「ヘッドセンターの直接伝達 2020.05.26」:「参加者の声」と「個別コメントによる伝達」

この記事は2020.5.28、15:45更新たしました。

更新内容

木幡の体調不良へのお気遣いはご不要ですので、ご遠慮なさらずコメントをお寄せください。

この記事下のコメント欄に、5名の参加者様から「ご感想のコメント」をいただきました。

「個別コメントによる伝達」を掲載いたしました。

コメント未記入の参加者様からのご感想もお待ちいたしております。

初参加の方々も、「参加者の声」をお寄せください。

「ヘッドセンターの直接伝達」に初めて参加される方へ

直接伝達時におきまして、特に初参加の時などは、緊張や気負いなどにより想念や感情に巻き込まれやすくなるため、自覚できるほどの大きな変化や効果を感じれない方もいらっしゃるようです。

ですが、それを二回、三回と続けていくうちに、緊張や気負いなどもなくなり慣れてきます。

 

また、初めは自覚できるほどの変化や効果は感じられなかったにしましても、その伝達はあなたの意識内に浸透していきます。

翌日の効果や変容のみならず、継続参加されることにより、やがては明らかに自覚できるほどの効果や変容が生じてくるはずです。

すぐ下の「参加者の声」をご参照ください。

 

「参加者の声」

 

コメント欄へのご感想コメントについて

ヘッドセンターの直接伝達」において、直接伝達の受けとり方は、人によって様々であり、受け手の意識状態によって異なります。

 

そして、同じ1人の受け手におきましても、その日の身体やエネルギー的なコンディション等によって、毎回毎回、受けとった時の印象や感覚が変わってくることもあります。

 

また、私は毎回の「ヘッドセンターの直接伝達」におきましては、集中のエネルギーヘッドセンターへの放射をベースに、その時々により、その他の様々な要素の比重を変化させております。

時にはヒーリングによる浄化の効果を強めたり、ハートの浄化や活性化における働きかけの要素を強めたり、引き込みへの働きかけを強めたり、などといったように・・・

 

ですから、その日の伝達において何を受けとったかということにおきまして、正しい答えはありません。

あなたが感じた率直なご意見をお聞かせください。

 

コメント欄へのご感想コメントの書き方について

【事務局より】

次回のヘッドセンターの直接伝達」をお受けになられてのご感想のコメントは、こちらの記事下のコメント欄にお願いいたします。

コメントは当事務局側からの承認制となっておりますので、お書きになられたコメントは、記事上にすぐに反映はされません。

 

コメント欄からのご質問につきましては受け付けておりませんので、木幡へのご質問がおありの方は、サイレンス・セッション特別セッション等での質疑応答のお時間にお尋(たず)ねくださいますよう、よろしくお願いいたします。

さらに理解を深めたいという方は、会員専用記事をお読みになられることをおすすめいたします。

 

なお、直接伝達による効果に直接由来しない体験等に関するコメントにおきましては、読者を混乱させてしまうことが予想されるため、こちらで該当箇所を削除させていただく場合がございます。

また、一般読者に伝わりにくい表現などにつきましては、こちらで修正させていただく場合がございます。

当然のことではございますが、当方や読者様方への常識的な礼儀やマナーを欠いたコメントは掲載いたしかねます。

ご了承ください。

 

コメントご記入の際は、

お名前を本名または大文字のイニシャル表記(姓のアルファベット. 半角スペース 名のアルファベット. / 例:木幡等 → K. H.)で、

また、誠にお手数ではございますが、木幡がコメント欄からの発言者のことを把握しやすくするためと共に、他の読者様のご参考になりますよう、

「年齢または年齢層」「性別」「お住いの都道府県等」「(ノーコンタクト・セッションにおいての)参加状態」の表記もお願いいたします。

(例1:K. H. / 5歳 / 男性 / 島根県 / 今月より初参加)

(例2:H. K. / 30代 / 女性 / ロサンゼルス / 2018年11月より連続参加)

表記がない場合は、こちらで記入させていただきます。

 

同業者の方のお名前の掲載は、自身の宣伝のためなどといった不純な動機でのコメントにより、読者を混乱させてしまうケースが起こり得るため、イニシャル表記に修正させていただく場合がございます。

なお、コメント記入時にご記入されたメールアドレスやURLは公開されませんので、ご安心ください。

 

