「純粋意識の直接伝達 2020.02.13」:「参加者の声」と「個別コメントによる伝達」

この記事は2020.2.16、15:25に更新たしました。

更新内容:「「純粋意識の直接伝達」に初めて参加される方へ」と「コメント欄へのご感想コメントについて」を掲載しました。

この記事下のコメント欄に、9名の参加者様から「ご感想のコメント」をいただきました。

「個別コメントによる伝達」を掲載し、さらに推敲いたしました。

コメント未記入の参加者様からのご感想もお待ちいたしております。

 

「純粋意識の直接伝達」に初めて参加される方へ

直接伝達時におきまして、特に初参加の時などは、緊張や気負いなどにより想念や感情に巻き込まれやすくなるため、自覚できるほどの大きな変化や効果を感じれない方もいらっしゃるようです。

ですが、それを二回、三回と続けていくうちに、緊張や気負いなどもなくなり慣れてきます。

 

また、初めは自覚できるほどの変化や効果は感じられなかったにしましても、その伝達はあなたの意識内に浸透していきます。

継続されてご参加されることにより、やがては明らかに自覚できるほどの効果、さらには変容が生じてくるはずです。

 

コメント欄へのご感想コメントについて

純粋意識の直接伝達」において、直接伝達の受けとり方は、人によって様々であり、受け手の意識状態によって受けとり方は異なります。

 

そして、同じ1人の受け手におきましても、その日の身体やエネルギー的なコンディション等によって、毎回毎回、受けとった時の印象や感覚が変わってくることもあります。

 

また、私は毎回の「純粋意識の直接伝達」におきましては、くつろぎのエネルギー純粋意識の流入をベースに、その時々により、その他の様々な要素の比重を変化させております。

時にはヒーリングによる浄化の効果を強めたり、ハートの浄化や活性化における働きかけの要素を強めたり、引き込みへの働きかけを強めたり、などといったように・・・

 

ですから、その日の伝達において何を受けとったかということにおきまして、正しい答えはありません。

あなたが感じた率直なご意見をお聞かせください (^^♪

 

コメント欄へのご感想コメントの書き方について

【事務局より】

次回の純粋意識の直接伝達」をお受けになられてのご感想のコメントは、こちらの記事下のコメント欄にお願いいたします。

コメントは当事務局側からの承認制となっておりますので、お書きになられたコメントは、記事上にすぐに反映はされません。

 

コメント欄からのご質問につきましては受け付けておりませんので、木幡へのご質問がおありの方は、サイレンス・セッション特別セッション等での質疑応答のお時間にお尋(たず)ねくださいますよう、よろしくお願いいたします。

なお、直接伝達による効果に直接由来しない体験等に関するコメントにおきましては、読者を混乱させてしまうことが予想されるため、こちらで該当箇所を削除させていただく場合がございます。

また、一般読者に伝わりにくい表現などにつきましては、こちらで修正させていただく場合がございます。

当然のことではございますが、当方や読者様方への常識的な礼儀やマナーを欠いたコメントは掲載いたしかねます。

ご了承ください。

 

コメントご記入の際は、

お名前を本名または大文字のイニシャル表記(姓のアルファベット. 半角スペース 名のアルファベット. / 例:木幡等 → K. H.)で、

また、誠にお手数ではございますが、木幡がコメント欄からの発言者のことを把握しやすくするためと共に、他の読者様のご参考になりますよう、

「年齢または年齢層」「性別」「お住いの都道府県等」「(ノーコンタクト・セッションにおいての)参加状態」の表記もお願いいたします。

(例1:K. H. / 5歳 / 男性 / 島根県 / 今月より初参加)

(例2:H. K. / 30代 / 女性 / ロサンゼルス / 2018年11月より連続参加)

表記がない場合は、こちらで記入させていただきます。

 

同業者の方のお名前の掲載は、自身の宣伝のためなどといった不純な動機でのコメントにより、読者を混乱させてしまうケースが起こり得るため、イニシャル表記に修正させていただく場合がございます。

なお、コメント記入時にご記入されたメールアドレスやURLは公開されませんので、ご安心ください。

 

伝達時間

○○:○○~○○:○○

 

 

継続してお受けになられると、「心身の浄化」から「意識の変容」に至るまでの定着化におきましても、さらに効果的です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

