「透明で純粋な心」それが「本当のあなた」

「純粋意識の直接伝達 2020.08.13」:「参加者の声」と「言葉による伝達」

この記事は2020.8.16、14:57更新いたしました。

更新内容

この記事下のコメント欄に、6名の参加者様から「ご感想のコメント」をいただきました。

「言葉による伝達」を掲載し、さらに推敲いたしました。

コメント未記入の参加者様からのご感想もお待ちいたしております。

初参加の方々も、「参加者の声」をお寄せください。

「純粋意識の直接伝達」に初めて参加される方へ

直接伝達時におきまして、特に初参加の時などは、緊張や気負いなどにより想念や感情に巻き込まれやすくなるため、自覚できるほどの大きな変化や効果を感じれない方もいらっしゃるようです。

ですが、それを二回、三回と続けていくうちに、緊張や気負いなどもなくなり慣れてきます。

 

また、初めは自覚できるほどの変化や効果は感じられなかったにしましても、その伝達はあなたの意識内に浸透していきます。

翌日の効果や変容のみならず、継続参加されることにより、やがては明らかに自覚できるほどの効果や変容が生じてくるはずです。

すぐ下の「参加者の声」をご参照ください。

 

「参加者の声」

 

コメント欄へのご感想コメントについて

純粋意識の直接伝達」において、直接伝達の受けとり方は、人によって様々であり、受け手の意識状態によって異なります。

 

そして、同じ1人の受け手におきましても、その日の身体やエネルギー的なコンディション等によって、毎回毎回、受けとった時の印象や感覚が変わってくることもあります。

 

また、私は毎回の「純粋意識の直接伝達」におきましては、くつろぎのエネルギー純粋意識の流入をベースに、その時々により、その他の様々な要素の比重を変化させております。

時にはヒーリングによる浄化の効果を強めたり、ハートの浄化や活性化における働きかけの要素を強めたり、引き込みへの働きかけを強めたり、などといったように・・・

 

ですから、その日の伝達において何を受けとったかということにおきまして、正しい答えはありません。

あなたが感じた率直なご意見をお聞かせください。

 

なお「参加者の声」としてお寄せいただいたコメントは、「お客様の声」やその他の記事などに転載させていただく場合がございます。

ご了承ください。

コメント欄へのご感想コメントの書き方について

【事務局より】

次回の純粋意識の直接伝達」をお受けになられてのご感想のコメントは、こちらの記事下のコメント欄にお願いいたします。

コメントは当事務局側からの承認制となっておりますので、お書きになられたコメントは、記事上にすぐに反映はされません。

 

コメント欄からのご質問につきましては受け付けておりませんので、木幡へのご質問がおありの方は、ダイアローグ・セッション特別セッション等での質疑応答のお時間にお尋(たず)ねくださいますよう、よろしくお願いいたします。

さらに理解を深めたいという方は、有料記事をお読みになられることをおすすめいたします。

 

なお、直接伝達による効果に直接由来しない体験等に関するコメントにおきましては、読者を混乱させてしまうことが予想されるため、こちらで該当箇所を削除させていただく場合がございます。

また、一般読者に伝わりにくい表現などにつきましては、こちらで修正させていただく場合がございます。

当然のことではございますが、当方や読者様方への常識的な礼儀やマナーを欠いたコメントは掲載いたしかねます。

ご了承ください。

 

コメントご記入の際は、

お名前を本名または大文字のイニシャル表記(姓のアルファベット. 半角スペース 名のアルファベット. / 例:木幡等 → K. H.)で、

また、誠にお手数ではございますが、木幡がコメント欄からの発言者のことを把握しやすくするためと共に、他の読者様のご参考になりますよう、

「年齢または年齢層」「性別」「お住いの都道府県等」「(ノーコンタクト・セッションにおいての)参加状態」の表記もお願いいたします。

(例1:K. H. / 5歳 / 男性 / 島根県 / 今月より初参加)

(例2:H. K. / 30代 / 女性 / ロサンゼルス / 2018年11月より連続参加)

表記がない場合は、こちらで記入させていただきます。

 

同業者の方のお名前の掲載は、自身の宣伝のためなどといった不純な動機でのコメントにより、読者を混乱させてしまうケースが起こり得るため、イニシャル表記に修正させていただく場合がございます。

なお、コメント記入時にご記入されたメールアドレスやURLは公開されませんので、ご安心ください。

 

伝達時間

○○:○○~○○:○○

 

9月期のご予約も受け付けております。

関連記事一覧

コメント

  • コメント (6)

