「2019年8月期ノーコンタクトでの直接伝達:第2回目」:「参加者の声」と「コメントによる伝達」

この記事は2019.8.13、19:25に掲載いたしました。

更新内容:記事下のコメント欄に、5名様から「参加者の声」をいただきました。

「コメントによる伝達」を掲載いたしました。

初参加の方々からの率直なご感想もお待ちいたしております。

 

8/11(日)開催、「2019年8月期ノーコンタクトでの直接伝達(全4回):第2回目」のコメントは、こちらの記事下のコメント欄にお願いいたします。

コメントご記入の際は、お名前を本名または大文字のイニシャル表記(姓のアルファベット. 半角スペース 名のアルファベット. / 例:木幡等 → K. H.)でお願いいたします。

同業者の方のお名前の掲載は、自身の宣伝のためなどといった不純な動機でのコメントにより、読者を混乱させてしまうケースが起こり得るため、イニシャル表記に修正させていただく場合がございます。

ご記入されたメールアドレスやURLは公開されませんので、ご安心ください。

なお、直接伝達による効果に直接由来しない体験に関するコメント等におきましても、読者を混乱させてしまうことが予想されるため、こちらで削除させていただく場合がございます。

ご了承ください。

伝達時間

8月11日(日)に行われる「2019年8月期 ノーコンタクトでの直接伝達第2回目」の伝達時間は ○○:○○~○○:○○ です。

 

現在のところカリキュラム化されたノーコンタクトでの直接伝達の開催は8月限定ではありますが、今回はその第2回目となります。

よろしくお願いいたします。

 

また、今月いただくコメントも今後の参考にもなりますので、コメントが詳細な長文になられてもかまいません (^^♪

 

伝達時において

次の章にあります「伝達内容の詳細」の項目ごとに、それぞれ指定された留意ポイントへの留意以外、基本的には、何かを起こそうとはせず、私の伝達だけにゆだねていてください。

 

何かを起こそうとすると、あなたは何かに対する期待に基づく想念と強く自己同一化してしまいます。

 

期待でさえも想念である以上、想念の分厚い雲は、あなたに向けて降り注ぐ直接伝達のまばゆい光を遮(さえぎ)ってしまいます。

 

また、想念との自己同一化とは、個としてのあなたの本質である自己意識そのものへの自覚がなされていないという意味において、自己(自己意識)の眠りの意識状態です。

自己意識の眠り、すなわち想念との自己同一化には、どれだけ注意しても、し過ぎになることはありません。

 

もし想念自己同一化してしまった際には、できるだけ速やかにそのことに気づき、あなたと想念との距離をとらねばなりません。

当然のことですが、このことは日常生活においても同様です。

 

想念との距離のとり方におきましては、初級レベルから上級者向けまで、いくつかの方法がございますので、興味がおありの方は、メールセッション個人セッション等でお尋(たず)ねください。

 

「伝達内容の詳細」では、伝達時間帯ごとの留意のポイントなどについても記載いたしておりますが、私からの伝達によって、自然とその留意ポイントにエネルギーが生じてきますので、お仕事中の方などは、必ずしも従う必要はありません。

○○して、○○になられるのも良いです。

伝達中にご予定がおありの方は、予定されている活動をなさりながらも、○○を○○にしていただくと、より効果的です。

 

伝達内容の詳細

前回のノーコンタクトにおきましては、ヘッド・センターという基礎工事を行ってから、純粋意識の家を建てていくという、そのような流れで行いました。

それは、以下の記事からもおわかりのように、悟りという、意識の進化における到達点に至るまでの道におけるプロセスに沿った、とても美しいカリキュラムであったことが、その体験からおわかりになったことかと思います。

悟りに至るまでの全過程【2019会員専用記事】

ゆえに前回の伝達をお受けになられた参加者の方々からの高い評価をいただくこともできました。

 

しかし、初参加の方は第一回目ということで緊張されていたことでしょう。

なのでご期待に応え、もう一度、前回と同じ流れで行います。

 

何事も基礎が大切です。

基礎が手抜きされている家の(見せかけの)完成は早いかもしれませんが、そのような偽物の家は、すぐに建て直さなければならなくなります。

 

根に栄養の行き届いていない木は、やがて倒れてしまいます。

 

