1. HOME
  2. ノーコンタクト・セッション:参加者の声
  3. 「ヘッドセンターの直接伝達 2020.05.19」:「参加者の声」と「個別コメントによる伝達」
ノーコンタクト・セッション:参加者の声

「ヘッドセンターの直接伝達 2020.05.19」:「参加者の声」と「個別コメントによる伝達」

この記事は2020.5.21、8:37更新たしました。

更新内容

木幡の体調不良へのお気遣いはご不要ですので、ご遠慮なさらずコメントをお寄せください。

この記事下のコメント欄に、6名の参加者様から「ご感想のコメント」をいただきました。

「コメントによる伝達」を掲載いたしました。

コメント未記入の参加者様からのご感想もお待ちいたしております。

初参加の方々も、「参加者の声」をお寄せください。

 

「ヘッドセンターの直接伝達」に初めて参加される方へ

直接伝達時におきまして、特に初参加の時などは、緊張や気負いなどにより想念や感情に巻き込まれやすくなるため、自覚できるほどの大きな変化や効果を感じれない方もいらっしゃるようです。

ですが、それを二回、三回と続けていくうちに、緊張や気負いなどもなくなり慣れてきます。

 

また、初めは自覚できるほどの変化や効果は感じられなかったにしましても、その伝達はあなたの意識内に浸透していきます。

翌日の効果や変容のみならず、継続参加されることにより、やがては明らかに自覚できるほどの効果や変容が生じてくるはずです。

すぐ下の「参加者の声」をご参照ください。

 

「参加者の声」

 

コメント欄へのご感想コメントについて

ヘッドセンターの直接伝達」において、直接伝達の受けとり方は、人によって様々であり、受け手の意識状態によって異なります。

 

そして、同じ1人の受け手におきましても、その日の身体やエネルギー的なコンディション等によって、毎回毎回、受けとった時の印象や感覚が変わってくることもあります。

 

また、私は毎回の「ヘッドセンターの直接伝達」におきましては、集中のエネルギーヘッドセンターへの放射をベースに、その時々により、その他の様々な要素の比重を変化させております。

時にはヒーリングによる浄化の効果を強めたり、ハートの浄化や活性化における働きかけの要素を強めたり、引き込みへの働きかけを強めたり、などといったように・・・

 

ですから、その日の伝達において何を受けとったかということにおきまして、正しい答えはありません。

あなたが感じた率直なご意見をお聞かせください。

 

コメント欄へのご感想コメントの書き方について

【事務局より】

次回のヘッドセンターの直接伝達」をお受けになられてのご感想のコメントは、こちらの記事下のコメント欄にお願いいたします。

コメントは当事務局側からの承認制となっておりますので、お書きになられたコメントは、記事上にすぐに反映はされません。

 

コメント欄からのご質問につきましては受け付けておりませんので、木幡へのご質問がおありの方は、サイレンス・セッション特別セッション等での質疑応答のお時間にお尋(たず)ねくださいますよう、よろしくお願いいたします。

さらに理解を深めたいという方は、会員専用記事をお読みになられることをおすすめいたします。

 

なお、直接伝達による効果に直接由来しない体験等に関するコメントにおきましては、読者を混乱させてしまうことが予想されるため、こちらで該当箇所を削除させていただく場合がございます。

また、一般読者に伝わりにくい表現などにつきましては、こちらで修正させていただく場合がございます。

当然のことではございますが、当方や読者様方への常識的な礼儀やマナーを欠いたコメントは掲載いたしかねます。

ご了承ください。

 

コメントご記入の際は、

お名前を本名または大文字のイニシャル表記(姓のアルファベット. 半角スペース 名のアルファベット. / 例:木幡等 → K. H.)で、

また、誠にお手数ではございますが、木幡がコメント欄からの発言者のことを把握しやすくするためと共に、他の読者様のご参考になりますよう、

「年齢または年齢層」「性別」「お住いの都道府県等」「(ノーコンタクト・セッションにおいての)参加状態」の表記もお願いいたします。

(例1:K. H. / 5歳 / 男性 / 島根県 / 今月より初参加)

(例2:H. K. / 30代 / 女性 / ロサンゼルス / 2018年11月より連続参加)

表記がない場合は、こちらで記入させていただきます。

 

同業者の方のお名前の掲載は、自身の宣伝のためなどといった不純な動機でのコメントにより、読者を混乱させてしまうケースが起こり得るため、イニシャル表記に修正させていただく場合がございます。

なお、コメント記入時にご記入されたメールアドレスやURLは公開されませんので、ご安心ください。

 

伝達時間

○○:○○~○○:○○

 

 

先着順で6月期のご予約を受け付けております。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • コメント ( 13 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. K. K. / 50代 / 男性 / 大阪府 / 2018年11月より連続参加