  • トラックバックは利用できません。

    • K. K. / 50代 / 男性 / 大阪府 / 2018年11月より連続参加
    • 2020年 8月 13日

    木幡先生

    「純粋意識の直接伝達」誠にありがとうございました。

    伝達中はヘッドセンターにて軽やかなエネルギーを感じ続けていました。

    心が洗われるような気が致しました。

    終了後、足を崩すと、その瞬間からヘッドセンターにエネルギーが、ふぁーっと舞い降りてくる感じがすごいです。
    そのことから、伝達中はどうしても緊張状態にあることを思い知らされました。

    今日は一日中ずっと先生からの伝達を受けていたように思います。
    ありがとうございました。

    • S. Y. / 50代 / 女性 / 東京都 / 2018年11月より連続参加
    • 2020年 8月 14日

    木幡先生

    いつもありがとうございます。

    二日前の「ヘッドセンターの直接伝達」の時のように、強いエネルギーが頭の真ん中から湧き出て、頭の中に広がっていきました。

    同時に上から優しいエネルギーが降り注いでいました。

    私は穏やかな幸せを感じておりました。

    先生、皆様、伝達を受けさせていただき、ありがとうございました。

    • F. R. / 40代 / 女性 / 神奈川県 / 2020年6月より連続参加
    • 2020年 8月 14日

    木幡先生

    「純粋意識の直接伝達」ありがとうございます。

    伝達の際に感じようとして前に出てしまうので、今回はくつろぐこと、流れるに任せることに専念してみました。

    何かが見えたりする代わりに、シンプルに ただ存在するという意識が流れ込んでヘッドセンター内に満ちてくるのを感じました。
    その感じは至福という高まる感じより、静かで平穏で単純な感じなのですが、とても滋味に溢れていました。
    身体が求める栄養バランスのとれた薄味の料理というような感じでしょうか。

    今朝もその感じがヘッドセンター内に綺麗な水のように満ちているので、静かに満ち足りた気分でいます。

    私のヘッドセンターはまだ柔らかいゴムボール位の強度なので、面倒な電話が来たり仕事に行くなどしたら、あっという間にこの綺麗な水は流れ出てしまいそうです。
    少しでも長く留めておけるようになりたいものです。

    ありがとうございました。

    一緒に伝達を受けている皆様もありがとうございます。

    • M. T. / 40代 / 女性 / 愛知県 / 2020年1月より連続参加
    • 2020年 8月 14日

    木幡先生

    今回も眼球の後ろ、後頭部辺りに強いエネルギーを感じました。

    その後、頭部の中に丸いボールのようなエネルギー体が浮かんでおり、脈を打つ感じがしたり、渦を巻くようにグルグルと回っているような感覚がありました。 

    心地よく身を委ねておりましたら終了時間を10分程過ぎておりました。

    ありがとうございました。

    • I. J. / 50代 / 女性 / 東京都 / 2019年12月より連続参加
    • 2020年 8月 14日

    木幡先生

    「純粋意識の直接伝達」ありがとうございました。

    ヘッドセンターが活性化され、想念が後方に押しやられ、清明な意識を保ったまま身体がリラックスしていきました。

    落ち着いて過ごしております。

    ありがとうございました。

    • I. D. / 40代 / 男性 / 宮崎県 / 2019年12月より連続参加
    • 2020年 8月 14日

    木幡等先生

    いつも誠にお世話になります。
    昨日も「純粋意識の直接伝達」をありがとうございました。

    ただただ、肉体的にはあまり緊張感を持たず、垂直には座らずに、心地良き純粋意識の流入にやや前かがみになるような姿勢でいました。
    おだやかで涼やかな、ありがたきひととき。

    純粋意識によってすべてが洗われてゆくとするならば、純粋意識以下の波動を放つ存在はやがては、それぞれの「今」においては個々の意識にまつわってはいても、浄められてその存在感を薄めてゆくのではないかという気持ちになりました。

    逆に言うならば、純粋意識以上の波動を保つ存在だけが残るような・・、それが何なのかすら完全に忘却し続けてきた対象がひょっとしたら現れるのかもしれない。
    聖地の最古層へと向かうような旅路なのでしょうか。
    聖地に繰り返し建てられては崩壊を迎える教会のことを、ふと思い出しました。

    己の最古層へと向かわざるを得なくなるくらいに、純粋意識の浄める力は強いと、私は感じます。

    皆さまとともに、誠に誠にありがとうございました。

PAGE TOP