伝達 1. ○○:~○○:○○

ヘッド・センターへのエネルギー伝達

はじめに前部ヘッド・センターへのエネルギー伝達を行い、次に後部ヘッド・センターへのエネルギー伝達を行います。

後部ヘッド・センターへのエネルギー伝達の際には、エネルギーのつまりを解消し、エネルギーの流れを良くするための働きかけも行います。

感じにくい場合は、前部ヘッド・センターへのエネルギー伝達時、後部ヘッド・センターへのエネルギー伝達時、共に、○○に○○されると、より感じやすいかと思います。

 

エネルギー伝達では、直接伝達とは違い、肉体においての外部からエネルギーが流れ込んでくるような感覚がするかと思います。

 

伝達 2. ○○:○○~○○:○○

ヘッド・センターの直接伝達

ヘッド・センター直接伝達を行います。

前部ヘッド・センターへの働きかけの比重を上げて行いますので、感じにくい場合は、○○に○○をなさると、より感じやすいかと思います。

 

この時間帯においては「ヘッド・センターへのエネルギー伝達」ではなく「ヘッド・センター直接伝達」を行いますので、肉体においての内部からエネルギーが生じてくるような感覚がするかと思います。

 

伝達 3. ○○:○○~○○:○○

純粋意識の直接伝達

純粋意識直接伝達をいたします。

感じにくい場合は、○○に○○されると、より感じやすいかと思います。

 

純粋意識直接伝達により「自己意識としてのあなた純粋意識との接触状態」が生じれば、それが悟りの道においての本当のスタートを切ったこととなりますので、私はこのことを真なる自己目覚めと呼んでいます。

間違えてはいけないのは、真なる自己目覚めと言いましても、まだ目を覚まし始めたばかりの赤ん坊の状態と同じですので、それは悟りとは異なります。

目覚めのプロセスの完結である真の悟りに至るまでには、真なる自己目覚めの意識状態自己意識としてのあなた純粋意識との接触状態)を一定期間に渡って継続させながら、いくつかのプロセス(悟りに至るまでの全過程)を経ていく必要があります。

悟りに至るまでの全過程【2019会員専用記事】

 

純粋意識直接伝達時には、頭部から純粋で透明なエネルギーとでも言うべき、とても穏やかで軽やかなエネルギーが流れ込んできます。

胸部にあるハート・センターのエネルギーが不足している場合ヘッド・センターが活性化していない場合などにおきましては、頭部から胸部へと流れ出ていくこともあります。

(そのような場合、留意ポイントを胸部へと移すべきかどうかは、参加者のその時々における意図や目的によって異なりますので、お知りになられたい方はメールセッション個人セッション等でお尋(たず)ねください。)

意識の広がり、またはあなたが広がっていくように感じられるかもしれません。

人によっては、後部ヘッド・センターや後頭部のエネルギーが活性化されているのを強く感じるかもしれません。

別の人においては、意識の根源からの引き込みの感覚を強く感じるかもしれません。

ですがこの時間帯においては、どのような感じ方でもかまいませんので、率直なご感想のコメントをいただけると、その方の内的状態や意識状態を把握しやすくなりますので、その次回のノーコンタクトでの直接伝達におけるカリキュラムの組み方に反映させていくことができるようになります。

 

終わりに

「きちんと受け取ろう!」と頑張る必要はないのです (^^♪

直接伝達のエキスパートである私の伝達に任せておいてください・・・

 

直接伝達という沈黙によるふれあいにおいては、あなたが話す必要はないのです。

ですから、「上手に話せなかったらどうしよう・・・」などと心配する必要もありません。

ゆったりとくつろぎ、ただ私の声に耳を傾けているだけで良いのです。

 

 

 

参加時の留意のポイント等につきましては、以下の記事をご参考にされてください。

 

