〈ネガティブな記憶〉は未来に投影されて〈ネガティブな想像〉となっては〈不安な未来像〉を創り出し、〈ネガティブな感情〉をも生み出すことで、あなたは苦しむこととなる。

 

しかし、〈思考〉が落ち着けば〈感情〉も落ち着く。

よって、あなたが〈無我の次元〉にある〈無心のスペース〉とつながることができれば、あなたは思考から開放される。

ゆえに、〈ネガティブな思考〉に由来する〈ネガティブな感情〉からも開放されることとなる。

 

「自我を失くせ」ということではない。

「無我を取り戻せ」ということなのだ。

 

「想念を失くせ」ということではない。

「無心を取り戻せ」ということなのだ。

 

不安な自我(あなた)。

無我とのつながりを取り戻した自我(あなた)は平安となり、私はそれを〈正気〉と呼ぶ。

 

しかし、〈無我とのつながりを取り戻すための方法〉とは〈あまりにも簡単すぎる〉ので、聞く耳を持つ者はいても、地道に取り組む者などいない。

 

考えること(思考)も大切だ。

しかし、あまりにも思考を信じてはならない。

馬鹿な者ほど〈思考〉を信じる。

それゆえ小賢しくなるだけで、決して賢くなどなれない。

 

感じたもの(感情)も大切だ。

しかし、あまりにも感情を信じてはならない。

馬鹿な者ほど〈感情〉を信じる。

それゆえ感情的になるだけで、決して優しくなどなれない。

 

思考や感情を愛すべからず。

思いや想いを愛すべからず。

 

しかし、ともあれ一事が万事、阿呆な者は思考や感情などを〈信じていない〉し〈愛していない〉、そこにおいても〈無心〉なのである。

〈知性〉と〈思考〉とは別なるものであり、〈感受性〉と〈感情〉とは別なるものだからである。

そこもきちんと見極めなさい。

 

〈馬鹿〉と〈阿呆〉は似て非なるものなり。

 

〈馬鹿な大人〉になってしまうと、本人にとっても、周りから見ていても、色んな意味で痛いのだ。

 

私は〈阿呆な子供〉でいたい・・・

 

馬鹿に成るより、阿呆を残したままでいたい・・・

 

痛いの、痛いの、飛んでいけ〜

 

心も、体も、飛んでいけ〜

 

「もっと理解を深めたい!」

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。