  1. 「ヘッドセンターの直接伝達 2020.02.04」:「参加者の声」と「…

  2. 「ニュームーン・ヒーリング 2019.05.04」:「参加者の声」

  3. 「2019年4月期ノーコンタクトでの直接伝達:第3回目」:「参加者の声…

  4. 12月期・ノーコンタクトでの直接伝達:「参加者の声」第5回目の感想

  5. 「ニュームーン・ヒーリング 2019.03.07」:「参加者の声」

  6. 「ニュームーン・ヒーリング 2019.04.05」:「参加者の声」

  7. 「2019年8月期ノーコンタクトでの直接伝達:第2回目」:「参加者の声…

  8. 「純粋意識の直接伝達 2019.12.26」:「参加者の声」と「個別コ…

コメント

    • I. D. / 40代 / 男性 / 宮崎県 / 2019年12月より連続参加
    • 2020年 2月 14日

    木幡等様

    いつもお世話になります。
    「純粋意識の直接伝達」、昨晩もありがとうございました。

    絶対的状態ではないかもしれませんが、頭部全体が甘くしびれたような感覚がほぼ常にあり、特に直接伝達の前後や、ひとりでいる留意時にはその感覚が強まります。

    昨晩の伝達時は、その甘くしびれる感覚が静寂とともに強まり、正直「どうなってしまうのだろう?」と思いました。

    多次元的な私へ純粋意識が手を変え品を変え、降り注いでいました。
    きっと世話が焼けるんだろうなぁ、と思いつつ。

    想念はさまざまな形をとって、死に物狂いで自らの存在をかけて襲(おそ)ってきます。
    こちらも決死の覚悟ですが、ほんとに純粋意識の中には、想念は全く、全く侵入することができないということが、なんとなくではありますが、とらえられる瞬間が増えてまいりました。
    だから静かで穏やかであれるのですね。

    純粋意識の中で安らぐ、安らげることが今の自分にとって至高の状態です。

    ありがとうございます。

      • 木幡 等
      • 2020年 2月 14日

      >想念はさまざまな形をとって、死に物狂いで自らの存在をかけて襲(おそ)ってきます。
      >こちらも決死の覚悟ですが、ほんとに純粋意識の中には、想念は全く、全く侵入することができないということが、なんとなくではありますが、とらえられる瞬間が増えてまいりました。

      素晴らしいことです。

      読者のみなさんのご参考にもなりますので、あなたへの個別コメントという意味も兼ねて、詳しくは以下の最新記事に書いておきました。

      参照記事 :『「悟り」と「気づき」との関係~「魂=本来の私」と「エゴ=従来の私」~』
      https://kowata0.com/words/relationship-between-enlightenment-and-awareness

    • O. S. / 50代 / 男性 / 神奈川県 / 2020年1月より連続参加
    • 2020年 2月 14日

    木幡さん

    昨夜もありがとうございました。

    「純粋意識の直接伝達」の時間は特別に変化は感じられなかったのですが、その後から強烈な引き込みが起こっています。

    今日(翌日)も強烈な引き込みが継続していますので、継続して明け渡していきたいと思います。

    感謝です。

      • 木幡 等
      • 2020年 2月 14日

      >「純粋意識の直接伝達」の時間は特別に変化は感じられなかったのですが、その後から強烈な引き込みが起こっています。
      >今日(翌日)も強烈な引き込みが継続していますので、継続して明け渡していきたいと思います。

      とても良い意識状態です。

      「一時的な引き込み」や「継続的ではあるが穏やかな引き込み」は、瞑想時などにおいてもよくあることです。

      しかし今回の伝達後のような「絶え間なき強烈な引き込み」こそが、「意識としてのあなた」を「意識の根源」へと連れていってくれるのです。

      そこに努力はいりません。

      裏を返せば、「自力のみの努力」で『「意識の根源」への意識的帰還』、すなわち『悟り』を実現することはできません。

    • O. A. / 50代 / 女性 / 新潟県 / 2020年1月より連続参加
    • 2020年 2月 14日

    木幡様

    昨日はありがとうございました。

    「純枠意識の直接伝達」は、本当に癒(いや)しのエネルギーですね。

    最初に少し咳(せき)が出て、咳(せ)き込みましたが、その後は深い静寂した所でくつろいでいました。

    夜も、よく眠れました。

      • 木幡 等
      • 2020年 2月 14日

      >「純枠意識の直接伝達」は、本当に癒(いや)しのエネルギーですね。
      >最初に少し咳(せき)が出て、咳(せ)き込みましたが、その後は深い静寂した所でくつろいでいました。
      >夜も、よく眠れました。

