「2019年8月期ノーコンタクトでの直接伝達:第4回目」:「参加者の声」と「コメントによる伝達」

この記事は2019.8.27、14:52に掲載いたしました。

更新内容:

記事下のコメント欄に、5名様から「参加者の声」をいただきました。

「コメントによる伝達」を掲載いたしました。

初参加の方々からの率直なご感想もお待ちいたしております。

 

8/25(日)開催、「2019年8月期ノーコンタクトでの直接伝達(全4回):第4回目」のコメントは、こちらの記事下のコメント欄にお願いいたします。

コメントご記入の際は、お名前を本名または大文字のイニシャル表記(姓のアルファベット. 半角スペース 名のアルファベット. / 例:木幡等 → K. H.)でお願いいたします。

同業者の方のお名前の掲載は、自身の宣伝のためなどといった不純な動機でのコメントにより、読者を混乱させてしまうケースが起こり得るため、イニシャル表記に修正させていただく場合がございます。

ご記入されたメールアドレスやURLは公開されませんので、ご安心ください。

なお、直接伝達による効果に直接由来しない体験に関するコメント等におきましても、読者を混乱させてしまうことが予想されるため、こちらで削除させていただく場合がございます。

ご了承ください。

伝達時間

8月25日(日)に行われる「2019年8月期 ノーコンタクトでの直接伝達第4回目」の伝達時間は ○○:○○~○○:○○ です。

 

伝達時において

次の章にあります「伝達内容の詳細」の項目ごとに、それぞれ指定されたこと以外、基本的には何かを起こそうとはせず、私の伝達だけにゆだねていてください。

 

何かを起こそうとすると、あなたは何かに対する期待に基づく想念と強く自己同一化してしまいます。

 

期待でさえも想念である以上、想念の分厚い雲は、あなたに向けて降り注ぐ直接伝達のまばゆい光を遮(さえぎ)ってしまいます。

 

また、想念との自己同一化とは、個としてのあなたの本質である自己意識そのものへの自覚がなされていないという意味において、自己(自己意識)の眠りの意識状態です。

自己意識の眠り、すなわち想念との自己同一化には、どれだけ注意しても、し過ぎになることはありません。

 

もし想念自己同一化してしまった際には、できるだけ速やかにそのことに気づき、あなたと想念との距離をとらねばなりません。

当然のことですが、このことは日常生活においても同様です。

 

想念との距離のとり方におきましては、初級レベルから上級者向けまで、いくつかの方法がございますので、興味がおありの方は、メールセッション個人セッション等でお尋(たず)ねください。

 

「伝達内容の詳細」では、伝達時間帯ごとの留意のポイントなどについても記載いたしておりますが、私からの伝達によって、自然とその留意ポイントにエネルギーが生じてきますので、お仕事中の方などは、必ずしも従う必要はありません。

何も考えずにリラックスして、座ってお受けになられるのも良いです。

伝達中にご予定がおありの方は、予定されている活動をなさりながらも、頭部への留意をわずかにしていただくと、より効果的です。

 

伝達内容の詳細

伝達 1. ○○:○○~○○:○○

「ヘッド・センターの直接伝達」と「自己意識強化のためのワーク」

この時間帯におきましては、私がヘッド・センター直接伝達を行いますので、皆様は自己意識強化のための取り組みとして○○していてください。

それは意志を装った持続的かつ強度の欲求とは異なり、「真正なるあなた(自己意識)に由来する真正なる意志を生み出し強化すること」でもあり、「無意識的に想念の側にさ迷ってしまわないためのトレーニング」にもなります。

それは、「意思に基づく行為を保ち続けること」でもありますので、あえて○○します。

 

注意点といたしましては、○○を心がけていてください。

○○も失わないように。

 

伝達 2. ○○:○○~○○:○○

純粋意識の直接伝達

ここでは○○していてください。

ですがこの時間帯におきましては、私からの働きかけをヘッド・センター直接伝達から純粋意識直接伝達へと切り替えておりますので、より穏やかさや安らぎの質が強まってくるはずです。

