「2019年9月期ノーコンタクトでの直接伝達:第4回目」:「参加者の声」と「コメントによる伝達」

この記事は2019.9.26、16:10更新いたしました。

更新内容:

記事下のコメント欄に、8名の参加者様から「ご感想のコメント」をいただきました。

「個別コメント」を装った「言葉による伝達」と「コメントによる伝達」を掲載し、さらに推敲いたしました。

コメント未記入の参加者様からのコメントもお待ちいたしております。

 

9/22(日)開催、「2019年8月期ノーコンタクトでの直接伝達(全4回):第4回目」をお受けになられてのご感想のコメントは、こちらの記事下のコメント欄にお願いいたします。

コメント欄からのご質問につきましては受け付けておりませんので、木幡へのご質問がおありの方は、メールセッション、または個人セッション等の質疑応答のお時間にお尋(たず)ねくださいますよう、よろしくお願いいたします。

なお、直接伝達による効果に直接由来しない体験に関するコメント等におきましては、読者を混乱させてしまうことが予想されるため、こちらで該当箇所を削除させていただく場合がございます。

また、一般読者に伝わりにくい表現などにつきましては、こちらで修正させていただく場合がございます。

ご了承ください。

 

コメントご記入の際は、お名前を本名または大文字のイニシャル表記(姓のアルファベット. 半角スペース 名のアルファベット. / 例:木幡等 → K. H.)でお願いいたします。

同業者の方のお名前の掲載は、自身の宣伝のためなどといった不純な動機でのコメントにより、読者を混乱させてしまうケースが起こり得るため、イニシャル表記に修正させていただく場合がございます。

ご記入されたメールアドレスやURLは公開されませんので、ご安心ください。

伝達時間

9月22日(日)に行われる「2019年9月期 ノーコンタクトでの直接伝達第4回目」の伝達時間は ○○:○○~○○:○○ です。

 

伝達時において

次の章にあります「伝達内容の詳細」の項目ごとに、それぞれ指定された留意ポイントへの留意以外、基本的には、何かを起こそうとはせず、私の伝達だけにゆだねていてください。

 

何かを起こそうとすることによって、あなたは何かに対する期待に基づく想念と強く自己同一化してしまいます。

 

期待でさえも想念である以上、想念の分厚い雲は、あなたに向けて降り注ぐ直接伝達のまばゆい光を遮(さえぎ)ってしまいます。

 

また、想念との自己同一化とは、個としてのあなたの本質である自己意識そのものへの自覚がなされていないという意味において、自己(自己意識)の眠りの意識状態です。

自己意識の眠り、すなわち想念との自己同一化には、どれだけ注意しても、し過ぎになることはありません。

 

もし想念自己同一化してしまった際には、できるだけ速やかにそのことに気づき、あなたと想念との距離をとらねばなりません。

当然のことですが、このことは日常生活においても同様です。

 

想念との距離のとり方におきましては、初級レベルから上級者向けまで、いくつかの方法がございますので、興味がおありの方は、メールセッション個人セッション等でお尋(たず)ねください。

 

伝達内容の詳細

伝達 1. ○○:○○~○○:○○

ヘッド・センターの直接伝達

ヘッド・センター直接伝達を行います。

○○をなさっていてください。

「○○の方」や「○○の方」は、○○しておられると、より感じやすいかと思います。

 

この時間帯においては「ヘッド・センターへのエネルギー伝達」ではなく「ヘッド・センター直接伝達」を行いますので、肉体においての内部からエネルギーが生じてくるような感覚がするかと思います。

 

伝達 2. ○○:○○~○○:○○

純粋意識の直接伝達

純粋意識直接伝達をいたします。

○○をなさっていてください。

「○○の方」や「○○の方」は、○○されると、より感じやすいかと思います。

 

純粋意識直接伝達により「自己意識としてのあなた純粋意識との接触状態」が生じれば、それが悟りの道においての本当のスタートを切ったこととなりますので、私はこのことを真なる自己目覚めと呼んでいます。

間違えてはいけないのは、真なる自己目覚めと言いましても、まだ目を覚まし始めたばかりの赤ん坊の状態と同じですので、それは悟りとは異なります。

目覚めのプロセスの完結である真の悟りに至るまでには、真なる自己目覚めの意識状態自己意識としてのあなた純粋意識との接触状態)を一定期間に渡って継続させながら、いくつかのプロセス(悟りに至るまでの全過程)を経ていく必要があります。