9月期のご予約も受け付けております。

ノーコンタクトでの直接伝達 /1対多対応

いいね!をすれば
最新情報を受けとることができます。

関連記事

  1. 「2019年9月期ノーコンタクトでの直接伝達:第1回目」:「参加者の声…

  2. 「2019年8月期ノーコンタクトでの直接伝達:第1回目」:「参加者の声…

  3. 2019.1月期ノーコンタクトでの直接伝達・第2回目:「参加者の声」第…

  4. 「2019年6月期ノーコンタクトでの直接伝達:第2回目」:「参加者の声…

  5. 「2019年4月期ノーコンタクトでの直接伝達:第1回目」:「参加者の声…

  6. 2019年3月期「ノーコンタクトでの直接伝達:第3回目」:「参加者の声…

  7. 直接伝達を始めます

  8. 「2019年4月期ノーコンタクトでの直接伝達:第4回目」:「参加者の声…

コメント

    • K. K.
    • 2019年 8月 11日

    木幡先生

    「ノーコンタクトでの直接伝達」を受けさせて頂き、誠にありがとうございました。

    終始リラックスするようにしておりました。

    最初の「ヘッドセンターへのエネルギー伝達」では、前頭部から頭頂部にかけてエネルギーの感覚と温熱を感じました。
    また、1本の筒の中を上から下へエネルギーが通り、途中の詰まりを押し出すような、まさに”エネルギーのつまりを解消する”というような感覚を受けました。

    次の「ヘッドセンターの直接伝達」では、頭部内側からのエネルギー感が生じ、これが直接伝達なのだなと改めて感じました。
    また、前部ヘッドセンターと後部ヘッドセンターの統合感も感じております。

    最後の「純粋意識の直接伝達」になると、ヘッドセンターの感覚がより強くなりました。
    ですがエネルギーの質は、とても軽やかで明るく感じられました。
    純粋意識は本当に有難いと思いました。

    ラスト20分間は仕事と重なり、人と会話しながらでしたが、後頭部に微細なエネルギー感覚が生じておりました。
    会話が途切れると、その感覚はより強く感じられました。

    今回もガイド付きというお心遣いに感謝いたしております。
    より理解が深まるような感じがしております。

    これからもよろしくお願いいたします。
    ありがとうございました。

    • S. Y.
    • 2019年 8月 12日

    木幡先生

    「新セッション」最中の「ノーコンタクトでの直接伝達」を大変ありがとうございました。

    カリキュラム化された明晰な伝達を、実際にお目にかかりながら受けたらどんなだろうと楽しみにしておりました。

    ● 1:ヘッド・センターへのエネルギー伝達

    額からエネルギーが入ってくる感じがしたと思った途端、頭部がぐーんと上に引っ張りあげられる感じがいたしました。
    身体全体が宙に浮いたかのように軽やかになりました。

    ● 2:ヘッド・センターの直接伝達

    前頭部の内側に圧がかかりました。
    圧は精密で力強く、その強度が上がるほど想念の入る隙間がなくなります。

    ● 3:純粋意識の直接伝達

    「ヘッド・センターの直接伝達」により硬固になった前頭部の状態を土台にして、後頭部のエネルギー状態が強くなりました。
    強い安らぎと幸福感が訪れ、自然に涙が流れました。

    幸福感がしばらく続くと静けさが訪れ、やがて後ろに引っ張られ幸福感が訪れます。
    引っ張られる時に幸福、落ち着いて静寂、また引っ張られながら幸福、と断続的に続きました。

    ● 直接対面

    以前「特別セッション」中に受けました「ノーコンタクト」の時は、爆風のようなエネルギーに飛ばされないようにするので精一杯でした。
    今回は、強力さのみならず、緻密さ、精密さが感じられました。

    今回も「ノーコンタクトでの直接伝達」の最中に、先生が煙草に火をつけられたりお茶を飲まれたりされているご様子には本当に驚かされます。
    他にも、伝達中に階段を上り降りされたり、ご指導をして下さったり、横になられたり。
    なんとも不思議な感じがいたしました。

    ● 伝達全体について

    カリキュラム化されているためか伝達が非常にクリアに感じられます。
    「悟りに至る全過程」への、伝達のフルコースと実感いたしました。

    ● 伝達後

    ヘッド・センターがどっしりと定まりながらも、深い安らぎがあります。
    頭の中がすっきりした感じです。

    明晰で進化した伝達を受けられることを感謝いたしております。

    • S. A.
    • 2019年 8月 12日

    「ヘッドセンターへのエネルギー伝達」を頂いてる時は、皮膚・身体でエネルギーの流れを感じている感覚でした。

    「ヘッドセンターの直接伝達」では、眉間の奥にて伝達を頂いているような感覚へと変わり、頭部のエネルギーは膨張(ぼうちょう)していました。

    「純粋意識の直接伝達」では、後頭部のエネルギーが活性化されているのを今回ずっと感じ続けている状態でした。

    途中、身体の具合の悪い部分2カ所にエネルギーが届けられる場面があり、「純粋意識の直接伝達」中のはずなのに肉体部分への調整が入るほどの状態という事もわかりましたし、癒(いや)しを頂けて大変ありがたいと思いました。
    他にも気づける部分はないだろうかと、後頭部へ向いてる意識を他へ向けようとしたのですができず、釘付けの状態だったのは印象的です。

