質問箱

悟りや探求、心の苦しみや不安からの解放などにまつわることにおきまして、あなたのお知りになりたいことなどがございましたら、記事下のコメント欄にご意見をお寄せください。

すべての質問にお答えすることはできませんが、多く寄せられた質問、皆様のお役に立ちそうな質問をもとに、掲載記事に反映させていきたいと思っております。

 

また、木幡 等 Hitoshi Kowata のセッション等に関するご要望などもお寄せくださるとありがたいです。

それらも参考にさせていただきながら、私たちは今後のサービス向上のために努めていきたいと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント

    • I. D. / 40代 / 男性 / 宮崎県 / 2019年12月より連続参加
    • 2020年 5月 23日

    木幡等先生

    質問です。

    この地球世界において、何故これほどまでに真の覚者の存在が極めてまれであるという現象がおきているのでしょうか。
    悟りの一瞥すら貴重な体験となり、またどのように努力を重ねようとも生涯その悟りの境地にたどりつけぬままであることが起こる根本的な理由を教えて頂けないでしょうか。

    • I. H. / 40代 / 男性 / 栃木県 / 2020年2月より連続参加
    • 2020年 5月 24日

    いつも感謝しております。

    師からの伝達を毎週継続的に受けるにあたり、その伝達の状態をいかに永続化させるか、想念と離れた自己の確立も含めて、大切さが身に染みています。

    以下は本来ならば個人セッション等でお伺いする内容ですし、またもしかしたら会員専用記事に既にある内容かもしれないので、質問するのがとても憚(はばか)られるのですが、許されるのであれば、訊いてみたいという気持ちがあります。

    (ですので、本質問が不適切であれば破棄をお願いします)

    伝統的な教えにおいては、一般的に探究者には、エネルギー保持、上昇の観点から「禁欲」(特に性的な)が推奨されておりますが、師匠の下で教えを請う場合、どのように捉えたらよろしいでしょうか?

    ヨーガやチベット密教や錬金術等でも、修業により、下から上へチャクラに沿って粗雑なエネルギーを上昇、純化し、悟りに至るという思想があるように思います。

    直接伝達の状態(たとえばヘッドセンターの感覚など)を永続化したい場合、想念から離れていることの他に、ある程度の禁欲が必要ですか?

    それとも探究者が膨大な時間をかけて精製すべきエネルギーを、(師からの恩寵によりそれらの膨大な段階をショートカットして)直接頭部に伝達していただいている、というものなのでしょうか。

    または、それらとは一切関係のない全く別次元の伝達でしょうか。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめの記事





人気のある記事:BEST3



言葉による伝達 直接伝達