悟りに至るまでの全過程【2019会員専用記事】

 

純粋意識直接伝達時には、頭部から純粋で透明なエネルギーとでも言うべき、とても穏やかで軽やかなエネルギーが流れ込んできます。

胸部にあるハート・センターのエネルギーが不足している場合ヘッド・センターが活性化していない場合などにおきましては、頭部から胸部へと流れ出ていくこともあります。

(そのような場合、留意ポイントを胸部へと移すべきかどうかは、参加者のその時々における意図や目的によって異なりますので、お知りになられたい方はメールセッション個人セッション等でお尋(たず)ねください。)

意識の広がり、またはあなたが広がっていくように感じられるかもしれません。

人によっては、後部ヘッド・センターや後頭部のエネルギーが活性化されているのを強く感じるかもしれません。

別の人においては、意識の根源からの引き込みの感覚を強く感じるかもしれません。

ですがこの時間帯においては、どのような感じ方でもかまいませんので、率直なご感想のコメントをいただけると、その方の内的状態や意識状態を把握しやすくなりますので、その次回のノーコンタクトでの直接伝達におけるカリキュラムの組み方に反映させていくことができるようになります。

 

伝達 3. ○○:○○~○○:○○

純粋意識の直接伝達と意識の根源からの引き込み

純粋意識直接伝達だけではなく、意識の根源からの引き込みもいたします。

参照記事:

 

この時間帯におきましては、さきほどの純粋意識直接伝達の時よりも、引き込みの感覚が強くなるはずです。

~中略~

 

この時間帯において、「○○の方」や「○○の方」は、○○か○○、または○○の○○が必要となります。

 

終わりに

いくら私が(想念に巻き込まれて苦しんでいるあなたのために)、想念と抱き合っているあなたを想念から引き離そうとしても、あなたがその手を離さなければ、何も変わりません。

言い換えるなら、そのような自己意識の眠りの意識状態にあるあなたに、私が「起きなさい!」と呼びかけたり、体を揺さぶったりし続けても、肝心なあなたに起きる気がなければ、なす術がありません。

また、肝心なあなたが起きている夢を見たまま眠り続けていては、起こしている私の方が悪者呼ばわりされてしまいます(笑)

それは、もはや私の責任ではありません。

参照記事:

 

ですから、自分で自己意識の眠りに気づき、起きようとしなければ、より自己意識の眠りが深くなっていくだけのことです。

これまで以上に、自己意識の眠りの意識状態に見合った、想念まみれの惨(みじ)めな人生が続いていくだけのことです。

 

私が行う様々な直接伝達の全てに、自己意識直接伝達の要素が含まれております。

ですから、この機会を最大限に使って、起きなさい。

つまり、まずは想念との自己同一化に気づいていなさい。

そのようにして、常に起きていようと決意しなさい。

 

それは、私の人生ではなく、あなた(自己意識)の人生なのだから・・・

私のことではなく、あなた(自己意識)のことなのだから・・・

 

 

参加時の留意のポイント等につきましては、以下の記事をご参考にされてください。

 

以下のセッションとの併用も効果的です。

ムーンデイ・ヒーリング(スピリチュアル・ヒーリング /1対多対応)

 

