PROFILE

木幡 等 Hitoshi Kowata

「心の成長」と「魂の進化」のためのトータルサポート

 

 

The Work

木幡 等 Hitoshi Kowata は、繊細で強力な『直接伝達』と明晰なる『言葉による伝達』とによって、あなたの「心の成長」と「魂の進化」のためのトータルなサポートをいたしております。

 

 

The Man

木幡 等は、個人セッションで行う直接伝達』と『言葉による伝達によって、多くの探究者たちに「純粋意識」を届けてきました。

個人セッションをお受けになられた現役のスピリチュアル教師やヒーラーの方々の間でも評判となり、このことは日本における「真理の探究者」や「心の苦しみからの解放を願う魂たち」にとっての大きな希望となりました。

 

さらに2018年には、その傑出した直接伝達能力を生かして、遠隔一斉で多人数に「純粋意識直接伝達」を行う『ノーコンタクトでの直接伝達』を発案して実施することとなります。

後には、「ヘッド・センター直接伝達」をも盛り込んだ『ノーコンタクトでの直接伝達』でも、多くの参加者からの高い評価をいただくこととなりました。

個人セッションのように「木幡等とのコンタクト(接触)」は必要とせず、自宅で気軽に参加できるこれらノーコンタクト・セッションの導入により、普通に生活している人々にも「悟りへの確かな道」が存在していることを証明しました。

 

2019年12月からは、「多次元的な集中とくつろぎの均衡理論」を基に、従来の『ノーコンタクトでの直接伝達』を『ヘッドセンターの直接伝達』と『純粋意識の直接伝達』とに分化。

集中エネルギーの直接伝達に特化した『ヘッドセンターの直接伝達』と、くつろぎのエネルギーの直接伝達に特化した『純粋意識の直接伝達』との分化により、さらに緻密な直接伝達の実現を目指しています。

 

2020年7月に『ハートセンターの直接伝達』を実施。

現在も進化を続けている『直接伝達』と『言葉による伝達』とを駆使して、探求者における悟りの実現の妨げとなっている”心の問題”をも解決するため、「心の成長」と「魂の進化」とのトータルなサポートを展開しています。

 

 

略歴

 

1974年1月11日、「八雲本陣」木幡家※の分家の長男として、島根県松江市宍道(しんじ)町に生まれる。

※.  「八雲本陣」木幡家は山城国宇治郡木幡(京都の宇治)の出身で、大阪・石山本願寺の随身を務めていたが、天正年間、織田信長の本願寺攻めに遭って出雲に難を避け、宍道(しんじ)町に定住した旧家。

 

2008年

前部ヘッド・センターを数日で結晶化させる。

 

2009年

臨済宗・妙心寺派の名刹(由緒ある寺)での住み込み修行を開始する。

そこで毎月行われる大接心の1週間は、毎日12時間以上も座禅をするため、そのような体験に衝撃を受け、「今までの”朝夕1時間ずつの瞑想”などは、ママゴトのようなものでしかなかった・・・」と大いに反省をする。

二ヶ月後、ふたたび居を自宅へと移し、自分なりのカリキュラムに基づいた”瞑想を中心とした自己探求”のみに専心する「過酷で壮絶な8年間」が始まる。

 

2010年

後部ヘッドセンターの結晶化により、ヘッド・センターが完成する。

 

2017年

1月、探求における絶望の末、切実なる修行の果実、または恩寵とでも言うべき、言葉にしがたい”大いなる転機”が訪れ、「純粋意識との絶え間なき接触状態」が始まる。

3月、「意識の根源からの絶え間ない引き込み」の日々が1年以上に渡って続く。

その頃から次第に、悟りを求める探求者たちが個人セッションで自宅へと訪れてくるようになり、一般の方から僧侶の方といった方々を、その強力な直接伝達によって、わずか数分間から10分足らずで「純粋意識との接触状態(純粋意識目覚め)」へと導く。

その度重なる成功により、自身の類まれなる直接伝達能力を自覚し始める。

 

2018年

意識の根源からの引き込み期を終え、魂としての悟りを実現する。

個人セッションノーコンタクトでの直接伝達においては、一般の方からスピリチュア教師まで、多くの探求者たちを「純粋意識目覚めへと導いている。

 

PAGE TOP