機能としてのあなた

機能としてのあなたとは、非二元の次元から分裂したあなたという存在における「認知の主体としてのあなた」のことです。

それは気づきそのものということになるのですが、自己の次元においては「知性」や「感受性(ハート)」として機能しています。

肉体/精神の次元においては、認知の主体としての「心」として機能しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

  1. 始めから「ここ」にいなさい・・・

  2. 純粋意識の直接伝達 ~聖なる扉の解放~

  3. 気づき(アウェアネス)

  4. 瞑想の世界 ~広がりのある檻の中~

  5. 短い言葉

  6. 「悟り」と「気づき」との関係~「魂=本来の私」と「エゴ=従来の私」~

  7. 明け渡しと引き込み【2018年度版 有料記事】

  8. 恩寵

おすすめの記事





言葉による伝達 直接伝達