そのようなエネルギー状態の中で、人間としてのあなたは穏やかな至福に浸(ひた)っていながらも、自己意識としてのあなただけはいつも醒(さ)めていてください。

 

純粋意識直接伝達により「自己意識としてのあなた純粋意識との接触状態」が生じれば、それが悟りの道においての本当のスタートを切ったこととなりますので、私はこのことを真なる自己目覚めと呼んでいます。

間違えてはいけないのは、真なる自己目覚めと言いましても、まだ目を覚まし始めたばかりの赤ん坊の状態と同じですので、それは悟りとは異なります。

目覚めのプロセスの完結である真の悟りに至るまでには、真なる自己目覚めの意識状態自己意識としてのあなた純粋意識との接触状態)を一定期間に渡って継続させながら、いくつかのプロセス(悟りに至るまでの全過程)を経ていく必要があります。

悟りに至るまでの全過程【2019会員専用記事】

 

純粋意識直接伝達時には、頭部から純粋で透明なエネルギーとでも言うべき、とても穏やかで軽やかなエネルギーが流れ込んできます。

胸部にあるハート・センターのエネルギーが不足している場合ヘッド・センターが活性化していない場合などにおきましては、頭部から胸部へと流れ出ていくこともあります。

(そのような場合、留意ポイントを胸部へと移すべきかどうかは、参加者のその時々における意図や目的によって異なりますので、お知りになられたい方はメールセッション個人セッション等でお尋(たず)ねください。)

意識の広がり、またはあなたが広がっていくように感じられるかもしれません。

人によっては、後部ヘッド・センターや後頭部のエネルギーが活性化されているのを強く感じるかもしれません。

別の人においては、意識の根源からの引き込みの感覚を強く感じるかもしれません。

ですがこの時間帯においては、どのような感じ方でもかまいませんので、率直なご感想のコメントをいただけると、その方の内的状態や意識状態を把握しやすくなりますので、その次回のノーコンタクトでの直接伝達におけるカリキュラムの組み方に反映させていくことができるようになります。

 

終わりに:自己意識の目覚めのために

形なきあなたそのものである自己意識としてのあなたと、形ある人間としてのあなた

 

たとえ人間としてのあなたが感情的になっていても、自己意識としてのあなただけはいつも醒(さ)めていなさい。

 

 

 

参加時の留意のポイント等につきましては、以下の記事をご参考にされてください。

 

9月期のご予約も受け付けております。

ノーコンタクトでの直接伝達 /1対多対応

 

いいね!をすれば
最新情報を受けとることができます。

関連記事

  1. 2019.1月期ノーコンタクトでの直接伝達・第3回目:「参加者の声」第…

  2. 2019年3月期「ノーコンタクトでの直接伝達:第1回目」:「参加者の声…

  3. 「2019年5月期ノーコンタクトでの直接伝達:第4回目」:「参加者の声…

  4. 「2019年5月期ノーコンタクトでの直接伝達:第2回目」:「参加者の声…

  5. 「2019年9月期ノーコンタクトでの直接伝達:第3回目」:「参加者の声…

  6. 「2019年6月期ノーコンタクトでの直接伝達:第3回目」:「参加者の声…

  7. 「2019年9月期ノーコンタクトでの直接伝達:第2回目」:「参加者の声…

  8. 「2019年7月期ノーコンタクトでの直接伝達:第4回目」:「参加者の声…

コメント

    • K. K.
    • 2019年 8月 25日

    木幡先生

    ノーコンタクトでの直接伝達、誠にありがとうございました。

    自己意識強化のトレーニングも兼ねるという今回の画期的な方法に「なるほど!」と思いました。

    「ヘッド・センターの直接伝達と自己意識強化のためのワーク」の時間は、かなり強いエネルギーの感覚がありました。
    前部ヘッドセンター並びに後部ヘッドセンター共に強く感じられたので、途中少し眠気を感じたものの、ヘッドセンターの感覚に留まることが日常よりも容易にできて、30分間がとても短く感じられました。