伝達時間

○○:○○~○○:○○

 

 

6月期の伝達がそろそろスタートします。特別増員枠にわずかながら空席がございます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

  1. 元気出せよ!~「ノーコンタクトでの直接伝達 2020.04.05」~

  2. 2019年2月期「ノーコンタクトでの直接伝達:第1回目」:「参加者の声…

  3. 「ヘッドセンターの直接伝達 2020.01.28」:「参加者の声」と「…

  4. 「純粋意識の直接伝達 2020.04.09」:「参加者の声」と「個別コ…

  5. 12月期・ノーコンタクトでの直接伝達(全4回):「参加者の声」第2回目…

  6. 「ヘッドセンターの直接伝達 2020.03.10」:「参加者の声」と「…

  7. 「ヘッドセンターの直接伝達 2019.12.17」:「参加者の声」と「…

  8. 「純粋意識の直接伝達 2020.05.28」:「伝達時間の告知」

コメント

    • K. K. / 50代 / 男性 / 大阪府 / 2018年11月より連続参加
    • 2020年 5月 26日

    木幡先生

    「ヘッドセンターの直接伝達」誠にありがとうございました。

    伝達される時間のだいぶ前から、前部ヘッドセンターにかなりの強さで感覚が生じていました。

    開始時間の5分前になるとそれはさらに強くなり、伝達時間になると後部ヘッドセンターにも拡大される感じがしました。

    途中において、再び前部ヘッドセンターにエネルギーが集中的に来る感じがしました。

    今日は少し想念の去来があり、ごくわずかに眠くなり、少々時間が長く感じられる時もありました。

    終了後は前部ヘッドセンターの感覚がとても強く感じられます。

    本日も、誠にありがとうございました。

      • 木幡 等
      • 2020年 5月 28日

      >伝達される時間のだいぶ前から、前部ヘッドセンターにかなりの強さで感覚が生じていました。
      >開始時間の5分前になるとそれはさらに強くなり、伝達時間になると後部ヘッドセンターにも拡大される感じがしました。

      ”今回私が伝達したものを、素直にそのままお受けとりになられている”という意味において、完璧です。

    • I. H. / 40代 / 男性 / 栃木県 / 2020年2月より連続参加
    • 2020年 5月 27日

    師匠

    ありがとうございました。

    私は昨日、一日中ヘッドセンターの感覚を強く感じていました。

    外回り仕事での運転の際も、前よりも強く感じようになりました。
    待ち時間にはヘッドセンターと内なる音にゆだねて休憩しています。

    伝達時間帯はあまり集中できない状況だったものの、最後の5分程はよく感じとれた思います。
    しかし、まだまだ集中が弱いのではと思います。

    <言葉による伝達>を読ませていただき、悟りという病、「悟りという夢」を見続けている夢遊病者とは、まさに私のことだと理解しました。
    想念(想念と自己同一化した私)には決して捉えることのできないものを、想念(想念と自己同一化した私)が想念の中で探し続けていました。
    なんて悲劇でしょう。
    しかも、この悲劇が笑えるのは自作自演なところです。

    いつもハードボイルドで、なのに繊細で、慈悲に溢れる(また、お笑いの要素まである(笑))アドバイスをありがとうございます。

    本物の聖なるものは、上から下へ伝達されるものだと思っています。
    私は、からっぽな器になりたいです。

      • 木幡 等
      • 2020年 5月 28日

      >いつもハードボイルドで、なのに繊細で、慈悲に溢れる(また、お笑いの要素まである(笑))アドバイスをありがとうございます。

      『私』は一つでありますが、それぞれの読者の内部に生じる『行為者としての私のキャラクターイメージ』は、それとは異なります。

      なぜなら知性や感受性によって『私』を捉えることなどできないからです。

      また、伝達の道具としての『行為者(俳優)としての私』は一人ではないからです。

      俳優ならば演じる役のバリエーションが大いほど、俳優としての表現の幅は広がります。
      伝達のための道具は多くそろっているに越したことはありません。
      伝達のための表現方法は多い方がいいのです。

      ですから、生徒たちおよび私自身もが『行為者としての私のキャラクターイメージ』にとらわれてしまうことがないよう、キャラクターイメージができあがっては壊し、また新たなキャラクターイメージができあがっては壊すということを、最近は特に心がけております。