    木幡先生

    「ヘッドセンターの直接伝達」、誠にありがとうございました。

    今回は終始「直接伝達」という感じで受けとらせて頂きました。

    ヘッドセンターの芯(しん)を直接伝達をしていただいているような、その芯(しん)からエネルギーが湧(わ)いてくるような・・・

    とても強いエネルギーに感じ、それが20分間延々と続いていくようで、地味で平坦ゆえに、途中で意識が切れそうで、かなりやばかったです。

    終わってみれば、ヘッドセンターにエネルギーが充満している感じが凄いです。

    本日も、誠にありがとうございました。

    • 木幡 等

      >ヘッドセンターの芯を直接伝達をしていただいているような、その芯からエネルギーが湧(わ)いてくるような・・・
      >とても強いエネルギーに感じ、それが20分間延々と続いていくようで、地味で平坦ゆえに、途中で意識が切れそうで、かなりやばかったです。

      とても良く受けとっておられます。

      その芯(しん)こそが大切なのです。

  2. M. T. / 40代 / 女性 / 愛知県 / 2020年1月より連続参加

    木幡先生

    今回は「何かを感じとろうとして力まないこと」「信頼して身をゆだねるということ」を意識しました。

    いつもならハートを中心に身体やチャクラがぐわんぐわんと回る事が多いのですが、今回は後頭部を中心にグルグルと回っておりました。
    後頭部に意識が集中し、そこにエネルギーの塊がドン!とあるような・・・

    頭部に圧がかかる感じや、後頭部に意識が移動するような感覚はこれまでにもありましたが、今回のように感じたのは初めての経験でした。

    後半は「自分の身体が消え、存在だけがある」という感覚でした。

    途中意識が飛びそうになりましたが、何とか最後まで起きていることができました。

    純粋意識との接触に比べてヘッドセンターは感じることが難しく少々苦手意識もありましたが、今回の変化は嬉しかったです。

    ありがとうございました。

    • 木幡 等

      >いつもならハートを中心に身体やチャクラがぐわんぐわんと回る事が多いのですが、今回は後頭部を中心にグルグルと回っておりました。
      >後頭部に意識が集中し、そこにエネルギーの塊がドン!とあるような・・・

      その通りです。
      今回はエネルギーを大きく動かすことなく、(後部ヘッドセンターも含めた)ヘッドセンターだけにひたすら放射し続けたのです。

  3. I. J. / 50代 / 女性 / 東京都 / 2019年12月より連続参加

    木幡先生

    いつもありがとうございます。

    昨日も伝達開始時刻前から、強く引き込まれていました。
    テレビを見ていたら急に笑ってしまい・・・
    先生やりましたね(笑)
    とにかく引き込まれ、少し落ち着くと上半身が暑くなっていました。

    日曜日の朝、窓の外を見ていたら、あの青空のように私も空っぽでした。
    想念が無い訳ではありませんが、以前のようにそこから展開することがなく、たまにほんの微かに同一化が起こるようです。

    不安も恐怖も感情も知識もトラウマもブロックも価値観も、みんなみんな超えていくのですね。

    • 木幡 等

      >不安も恐怖も感情も知識もトラウマもブロックも価値観も、みんなみんな超えていくのですね。

      そう。

      不安や恐怖・・・
      そんなもん、ほっときゃいいんだ。

      自己探求をするには、人生はあまりにも短かすぎる。
      そんなもんの相手をしている暇などないよ。

  4. I. D. / 40代 / 男性 / 宮崎県 / 2019年12月より連続参加

    木幡等様

    いつもありがとうございます。

    昨日の「ヘッドセンターの直接伝達」は開始前から座ると、伝達中によく感じる周囲の空気密度が上昇する様子があり驚きました。

    先週の「ヘッドセンターの直接伝達」とは違い、肉体が動くことはほとんどありませんでしたが、脳内に多彩な変化が起きていることはとても感じられました。

    ただ、その感触を言語化することが難しい。
    何といえばよいのか。
    脳の(ヘッドセンターの)出力上昇のための改良が行われているような・・・

    今日(翌日)は、おそろしく穏やかです。

    日常的な仕事を行い、他者と会話を交わしつつ、そんな中でも感情や感覚や思考の観察者よりもさらに根源に近いところへの意識が芽生えています。

    そこからの自己への視線を感じるとともに、そこの圧倒的な静謐(せいひつ)さに驚きます。

    そこへの意識やそこに気づいていられることが今の自分にとって、何を失っても失いたくない対象として感じられます。

    うまく言語化できているかどうか、正直わかりませんが感じるままにご連絡いたします。

    丁寧で的確な個別コメントも、いつもありがとうございます。

    • 木幡 等

      たしかに今回の伝達については、言語化が難しいでしょ?
      シンプルであったがゆえにね。
      『ヘッドセンターの直接伝達』としても、とても良い伝達だったと思うよ。