関連記事

  1. 「2019年10月期ノーコンタクトでの直接伝達:第1回目」:「参加者の…

  2. 「2019.9.28の特別伝達」:「参加者の声」

  3. 「2019年5月期ノーコンタクトでの直接伝達:第4回目」:「参加者の声…

  4. 「2019年8月期ノーコンタクトでの直接伝達:第1回目」:「参加者の声…

  5. 「2019年6月期ノーコンタクトでの直接伝達:第3回目」:「参加者の声…

  6. 2019.1月期ノーコンタクトでの直接伝達・第3回目:「参加者の声」第…

  7. 2019年3月期「ノーコンタクトでの直接伝達:第3回目」:「参加者の声…

  8. 12月期・ノーコンタクトでの直接伝達:「参加者の声」第4回目の感想

コメント

    • A. Y.(2019.9月期より初参加)
    • 2019年 9月 22日

    木幡様

    ノーコンタクトでの直接伝達、ありがとうございました。

    「ヘッドセンターへの直接伝達」では、頭部に強くエネルギーが充満するような感じでした。

    「純粋意識の直接伝達」では、一転して柔らかなエネルギーを感じ、頭から体に流れていくような感じがしました。

    また、最後の「純粋意識の直接伝達と意識の根源への引き込み」では、何か強いエネルギーが体の中にあるような感じがし、体が硬直するような感じがしました。

      • 木幡 等
      • 2019年 9月 24日

      A. Y.様

      こちらこそ、ご参加とコメントをありがとうございました。

      「たとえゆっくりでも、正しい方向に着実に進んでいくこと」、それだけが意識としての私たちにおける進化の「道」となります。

    • I. M.(2019.9月期より初参加)
    • 2019年 9月 22日

    木幡様

    ノーコンタクトでの直接伝達、ありがとうございました。

    全4回の第4回目のためか、何かを受け取らなければという気持ちがありました。

    ・ヘッド・センターの直接伝達
    胸部のあたりにエネルギー的なものを感じました。
    前回と同じ様に、広い空間の中に存在する感じがしました。

    ・純粋意識の直接伝達
    頭頂部よりやや前方に、揺らぐようなエネルギーが入ってくる感じがしました。
    想念が湧(わ)いてくるものの、消えてはまた現れてを繰り返していました。

    ・純粋意識の直接伝達と意識の根源からの引き込み
    想念が減り、想念との距離も離れたようでした。

      • 木幡 等
      • 2019年 9月 24日

      I. M.様

      こちらこそ、ご参加とコメント、ありがとうございます。

      私たちは、静かになろうと「する」ことで、よりくつろげなくなっていくものです。
      私たちは、ありのままの自分以上のものを自身や他人に要求「する」ことによって、安らぎを失っていくものです。

      「あなた」にとって「本当に切実なこと」、それ以外は何もする必要はありません。
      ですが、「あなた」にとって「本当に切実なこと」においては、本気でなければなりません。

    • S. Y.
    • 2019年 9月 22日

    木幡先生

    ●ヘッド・センターの直接伝達
    強い重量感、硬質感、から脳の中心に向かって圧が集中し、真空状態になっていくような感じでした。
    そして軽やかなエネルギー空間へと変化し、明るく白く輝いていました。

    ●純粋意識の直接伝達
    強力なヘッドセンターの状態に軽やかさ、柔らかさ、安らぎが加わっていきました。
    想念との行き来から離れ、意識が非常にクリアになりました。
    体はすっきり自然に伸び、頭が上に吊り上げられる感じでした。

    ●純粋意識の直接伝達と意識の根源からの引き込み
    引き続き安らいだ状態で、今度は後方から頭が力づくで引っ張られていく感じでした。
    身体は前後にふわふわ揺れました。

    ●全体の感想
    全体通してあっという間に終わりました。
    ただ今日は仕事での疲労がたまっていて、そのためか集中もしづらかったです。

    そして終了後は即座に眠ってしまいました。
    数時間後に目が覚めましたが、今でも伝達が続いているような感覚です。
    静かにしていると、頭部が後方へ引っ張られます。

    ●自己意識に関して
    前回の「コメントによる伝達」で「自己意識の直接伝達」は最後とあり、相当衝撃を受けました。

    自己意識について、個人セッション等で先生に多くの貴重なご指導をいただいて参りました。
    非常なご迷惑をおかけし続けているにも関わらず、先生のご心労に思いが至らず大変申し訳なく思います。
    全身全霊でここまで導いてくださることに、感謝をいたしております。

    本日も大変ありがとうございました。
    来月もどうぞよろしくお願いいたします。

      • 木幡 等
      • 2019年 9月 24日

      S. Y.様

      こちらこそ、ありがとうございました。
      来月もよろしくお願いいたします。

      「師には弟子への愛があるように、弟子にも師への慈悲がなければ、弟子は師から『永遠なるもの』を受けとることができません。」
      それは師から弟子への慈悲の要求ということではなく、ただの法則です。

    • Y. Y.
    • 2019年 9月 23日

    木幡さま

    前回のコメント、また本日の直接伝達、ありがとうございました (_)。

    ・ヘッド・センターの直接伝達
    今回もやはり側頭部・後頭部に強いエネルギーを感じていました。
    前部にはほとんど感じないので、「西洋の兜(かぶと)」(前は空いていて側頭部と後頭部は覆(おお)われている感じ)というような表現になります。