      >本物の聖なるものは、上から下へ伝達されるものだと思っています。
      >私は、からっぽな器になりたいです。

      よくわかってるね。

    • S. Y. / 50代 / 女性 / 東京都 / 2018年11月より連続参加
    • 2020年 5月 27日

    木幡先生

    いつもお世話になります。

    昨日はまず、とびきり軽やかな、明るいエネルギーが頭の内側に訪れました。
    主に後部ヘッドセンターが活性化されているようでした。

    その後、前部ヘッドセンターのエネルギーが強くなっていきました。

    再び後部ヘッドセンター活性化してくると、それまでの静けさがさらに深まってきました。

    伝達翌日の今日も、頭部に強いエネルギーの動きを感じています。

    「純粋意識の直接伝達 2020.05.21」では、ご指導のコメントをありがとうございました。
    はい。今回は素直な気持ちで受けました。
    勝手なことをしないよう、気をつけました。

    「言葉による伝達」をありがたく拝読いたしております。
    そのことに感謝しつつ、先生の睡眠不足を案じてもおります。

    誠にありがとうございました。

      • 木幡 等
      • 2020年 5月 28日

      ありがとね・・・

      『恩寵を届ける配達人として人生を捧げている私』の誰にも言えない苦労、言ったところで誰にも理解されない痛みなどというものを、あなたが一番よく知ってくれている。
      そのような意味で、あなたにはとても感謝しています。

      お陰様で、昨夜はゆっくりと眠ることができたよ。

      毎日の睡眠時間が数時間といった生活が続く中で、食事をとることもなく24時間ぶっ通しで記事を書き続けていたのは久しぶりです。
      このサイトを立ち上げた頃以来です。

      しかし、男には『やるべき時』というものがございますので、私はやるしかないのです。
      肩が痛かろうとも、眠かろうとも、どんなことがあろうとも、私なりの命の燃やし方というものを続けていくしかないのです・・・

    • I. D. / 40代 / 男性 / 宮崎県 / 2019年12月より連続参加
    • 2020年 5月 27日

    木幡等先生

    いつもありがとうございます。

    昨日の「ヘッドセンターの直接伝達」は集中しにくい状況ではあったのですが、かなり伝達の力が増しているように感じられました。

    上半身がうねり、旋回し、操り人形状態になりました。

    そのことに気づいている意識そのものは、とても明晰なのですが、一言でいうなればわかりやすい:強烈:な伝達でした。

    また、このところ本当に、日々を穏やかに過ごすことができています。
    物事のすべての背後に静寂と純粋さを感じ、あわただしい日常の中でも「静かだな~」と独り言を言う機会が増えました。
    これが客席の静けさなのか、それとも勘違いなのか、とくに自己判断はしていないのですが、自分自身の内なる穏やかさや純粋さに常に気づいていられことがありがたいです。

      • 木幡 等
      • 2020年 5月 28日

      >上半身がうねり、旋回し、操り人形状態になりました。
      >そのことに気づいている意識そのものは、とても明晰なのですが、一言でいうなればわかりやすい:強烈:な伝達でした。

      それだけ強烈なエネルギー状態になっても、明晰な意識を保ち続けていれるということは、とても大事なことです。
      良いです。

    • 木幡 等
    • 2020年 5月 27日

    なるほど・・・(^^♪

    もう少し、他の方々のコメントも見てみたい。
    お待ちいたしております。

    連日にわたる睡眠不足で、そろそろ本気で眠くなってきたよ(笑)
    まだ寝ないけどね・・・

    • I. J. / 50代 / 女性 / 東京都 / 2019年12月より連続参加
    • 2020年 5月 28日

    木幡先生

    いつもありがとうございます。

    伝達の開始時刻頃より眉間に意識が向かい、その後、後頭部に意識が向いて身体がリラックスしていきました。

    このところ長時間にわたる「引き込み」があり、何かをすることも億劫(日常の生活には支障ない)になってしまいました。

      • 木幡 等
      • 2020年 5月 28日

      意識を保ちながら、ただその『引き込み』にゆだね、そのまま静かに明け渡しを続けられるとよろしいかと思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめの記事





人気のある記事:BEST3



言葉による伝達 直接伝達