      素晴らしいです。

      もっともっとその「深い静寂した場所」でくつろいでいてください。
      そして、たくさん眠ってください。

      そうすれば、身体も心も、もっともっと癒(いや)されていきます。
      「魂としてのあなた」そのものも、癒(いや)されていきます。

    • I. J. / 50代 / 女性 / 東京都 / 2019年12月より連続参加
    • 2020年 2月 14日

    木幡先生

    伝達、ありがとうございました。

    伝達が始まると、頭部にものすごい圧がかかり、リラックスしていきました。

    身体が透明になったような感覚になり、さらにとても爽快(そうかい)な気分になりました。

    最近は、1人で静かに過ごす時間が楽しみです。

      • 木幡 等
      • 2020年 2月 14日

      >伝達が始まると、頭部にものすごい圧がかかり、リラックスしていきました。

      とても重要なことです。

      >身体が透明になったような感覚になり、さらにとても爽快(そうかい)な気分になりました。

      とても良いことです。

      なぜなら、「魂としてのあなた」は、形もなく透明だからです。
      伝達時におけるその時のあなたは、『「魂としてのあなた」として、ただ在ること』ができているからです。

      そのような「魂としての自然な在り方」、またはそのような意識状態を日常生活に持ち込み、さらには永続化させていくことが、これからのテーマとなります。

    • K. Y. / 38歳 / 男性 / 神奈川県 / 2020年1月より連続参加
    • 2020年 2月 14日

    木幡先生

    昨夜の直接伝達、ありがとうございました。

    昨夜も、乳白色の美しいまろやかな液体に満たされていくような感覚がありました。
    この、まろやかでたゆとうような感じは乳児を抱いておるような、もしくは赤子のころ味わっていた感覚であるような気がいたしました。

    私は、日常においては想念の攻撃に為す術もなく降参しています。
    本来ならば城の主人であるべきものが、家来にこき使われているような、まさに主従逆転しているという情けない状態であります。

      • 木幡 等
      • 2020年 2月 15日

      >私は、日常においては想念の攻撃に為す術もなく降参しています。
      >本来ならば城の主人であるべきものが、家来にこき使われているような、まさに主従逆転しているという情けない状態であります。

      素晴らしいです。
      そのような自覚があるということが、想念からの解放におけるスタートなのです。
      悪いことではありません。

    • がっくりさん orz / 40代 / 女性 / 京都府 / 2019年12月より連続参加
    • 2020年 2月 14日

    木幡先生

    昨日の伝達、ありがとうございました。

    伝達時は意識がどんどん拡大し、重厚になり、従来の私に覆(おお)いかぶさってくるようでした。

    翌日は、「注意の分割」状態が前日までに比べ、はるかに継続するようになり、先生の記事(『断片的な走り書き11』『断片的な断片的な走り書き15』『無心ということ~「絶対的無心」と「条件的無心」』)を読んだことをきっかけに、

    ・想念を離して「見る」ことができるようになり、
    ・今まで想念を相手に戯(たわむ)れていた「想念中毒」だったこと、
    ・身体の快不快に由来する想念に自身が動かされていたこと、
    ・本来の私は想念を必要としていないこと、

    に、よりはっきり気づくことができました。

    翌日の夕方には、仕事をしながらも深い安らぎを感じました。

    貴重な伝達をありがとうございました。

      • 木幡 等
      • 2020年 2月 16日

      >翌日は、「注意の分割」状態が前日までに比べ、はるかに継続するようになり、先生の記事(『断片的な走り書き11』『断片的な断片的な走り書き15』『無心ということ~「絶対的無心」と「条件的無心」』)を読んだことをきっかけに、
      >・想念を離して「見る」ことができるようになり、
      >・今まで想念を相手に戯(たわむ)れていた「想念中毒」だったこと、
      >・身体の快不快に由来する想念に自身が動かされていたこと、
      >・本来の私は想念を必要としていないこと、
      >に、よりはっきり気づくことができました。