    ・純粋意識の直接伝達
    側頭部・後頭部に生じている強いエネルギー状態の中で純粋意識を感じていました。
    とても満たされている感じです。

    ・純粋意識の直接伝達と引き込み
    引きこみを感じたのは久しぶりのような気がします。
    こちらもまた、たいへん満たされているという感じでした。

    毎回、ヘッドセンター・純粋意識・引きこみとそれぞれ固有の感覚が起きますね。

    来月も自己意識の直接伝達があるとのことで楽しみです。
    来月もどうぞよろしくお願いいたします。(まだ申し込んでいなかったです。この後、申し込みます (_))

      • 木幡 等
      • 2019年 9月 23日

      Y. Y.様

      こちらこの、ご参加とコメントをありがとうございます。

      「ヘッドセンター」「純粋意識」「引きこみ」、それらすべてが「本当のあなた(真我)」へと続く道となります。

      >来月も自己意識の直接伝達があるとのことで楽しみです。

      すみません。
      以前の記事のタイトルがそのままになっておりました。

      自己意識を前面に打ち出した直接伝達は終わりにします。

      ですが、これまでと同様、これからも「ヘッドセンターの直接伝達」では、こちらの次元における自己意識、「純粋意識の直接伝達」におきましては、高次の次元における自己意識の直接伝達が含まれております。

      それらの伝達時に、注意の焦点、または意識を「ヘッドセンター」や「純粋意識」といった気づきの対象物ではなく、気づきの主体に留めておられれば、どのような直接伝達におきましても、それぞれの次元における「自己意識の直接伝達」としてお受け取りになることが可能です。

    • S. A.
    • 2019年 9月 23日

    木幡先生

    先日の特別セッションに引き続き、ノーコンタクトでの直接伝達を頂きありがとうございました。

    ・ヘッド・センターの直接伝達
    細やかなエネルギーが、頭部から身体全体を駆け回っている感覚がありました。

    ・純粋意識の直接伝達
    輝きのある明るい光が差し込んでいました。
    優しい光に包まれている感覚でした。

    ・純粋意識の直接伝達と意識の根源からの引き込み
    引き込みの感覚があるだろうかと、いつもの癖で期待をしてしまっているのか、意識の根源からの引き込みを感じられませんでした。
    感覚が研ぎ澄まされるどころか、今回のノーコンタクトでの直接伝達は、しっかり受け取れていないと焦りました。

    直接伝達を受けさせていただくということにおきまして、先生の御宅で先生が目の前におられる状況と、寛げているはずの自宅で受けさせて頂く時との場の状態の違いなのか、何かが全く異なっていて、うまく表現できませんが「こんなにも違うものなのか・・・」と落胆しました。
    ですが、焦(あせ)らず参ります。

    今回も誠にありがとうございました。

      • 木幡 等
      • 2019年 9月 24日

      S. A.様

      こちらこそ、先日の特別セッション、そして今月のノーコンタクト、ともにありがとうございました。

      先日の特別セッションの時に「意識としてのあなた」がいた場所、そこは純粋意識の次元さえをも超えた場所であり、そこが意識の根源からの引き込みによって明らかになる場所です。
      そこが「本当のあなた(真我)」の居場所であり、その場所に残っていた唯一のもの、それが「本当のあなた(真我)」です。

    • K. K.
    • 2019年 9月 23日

    木幡先生

    9月期の直接伝達、誠にありがとうございました。

    「ヘッドセンターの直接伝達」 においては、頭部の中心からエネルギーが来るのがよくわかりました。
    直接伝達の開始直前までエネルギーワークをしていたのですが、それをはるかに上回るエネルギーがやって来ましたので、やはり凄(すご)いなと思いました。

    「純粋意識の直接伝達」では、主に後頭部のヘッドセンターが強く感じました。

    「純粋意識の直接伝達と意識の根源からの引き込み」になると、時折なぜか前部ヘッドセンターが強く感じたのですが、主に後頭部のエネルギー的な感覚がさらにより強く感じられました。

    終了後もエネルギー的な感覚が続いていたので、今回の直接伝達は今までのより強かったのではないかと思いました。

    本当に、いつも凄(すご)くて頭が下がるばかりです。
    これからは少しでも維持強化できるように、ワークに取り組んでいきたいと思います。

    誠に、ありがとうございました。

      • 木幡 等
      • 2019年 9月 23日

      K. K.様

      こちらこそ、ご参加とコメント、誠にありがとうございます。

      私は、K. K.様のご奮闘が実ること信じております。

      >終了後もエネルギー的な感覚が続いていたので、今回の直接伝達は今までのより強かったのではないかと思いました。

      ありがとうございます。
      私のエネルギー状態は、ここ最近、また上がりました。
      そのように「正当な評価」をしていただけますと、伝達を行っている私としましても救われます。

