O. M. 様/スピリチュアル教師/50歳/男性/探求歴:31年

以下に掲載されているスカイプセッションのご感想は、個人情報の開示可能な範囲も確認の上、ご本人の許可を得て掲載しております。

 

ノーコンタクトでの直接伝達

※. 2018年から11月から2019年11月まで行われていた「ノーコンタクトのでの直接伝達」では、全4回において1回あたり1時間の直接伝達が行われておりました。

高次のエネルギーとの接触状態が1時間も続くことに慣れていない方がほとんどのため、現在のノーコンタクト・セッションでは伝達時間20分間にいたしております。

 

ノーコンタクトでの直接伝達 2018.11.04

ノーコンタクトでの直接伝達ありがとうございました。

 

受け取る準備を整えて、伝達が始まる数分前から座椅子に座っていましたが、時間になると伝達が始まったのがわかりました。

外側からエネルギーが流れてくるというより、内側から新たな別次元のものが生じてくるような感じがしました。

 

今回は、より繊細なものを受け取ったような実感があります。

しばらく座っていましたが、少し横になりたくなり、眠気はなかったので大丈夫だと思い、横になってくつろいでいましたが、いつの間にか意識が飛んでしまい、気がついたら20~30分ほど経っていました。

横になってからも眠気はなく、いつの間にか意識がなくなり、スッと戻ってきました。

夢も見ることなく、意識が戻ってからはとても鮮明になっていました。

 

伝達が終わってからもしばらく横になってくつろいでいました。

受け取ったものをより深く浸透させるためにくつろいでいましたが、より根本的なところに浸透していく感じがありました。

 

しばらく横になっていると、視覚的に見えてはいませんが、光が注がれているようでした。

あるいは元からある光が具現化してきたのかもしれません。

その光は根本から浄化をしてくれているのがわかりました。

伝達を受けている時や、その後浸透させている時も想念は色々と生じていましたが、あまり巻き込まれることなく、冷静に眺めていました。

そして普段がいかに想念に巻き込まれてしまっているか、改めてわかりました。

 

夏ごろセッションを受けてから純粋意識との接触が途絶えることはなく、それなりに進歩しているなと思っていましたが、今回ノーコンタクトでの直接伝達を受けて、日常でいかに想念に巻き込まれているかよくわかり、そのことに無自覚でいることを実感しました。

今現在は直接伝達を受けて想念に巻き込まれていない状態が本来の自分であり、巻き込まれている時は偽りの自分であることがハッキリわかります。

このことを日常で見失わないようにしたいと思います。

 

先ほども書きましたが、今回は新たな次元のものを受け取ったようで、その準備ができていたのかと思いました。

今までそれなりに修行や瞑想をしてきましたが、それまで行ってきたことや体験などまるで夢のようです。

今の状態こそが本来の自分に戻りつつあると確信が持てています。

 

(「ノーコンタクトでの直接伝達」が正式メニューとなったことにより、)今月は引き続き「ノーコンタクトでの直接伝達」が受けられるので、こんなにありがたいことはありません。

残りの伝達もどうぞよろしくお願いします。

 

ノーコンタクトでの直接伝達 2018.11.11

昨日は仕事中というグッドコンディションとは言えない状況でしたが、それでも伝達を受け取ることはできました。

仕事中なのでくつろいで受け取ることはできませんでしたが、寝てしまうことはないのでそれは良かったです。

 

伝達時間になった瞬間から、意識とエネルギーの変化がありました。

くつろいで受け取るよりも強さはなかったですが、伝達時間が終わるまで途切れることはありませんでした。

 

伝達を受けて色々と気づきがありましたが、印象に残っているのは、今まで色々と修行や瞑想上での体験がありましたが、それらと直接伝達で受け取るものを、無意識のうちに同程度のものとしてしまっていたことに気づきました。

そして今回改めて、今までの体験と直接伝達は次元の違うものだと確信しました。

 

想念はやはり色々浮かんできましたが、いつもの仕事中よりはずっと弱く、想念と本来の自分との違いを認識しやすかったです。

そして純粋意識が、深い部分を浄化してくれているのがわかりました。

 

次回はベストコンディションで受けられるので楽しみです。

よろしくお願いします。

 

2018年7月16日/スカイプ・セッション/第1回目を終えて

木幡様

『言葉による伝達』の記事は非常に参考になっています。

 

今日、以前からの探求仲間である友人と話していましたが、今回のスカイプセッションで私が変化したことも事前に感じ取っており、今日私と会ってそれが錯覚でなかったと言っていました。

 

その後、ある瞑想会があり、時間が空いていたので参加したのですが、形式的な瞑想ではやはり今までのような意識の変化やエネルギーの感じ方はありませんでした。

形式的な瞑想で感じられるものは、「純粋意識への明け渡し」でのものより粗雑であることが、今までよりはっきりしました。

 

そして瞑想会が終わってから電車でくつろいでいる時の方が、より純粋意識との接触を感じられました。

形式的な瞑想では、普段よりかえって想念が出てきてしまいますが、くつろいで純粋意識を感じている時は、あまり想念が浮いてきません。

 

そのようなことからも、私の在り方や長年続けてきた瞑想との関わり方などが大きく変化してきました。

 

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP