浄化商法

この記事は2018年7月3日、2:41に更新しました。

更新内容:記事全体を推敲しました。

 

やれ「カルマの浄化」だ、「パーソナリティーの浄化」だなどといった脅し文句に嵌(は)められて、セッションを受けさせられている方が少なくないようですが・・・

何がカルマか知らんが、そもそも我々が「人間として生まれてきたということ」自体が根本的なカルマやないのかねぇ?・・・

それに、そもそも「パーソナリティーという仮面」なんぞが浄化の対象となり得るのかねぇ・・・

くだらねえ、くだらねえ・・・

 

浄化が必要なのは「あなた」なのだ。

あなたが、しがみついているものを手放すということだ。

 

カルマやパーソナリティーなんてものは、「肉体/精神としてのあなた」に属することだ。

ならば、「あなた」が「肉体/精神としてのあなた」を手放せば、それで終わりなんだよ。

 

カルマやパーソナリティーを浄化して、君は超人になって崇拝されたいのかい?

そういうことをする事が、おかしなカルマを作り出ちていたりちて・・・

ハイ、ヨチヨチ・・・

 

カルマもパーソナリティーも、ただの幻想だから、真なる自己目覚めが起きれば、どうでもいいことになるのさ・・・

 

スピリチュアル教師とは、結果を出してナンボなんだ。

いくら教師が「あなたは目覚めが始まっていますよ。」といっても、本人が楽になっていないなら意味がないし、教師が「それは目覚めではない。」といっても、本人が今までよりも幸せならばそれでいいんだよ。

 

真のスピリチュアル教師とは、

「あなたを目覚めさせること」

これが仕事なんだ。

 

そして、その結果がすべてだ。

言い訳は通用しない厳しい仕事だ。

それが真のスピリチュアル教師というものだ。

 

カルマワーク、パーソナリティーの浄化、etc・・・

「あなたには、目覚めの前にカルマワークが必要ざますわよ。」

要は目覚めさせることができないからだろう・・・

 

最も肝心なものである直接伝達が抜け落ちていたんじゃ、霊感商法と変わらねぇじゃね~か。

 

浄化が必要なのは、探究者を相手に不必要な浄化のセッションをすすめる「自称スピリチュアル教師」たちの方なのではないのだろうか・・・

 

カルマだパーソナリティーだと脇道に誘い出しては、お金をむしり取る詐欺師や愚か者のケツなんぞ蹴(け)とばしてやれ!

 

関連記事

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

  1. 純粋意識の直接伝達 ~聖なる扉の解放~

  2. 「直接伝達」と「エネルギー伝達」との違いについて

  3. オモチャ

  4. 断片的な走り書き6

  5. 断片的な走り書き10

  6. 断片的な走り書き20~探求者とは何なのか?~

  7. 絶対無 ~「絶対無としての悟り」と「相対無としての瞑想体験」~

  8. エゴのたくらみ

おすすめの記事





人気のある記事:BEST3



言葉による伝達 直接伝達