    「純粋意識の直接伝達」の時間はできるだけリラックスして受けてみました。
    エネルギーの質が穏やかで軽やかに変わるので、少々眠気を感じてしまいました。

    今回は1つの学びを頂いたような気がするので、引き続き前部ヘッドセンターの強化に取り組んでいきたいと思います。

    本当に色々とありがたく、感謝しても仕切れない程、たくさんのことをしていただいたのではないかと思います。
    誠にありがとうございました。
    これからもよろしくお願い致します。

    • S. Y.
    • 2019年 8月 25日

    木幡先生

    本日も開始時間の少し前から静かにしておりました。

    ●「ヘッド・センターの直接伝達」と「自己意識強化のためのワーク」

    ものすごい強度のエネルギーが流れ込んできました。

    ●「純粋意識の直接伝達」

    頭頂が上にぐーんと引っ張られました。
    至福に満たされ感動していても、それに流されず、醒(さ)めて気づいているよう努めました。
    そうしていると、やがて後頭部が後ろへ引っ張られる感じと、安らぎと静けさが益々深まっていく感じがいたしました。

    貴重な伝達と自己意識の実地トレーニングの機会を与えていただき感謝申し上げます。
    本日も大変ありがとうございました。

    • Y. Y.
    • 2019年 8月 25日

    木幡さま

    本日も直接伝達、ありがとうございました。

    前回の「ノーコンタクトでの直接伝達」の翌日~翌々日に気づいたのですが、木幡さまの言われる通り、確かに自己意識も直接伝達で伝わっているのではないか、という感触があります。
    ただ自分でもわかりにくく、とても言葉で表現しづらいですが…。

    また、以前でしたらヘッドセンターの強化をする時に必要な努力が100であったとすると、今では70~90くらいの努力でできるようになったという感じもします。
    今回の伝達後も、どうなるか観察したいと思います。

    ・「ヘッドセンターの直接伝達」と「自己意識強化のためのワーク」
    脳全体がギュギュッと強く圧縮されるように感じました。
    前回と同様、前部ヘッドセンターより側頭部や後頭部の方がずっと強く感じられました。
    サイズがあわない小さい西洋の兜(かぶと)をかぶせられているような感じです。
    留意を続けていましたが、10分を過ぎたあたりからやはり断続的に注意を引き戻さなければならない時があり、時間がたつにしたがって引き戻すまでの時間が長くなってしまいます…。

    ・「純粋意識の直接伝達」
    前回同様、自己意識の伝達の余韻が強く、感じにくいように思われたのですが、10分ほど過ぎたころにふと以前に頂いたアドバイスを思い出して実行したところ、すぐに純粋意識を感じることができました。(たぶん前回もそうすればよかったのですが)
    頭が西洋の兜(かぶと)をかぶってがらんどうになっており、その下の方を純粋意識がさらさらと流れているという感じです。
    終わりの方、ちょっと意識は朦朧(もうろう)としていました。
    このところ、ちょっと精神的にだいぶ闇落ちしていたのですが、おかげさまですっかり回復してしまいました…。

    自身の取り組みとしてのヘッドセンターの強化はまだお休み中ですが、前回に続き貴重な経験でした。
    8月期の第1回目の時は「ずっとこのカリキュラムの流れでいい」と思ったものでしたが、4回を通してみると前回や今回のカリキュラムをもっと受けたいです。(特に今回のパターンでしょうか…)

    今月もありがとうございました。
    次回の「個人セッション」と来月の「ノーコンタクトでの直接伝達」も、どうぞよろしくお願いいたします。

    • S. A.
    • 2019年 8月 26日

    木幡先生
    ・「ヘッド・センターの直接伝達」と「自己意識強化のためのワーク」
    開始時間少しすると、額が波打つように強く押されている感覚になり、自分は眉間の奥にいるという状態で受けさせて頂きました。
    頭部は全体的にエネルギーが充満していて、確固とした存在感がありました。

    反省ですが、自分は想念の側へ無意識的にフラフラ行ってしまう時があります。
    途中で気づいては引き戻すことを何度か繰り返していました。

    ・「純粋意識の直接伝達」
    頂けているエネルギーの質ががらりと変わり、柔らかく優しい感覚に包まれて幸せな気持ちでした。
    この状態でうっとりしてる自分に、うっかりするとフラつくからと釘を刺して、ヘッドセンターへ留意しながら醒めているよう努めました。