  5. S. Y. / 50代 / 女性 / 東京都 / 2018年11月より連続参加

    木幡先生

    いつもお世話になります。

    開始時間になった頃、強烈な磁石に吸い付けられるように、頭部が上へと大きく引っ張られるような感覚となりました。
    引っ張られつつも頭の中心部からはエネルギーが湧(わ)き出ていて、そのエネルギーの力により、頭部への留意は無理なく穏やかに生じておりました。

    しばらくして、その上昇エネルギーは落ち着きました。

    また、そのような強い伝達の中にも明るさや優しさが感じられ、気持ちがとても安らいでいきました。

    ですが昨日は仕事でかなり疲れており、残念ながら残り数分で横になってしまいました。

    伝達を誠にありがとうございました。

    • 木幡 等

      >開始時間になった頃、強烈な磁石に吸い付けられるように、頭部が上へと大きく引っ張られるような感覚となりました。
      >引っ張られつつも頭の中心部からはエネルギーが湧(わ)き出ていて、そのエネルギーの力により、頭部への留意は無理なく穏やかに生じておりました。
      >しばらくして、その上昇エネルギーは落ち着きました。

      やはり何かの原因によって、あなたのエネルギーが下がっていたのだろうね。
      まぁ誰にも、そんな時はありますよ。

  6. I. H. / 40代 / 男性 / 栃木県 / 2020年2月より連続参加

    師匠

    ありがとうございました。

    今回、また気持ちを新たにして、ヘッドセンターへの集中が途切れないよう意識して臨(のぞ)みました。

    伝達が始まると、今までにないヘッドセンターへの深い集中状態を経験することができたと思います。

    翌朝、目が覚めると整体を受けた後の揉(も)み返しのように全身に気怠(けだる)さを感じました。
    本日は一日中、ほんわかしてました。
    (今日はなんか、うまく文章がまとまりません。)

    昨日掲載された『断片的な走り書き18』の【勉強としての読書において】を読み、読書について考えました。

    参照記事 :『断片的な走り書き18』
    https://kowata0.com/words/proverbs18

    探求の上でたくさんの本を読んできました。
    今読み返して、より深い意味に気がついて感動するものもあれば、あまり意味がなかったものもあります(笑)

    言語から空や無我を体験しようと「龍樹(りゅうじゅ)の中論」を読んだり、時間の非実在を知的に理解すれば少しは悟れるのではないかと、現代物理学、量子力学に挑戦してみたりと・・・
    その他、いろいろと挑戦して敗れてきました。

    いずれにせよ探求が「ただの知識レベルや想念としてのもの」であったり、「人間(行為者や思考者)としての私が、いずれ何か悟りみたいなものを獲得するという期待」の上にあった時期の読書は、永遠の牢獄(ろうごく)に閉じ込められているようなものだったかもしれません。

    ただ、そんな時期でもニサルガダッタ・マハラジの対話集は、全編が詩のように美しくて愛に溢れていてハートにしみます。
    私をいつも狭い場所から連れ出してくれました。
    また読み返してみようと思います。

    次回も事前に気合を入れすぎてしまうと微細な感覚が感じにくくなるので、そのあたりを注意しつつ、また師への帰依の気持ちをより高めつつ臨みたいと思います。

    宜しくお願いいたします。

    • 木幡 等

      >翌朝、目が覚めると整体を受けた後の揉(も)み返しのように全身に気怠(けだる)さを感じました。
      >本日は一日中、ほんわかしてました。
      >(今日はなんか、うまく文章がまとまりません。)

      良いよ、良いよ。
      効いてるね・・・

      詳しくは以下の記事に書いておいたよ。

      参照記事 :『直接伝達後の「身体の声」は「魂の声」を反映している。』
      https://kowata0.com/words/the-voice-of-the-body-after-direct-transmission-reflects-the-voice-of-the-soul

  7. 木幡 等

    【コメントによる伝達】
    今回の伝達におきましては、最初から最後までひたすら『ヘッドセンター』から働きかけ続けました。
    ですが、もちろん前部ヘッドセンター(サードアイ・チャクラ)から後部ヘッドセンター(クラウン・チャクラ)への放射も含め多次元的に働きかけておりますので、お受けになられている時の感覚や意識状態の変容には個人差があるでしょう。

    そのような意味におきまして、今回の伝達は『高次の自己の目覚め』における最も大切なエッセンスを凝縮した直接伝達であったということができます。

    今回の『ヘッドセンターの直接伝達』という単品のスープには、甘みがあり、その他にも酸味や辛みなどもあり、様々な香りもあります。

    ですが、甘みに敏感な人は、より甘さを感じ、酸味に敏感な人は、より酸味を感じるといったように、感じ方は様々であったことだと思います。

    なお今回の『個別コメントによる伝達』は、いつもとは趣向を変えて、単体記事として本日19:00に掲載する予定です。
    「お一人様への個別コメント」という体裁をとっておりますが、単体記事として掲載する形となるがゆえ、普遍性をもった内容の濃いものに仕上げております。
    それゆえ全ての参加者様にとりまして、有益なものとなるはずです。
    掲載まで今しばらくお待ちください。