    今回も誠にありがとうございました。

    (追伸)
    8月期第一回目のコメントにてY. Y.様より、自身の課題である病に温かい応援のお言葉を頂き、大変嬉しく本当にありがとうございました。
    入院の経験がなく初めてですが、8月23日切除手術となりました。
    この度の病をきっかけに身を置く環境もがらりと変わり、様々思うこともあったり、新たな経験をしております。

    • N. K.(2019.8月期より初参加)
    • 2019年 8月 12日

    木幡さま

    「第2回ノーコンタクトでの直接伝達」ありがとうございました。

    前回は始まる前から緊張しドキドキしていたのですが、お陰様で今回はそれほどでなく、どちらかと言うとリラックスして受けることができました。(その為か途中ウトウトしてしまった時もあり・・・)

    始まって少しすると、頭の中が明るくなりました。
    それは暖かい日差しのようでもありました。

    その後も何度か光ったり、明るくなったりを繰り返しました。

    終わりの方で、ひときわ青く輝いて、静かな波が体の少し外側まで広がりました。
    そして穏やかな気持ちで目を開けることができました。

    今回の内容は大切な事だからと前回と同じカリキュラムにしていただいたり、受けるに当たっての様々な留意点を教えて頂いたりとご配慮ありがとうございます

    ただ想念との自己同一化を気づかないうちにいつもしているようで、その事は気をつけていかないとと思いました。

    次回もどうぞよろしくお願いいたします。
    どうもありがとうございました。

    • Y. Y.
    • 2019年 8月 13日

    木幡さま

    昨日の直接伝達、ありがとうございました。

    やはりこの流れは自然で安心できる、私にとってもたいへん快く感じられます。

    最初の「ヘッド・センターへのエネルギー伝達」では、頭部のエネルギーのつまりを解消する、という動きが前回よりも理解できたように思います。

    「ヘッド・センターの直接伝達」では、ヘッドセンター全体が強く感じられました。

    「純粋意識の直接伝達」で純粋意識が流れ込んでくるとうっとりして、ずっとそれに身を委ねていたいと感じられます。
    ただ、自己意識とヘッドセンターという強固な器がなければ、純粋意識を注いでもこぼれていってしまう、とも思いました。

    今さらですが、一人で瞑想をしていてもこうしたヘッドセンターの感覚や強い純粋意識を感じることはないので、不思議なことですね。

    次週もどうぞよろしくお願いいたします (_)。

    (追伸)
    S. A.さま。急なことで大変ですね(。-_-。)。
    何かと気ぜわしいかと思いますが…。
    すべてが良きことになりますよう祈っております。

    • 木幡 等
    • 2019年 8月 13日

    【コメントによる伝達】

    今回の伝達におきましては、最後の「純粋意識の直接伝達」において、純粋意識の純度を上げて行いました。

    前回は、初めての方もいらしたので、
    【ヘッド・センターと純粋意識の伝達比率が3:7】
    くらいで行いました。

    そして今回は、純粋意識そのものの美しさを味わっていただくために、
    【ヘッド・センターと純粋意識の伝達比率が1:9】
    といったような配分です。

    つまり、前回と比べ今回の「純粋意識の直接伝達」におけるヘッド・センターの強度は低めに行いましたので、疲れが溜まっている人、高いエネルギー状態に慣れていない人、ヘッド・センターが結晶化していない人、自己意識が弱い人等は、眠くなられたり、朦朧とされたりしたかもしれません。

    ですが、そこには「悟りの味わい」があったことだと思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

天使の集い

おすすめの記事




人気のある記事:BEST3



facebook

言葉による伝達 会員専用記事