    「今・ここ」に留まり続けるということにおきましては、前半30分よりは後半の方がまだマシだったという位の状態で、その難しさというものを実感させていただく貴重な機会ともなりました。

    今回も誠にありがとうございました。

    「追伸」
    患っておりました乳癌の切除手術を終え、退院いたしました。
    木幡先生、応援の温かいお言葉を頂きました御方様、お見守り頂きました皆様に大変深く感謝いたしております。
    本当に本当にありがとうございましたm(_ _)m

    • N. K.(2019.8月期より初参加)
    • 2019年 8月 26日

    木幡さま

    「第四回ノーコンタクトでの直接伝達」ありがとうございました。

    今までで一番落ち着いて受けることができました。

    「ヘッドセンターの直接伝達」では、前回と同じく留意していても映像が何度か出てきてしまったのですが、終わりの方になると頭の方から体までスッーとした静けさが広がりました。(今までで一番でした)

    そしてまた「純粋意識の直接伝達」では、途中で明るく穏やかな静けさに一気に包まれました。
    辺りが真っ白でシーンと静まりかえっていて、驚いて動揺してしまい、少し怖くなってしまった程です。

    今回の「ノーコンタクトでの直接伝達」を受けるにあたっては、毎回細かな所までご配慮いただきまして、誠にありがとうございました。
    最後の回は、わかりづらい私でもわかるくらい?圧倒的な何かを感じさせていただきました。

    木幡様、心より感謝申し上げます。

    • 木幡 等
    • 2019年 8月 27日

    【コメントによる伝達】

    ● K. K.さん
    伝達や指導における私の工夫をご理解いただき、ありがたい限りです。

    ● S. Y.さん
    今回の「自己意識強化のためのワーク」からは、たくさんの学びがあったのではないでしょうか・・・

    ● Y. Y.さん
    >前回の「ノーコンタクトでの直接伝達」の翌日~翌々日に気づいたのですが、木幡さまの言われる通り、確かに自己意識も直接伝達で伝わっているのではないか、という感触があります。
    >ただ自分でもわかりにくく、とても言葉で表現しづらいですが…。

    とても良い洞察です。
    自己意識といえども「エネルギーの結晶体」です。
    そのようなエネルギーの一形態である以上、エネルギー的に伝達が起こり得ます。

    ですから「自己意識の直接伝達」の効果における実感は、特に「特別セッション」で感じられます。
    特別セッションは長時間共に過ごしますので、その伝達における効果が顕著です。

    もちろん「特別セッション」の宣伝のために言っているわけではなく、私の観察に基づく率直な感想です。
    そのような意味からも、古くから寺院などにおいて「師と共に生活するということ」が盛んに行われていたのでしょう。

    ● S. A.さん
    おかえりなさい (^^♪

    ● N. K.さん
    回を重ねるごとに静かになられていく姿が印象的でした。

    ******
    コメントを書かれなかった参加者様方も含め、「2019.8月期ノーコンタクトでの直接伝達」にご参加いただき、ありがとうございました。

    今月はカリキュラムを組んで行うという新たな試みとなりました。
    毎回、率直かつご丁寧な報告をしていただいたことで、私の方といたしましても、貴重なデータを入手することができました。
    重ねてお礼申し上げます。
    ありがとうございました。

    9月期のノーコンタクトでも、徹底的に自己意識に働きかけます。
    最初のうちにしっかりと自己意識に取り組んでおきますと、後で効いてきますので、やがては探究が「喜びへの道」へと変わっていきます。
    言い換えれば、自己意識に取り組んでいないと、いつまでもたっても探究が「奮闘の道」であり続けますし、何をやっても物になりません。

    なぜなら、
    「自己意識」とは、人間としてのあなたの本性であり、
    「悟り」とは、自己意識としてのあなたの基盤との融合、
    言い換えるなら、意識としてのあなたの本性なのですから・・・

  1. この記事へのトラックバックはありません。

天使の集い

おすすめの記事




人気のある記事:BEST3



facebook

言葉による伝達 会員専用記事