      そのように、「エネルギー的変容」は「意識としてのあなたの在り方の変容」すなわち「意識状態の変容」を促(うなが)し、さらにそのことによって「理解の変容」へとつながっていきます。

      とても良いことです。

      参照記事:
      『断片的な走り書き11』
      https://kowata0.com/words/proverbs11
      『断片的な走り書き15』
      https://kowata0.com/words/proverbs15
      『無心ということ~「絶対的無心」と「条件的無心」~』
      https://kowata0.com/words/about-mushin

    • K. K. / 50代 / 男性 / 大阪府 / 2018年11月より連続参加
    • 2020年 2月 15日

    木幡先生

    「純粋意識の直接伝達」ありがとうございました。

    今回も開始時間の時は大変眠たく、うつらうつらしていました。

    翌朝は、ヘッドセンターが強化され、まったりとした感覚が加わっていました。

      • 木幡 等
      • 2020年 2月 16日

      >今回も開始時間の時は大変眠たく、うつらうつらしていました。
      >翌朝は、ヘッドセンターが強化され、まったりとした感覚が加わっていました。

      今のあなたは、特にエネルギー的に大きな変容の時期でありますので、その結果、疲れやすくもあり眠くもなりやすいのです。
      そのような観点からいたしますと、悪いことではありません。

      たくさん睡眠をとられてください。

    • M. T. / 40代 / 女性 / 愛知県 / 2020年1月より連続参加
    • 2020年 2月 15日

    木幡先生

    ありがとうございました。

    頭の中に白い光が点滅し、またその光が放射線状に広がってゆくようでした。

    純粋意識の伝達中は、気づくといつも軽く微笑んでいます。
    不思議な、幸せな感覚です。

    後半は眠ってしまいました。

      • 木幡 等
      • 2020年 2月 16日

      >頭の中に白い光が点滅し、またその光が放射線状に広がってゆくようでした。
      >純粋意識の伝達中は、気づくといつも軽く微笑んでいます。
      >不思議な、幸せな感覚です。

      今も「癒(いや)し」と「浄化」が続いているようです。
      それは内なる家を建てるための基礎工事のようなものです。
      そして、基礎工事が完了すれば、内なる家の建設、すなわち「目覚め」においての働きかけに自動的に変わってきます。

      >後半は眠ってしまいました。

      「癒(いや)し」や「浄化」の時期は、眠くなるくらいにくつろいでお受けになられることで、伝達されたエネルギーの流れを良くしますので、「癒(いや)し」や「浄化」を促進いたします。

      直接伝達をお受けになられ、さらにその後にゆっくりお眠りになられることで、さらに「癒(いや)し」と「浄化」が進んでいくのです。

      そのような観点からいたしますと、「理想的な受けとり方」をなさっておられます。
      とても良いです。

    • S. Y. / 50代 / 女性 / 東京都 / 2018年11月より連続参加
    • 2020年 2月 15日

    木幡先生

    伝達では、均衡理論を実感しておりました。
    高次の集中とくつろぎの共存・・・
    両者が強くあり、かつバランスが保たれているのを特に感じておりました。

    伝達時間の終わり頃、非常に強力な伝達がありました。
    私はぎりぎり座っているので精一杯でした。

    脳がフリーズしたようでした。
    気を失ったといえるかもしれません。

    倒れるように横になると、胸やみぞおちが強く反応していました。
    胸やみぞおちに手をのせて、優しいものに暖かく包まれて、眠りました。

    密度の濃い伝達をありがとうございました。

      • 木幡 等
      • 2020年 2月 16日

      >伝達時間の終わり頃、非常に強力な伝達がありました。
      >私はぎりぎり座っているので精一杯でした。
      >脳がフリーズしたようでした。
      >気を失ったといえるかもしれません。

      上記のご感想、または今回の伝達内容から考えましても、おそらくそれは「強度の引き込み」によるものです。

      「自己意識としてのあなた」が、より明晰かつ堅固なものとなれば、「強度の引き込み」や「突発的な引き込み」等におきましても、「気を失うこと」すなわち「気づきを失うこと」=「気づきとしてのあなたが眠ってしまうこと」も減ってきます。

      このことは、全ての生徒において、もちろんあなたにとっても新たなチャレンジとなります。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

天使の集い

作曲・編曲・演奏・打ち込み:木幡 等

おすすめの記事





人気のある記事:BEST3



言葉による伝達 ノーコンタクト