      いつも私からの伝達を歪めることなく、まっすぐに受けとっていただき、ありがたい限りです。

    • N. K.
    • 2019年 9月 24日

    木幡さま

    9月期第4回ノーコンタクトでの直接伝達、ありがとうございました

    久しぶりに、とても落ち着いて受けることができました。

    ● ヘッドセンターの直接伝達
    始まってすぐに何度か頭がシーンとなり、頭の内部から泉のように何かが湧(わ)き出てくる感じがいたしました。

    ● 純粋意識の直接伝達
    白くほわほわとした光が瞬きました。
    そして、それが体全体に広がろうとしている感じがいたしました。

    ● 純粋意識の直接伝達と意識の根源から引き込み
    どんな感じなのかしらと期待してしまったのがいけなかったのか、残念ながら感じることができませんでした。

    頭の中の不要なものが消えていく様(さま)、静まって行く様、何か明るく穏やかなものに包まれる様、毎回毎回少しずつ違っていましたが、確かにいつも訪れてくださいました。
    それによって辛い中も、ずいぶんと助けて頂きました。
    心より感謝しております。

      • 木幡 等
      • 2019年 9月 24日

      N. K.様

      こちらこそ、今月のご参加とコメント、ありがとうございました。

      「あなた」が「頭の中」や「心の中」などといった窮屈(きゅうくつ)な牢獄(ろうごく)のような部屋から立ち去れば、深刻な問題などというものは生じません。
      そのためには、あなたがごく幼い頃に住んでいた、広くて静かな部屋に帰るだけでいいのです。
      あなたには、それができます。

      大丈夫です・・・
      大丈夫です。
      大丈夫です (^^♪

    • 木幡 等
    • 2019年 9月 24日

    【コメントによる伝達】

    今回の個別コメントは、一般向けのコメントとして味わえるように書いておりますので、特にその方個人へのメッセージ性が強いものではないということをご理解ください。
    「個別コメント」を装った「言葉による伝達」とでもいったところです。
    そのようなことから、個人向けのメッセージとしてではなく、一般論としてお読みくださると、よろしいかと思います。

    みなさん、お疲れさまでした。
    そして、ありがとうございました。

    また来月、この場でお会いしましょう。
    では・・・

    • O. H.(2019.9月期より初参加)
    • 2019年 9月 26日

    木幡様

    4回目の伝達、ありがとうございました。

    ●「ヘッドセンターの直接伝達」について
    前回同様、何度も全身に激しい振動が起き、骨盤から下にドスンと大きな穴の開いたような感覚になりました。

    ●「純粋意識の直接伝達」について
    柔らかい波動が後頭部から下降していきました。

    ●「純粋意識と意識の根源からの引き込み」について
    期待感が邪魔をしたのか、引き込みらしき体験はありませんでした。

    ● 後日
    真我探求をすると、前頭部、頭頂部にあった意識の焦点が消え、頭全体が空っぽになったようになります。
    併(あわ)せて、全身の物質感覚も薄まります。

    今後とも宜しくお願いいたします。

      • 木幡 等
      • 2019年 9月 26日

      O. H.様

      こちらこそ、ご参加とコメントをありがとうございました。
      今後ともよろしくお願いいたします

      たとえ、どのようなエネルギー的現象が起きたり、どのようなビジョンや声が現れても、あなたの基盤である自己に留まり続けていてください。

      たとえるなら、あなたは映画館で「この世」というスクリーンを眺めている鑑賞者のようなものです。
      そのスクリーンに何が映し出されても、スクリーンに映し出されている映画の登場人物や出来事と「あなた」とは本質的に関係がないからです。
      ですが私たち人間は映画の物語に夢中になり続けてきたことによって、「本当の私」とは客席で静かにしている鑑賞者でしかないという当たり前の事実を忘れてしまったのです・・・

  1. この記事へのトラックバックはありません。

天使の集い

作曲・編曲・演奏・打ち込み:木幡 等

おすすめの記事




人気のある記事:BEST3



言葉による伝達 ノーコンタクト・セッション
  1. 2019.11.13

    自己意識