「透明で純粋な心」それが「本当のあなた」

O. Y.様/48歳/女性/千葉県在住/探究歴:1.5年

以下のご感想は、O. Y.様から事務局宛(あて)に頂いたメールでのご感想を、ご本人のご許可をいただいて掲載させていただいたものであります。

目次

  1. 2018年11月4日/直接対面での個人セッション
  2. 木幡先生について
  3. 2019年4月2~4日/3日間の特別セッション

 

2018年11月14日/直接対面での個人セッション/第1回目を終えて

私はラマナ・マハルシが大好きで、ある日、「ラマナ・マハルシの画像を見よう!」と久しぶりにパソコンを開きました。

そしてインターネットでラマナ・マハルシを検索していると、なぜか木幡先生の記事を開いていたのです。

 

私は、そこに映っていた先生のお写真をじっと見つめていました。

私の内から溢れてくる印象がありました。

「何を見ていらっしゃるのだろう・・・」と思いました。

さらに記事を読み進めていくと、「強さ」そして「真の心」のようなものを見た気がしました。

 

そして、「どうしたら会えるのか?」と思い、セッションを申し込ませていただきました。

 

実際にお会いした木幡先生は、やわらかな笑顔で迎えてくださいました。

私の抱いていた印象はどこへ・・・。

 

「沈黙による直接伝達」の時に、私の抱いていた印象がわかりました。

私が先生の瞳孔をじっと見つめていると、グーっと引き込まれるのです。

 

そして私は、ただ静かなものに包み込まれていました。

 

後になって、初めて先生の写真を拝見した時、「何を見ていらっしゃるのだろう・・・」と謎であったその答えもわかりました。

その時、先生が見ていらしたものは、外的な「こちらの世界」ではなかったのです。

 

木幡先生について

私は表現力が極めて乏(とぼ)しので、先生との対話においても、よく言葉を探してしまったりするのですが、木幡先生は「相手の心を汲(く)み取ってくださること」がとても上手なので、私が言いたかったことを「○○ということだね?」と、私よりも先に言葉にしてくださいます。

先生は「相手の心を読むの」ではなく、「相手の心を汲(く)み取ってくださる」のです。

心を汲(く)み取ってくださるので、私の方としましては、とても心地よかったです。

 

2019年4月2~4日/3日間の特別セッション

2018年の11月、出雲で直接対面でのセッションを受けさせて頂き、その後、毎月1回のスカイプセッションを受けさせて頂いております。

そして今回は3日間の特別セッションを、はじめて受けさせて頂てきました。

 

直接対面での再会

久しぶりに直接対面でお会いした先生は、変わらぬ柔らかな笑顔で迎えて下さいました。

かわいいネコちゃんも、元気にお迎えしてくれました。

 

セッション

先生の臨在による温かさに懐かしさを感じながら、「他愛のないおしゃべり」は始まっていきました。

 

先生は心を汲(く)んでくださり、心を合わせてくださいます。

心を合わせてくださるから、私の方も「自然な心」へとなっていくような感じがします。

そうして、私はその「静かで安らかな心」を感じ続けておりました。

 

先生は「他愛のないおしゃべり」とおっしゃられておりますが、「他愛のないおしゃべり」の底流に流れ続けているものは「温かな静けさ」です。

その「温かな静けさ」こそが、先生の仰るところの「愛」なのだと思いました。

 

「他愛のないおしゃべり」によって、暖かな静けさが私の中にじんわりと沁(し)みわたっていた事に気がつきました。

そして、暖かな静けさの中に存在している私がいました。

 

先生は、「たとえゆっくりとでも着実に進む事」が大切な事だと知っていらっしゃるからこそ、私が気がつかなくても、気がついても、私の中に、じんわりと沁みわたらせる為に、ただ静かで、強く優しい揺るぎない愛を届けてくださっていたのだと思います。

 

「他愛ないおしゃべり」の相手を装っておられる先生は、私たちに「美しい愛の花」が咲くように、いつも「花の根」としても在り続けて下さっていました。

誰も気がつかない、誰も見ることがない「花の根」です。

 

「花」は「根」によって支えられています。

 

花の蕾(つぼみ)のような存在であるで私たちは、陽のあたらない土壌にありながらも、いつか花を咲かそうとしています。

花の根は、この充分ではない環境の中で、美しい花が咲くように、どこまでも根を張り、環境を整え、栄養を与え続け、支え続けてくれています。

花の根が、強く優しく、しなやかでなければ、美しい花は咲きません。

花が咲く事もありません。

 

健全な「花の根」がなければ、美しい花は育たない。

 

そのような「花の根」としての先生の愛は果てなく強い。

 

そう強く感じたのです。

 

「先生の臨在」により、じんわりと沁みわたったもの。

この「じんわりと沁みわたったもの」は、今でも私の中に在ります。

 

そのような「愛にふれた喜び」を感じ、過ごさせて頂いた3日間特別セッションでした。

 

美しく静かな時を共に過ごさせて頂き、ありがとうございました。

 

関連記事一覧

PAGE TOP