「透明で純粋な心」それが「本当のあなた」

「純粋意識の直接伝達 2020.06.25」:「参加者の声」と「言葉による伝達」

この記事は2020.6.27、16:05に更新たしました。

更新内容

この記事下のコメント欄に、7名の参加者様から「ご感想のコメント」をいただきました。

「言葉による伝達」を掲載し、さらに I. J. 様への「言葉による伝達」に加筆をいたしました。

コメント未記入の参加者様からのご感想もお待ちいたしております。

初参加の方々も、「参加者の声」をお寄せください。

「純粋意識の直接伝達」に初めて参加される方へ

直接伝達時におきまして、特に初参加の時などは、緊張や気負いなどにより想念や感情に巻き込まれやすくなるため、自覚できるほどの大きな変化や効果を感じれない方もいらっしゃるようです。

ですが、それを二回、三回と続けていくうちに、緊張や気負いなどもなくなり慣れてきます。

 

また、初めは自覚できるほどの変化や効果は感じられなかったにしましても、その伝達はあなたの意識内に浸透していきます。

翌日の効果や変容のみならず、継続参加されることにより、やがては明らかに自覚できるほどの効果や変容が生じてくるはずです。

すぐ下の「参加者の声」をご参照ください。

 

「参加者の声」

 

コメント欄へのご感想コメントについて

純粋意識の直接伝達」において、直接伝達の受けとり方は、人によって様々であり、受け手の意識状態によって異なります。

 

そして、同じ1人の受け手におきましても、その日の身体やエネルギー的なコンディション等によって、毎回毎回、受けとった時の印象や感覚が変わってくることもあります。

 

また、私は毎回の「純粋意識の直接伝達」におきましては、くつろぎのエネルギー純粋意識の流入をベースに、その時々により、その他の様々な要素の比重を変化させております。

時にはヒーリングによる浄化の効果を強めたり、ハートの浄化や活性化における働きかけの要素を強めたり、引き込みへの働きかけを強めたり、などといったように・・・

 

ですから、その日の伝達において何を受けとったかということにおきまして、正しい答えはありません。

あなたが感じた率直なご意見をお聞かせください。

 

なお「参加者の声」としてお寄せいただいたコメントは、「お客様の声」やその他の記事などに転載させていただく場合がございます。

ご了承ください。

コメント欄へのご感想コメントの書き方について

【事務局より】

次回の純粋意識の直接伝達」をお受けになられてのご感想のコメントは、こちらの記事下のコメント欄にお願いいたします。

コメントは当事務局側からの承認制となっておりますので、お書きになられたコメントは、記事上にすぐに反映はされません。

 

コメント欄からのご質問につきましては受け付けておりませんので、木幡へのご質問がおありの方は、サイレンス・セッション特別セッション等での質疑応答のお時間にお尋(たず)ねくださいますよう、よろしくお願いいたします。

さらに理解を深めたいという方は、会員専用記事をお読みになられることをおすすめいたします。

 

なお、直接伝達による効果に直接由来しない体験等に関するコメントにおきましては、読者を混乱させてしまうことが予想されるため、こちらで該当箇所を削除させていただく場合がございます。

また、一般読者に伝わりにくい表現などにつきましては、こちらで修正させていただく場合がございます。

当然のことではございますが、当方や読者様方への常識的な礼儀やマナーを欠いたコメントは掲載いたしかねます。

ご了承ください。

 

コメントご記入の際は、

お名前を本名または大文字のイニシャル表記(姓のアルファベット. 半角スペース 名のアルファベット. / 例:木幡等 → K. H.)で、

また、誠にお手数ではございますが、木幡がコメント欄からの発言者のことを把握しやすくするためと共に、他の読者様のご参考になりますよう、

「年齢または年齢層」「性別」「お住いの都道府県等」「(ノーコンタクト・セッションにおいての)参加状態」の表記もお願いいたします。

(例1:K. H. / 5歳 / 男性 / 島根県 / 今月より初参加)

(例2:H. K. / 30代 / 女性 / ロサンゼルス / 2018年11月より連続参加)

表記がない場合は、こちらで記入させていただきます。

 

同業者の方のお名前の掲載は、自身の宣伝のためなどといった不純な動機でのコメントにより、読者を混乱させてしまうケースが起こり得るため、イニシャル表記に修正させていただく場合がございます。

なお、コメント記入時にご記入されたメールアドレスやURLは公開されませんので、ご安心ください。

 

伝達時間

○○:○○~○○:○○

 

 

7月期の受付もいたしております。

関連記事一覧

コメント

    • K. K. / 50代 / 男性 / 大阪府 / 2018年11月より連続参加
    • 2020年 6月 25日

    木幡先生

    「純粋意識の直接伝達」誠にありがとうございました。

    前部ヘッドセンターならびに後部ヘッドセンターの強い感覚に留意しつつ、同時に柔らかで優しい感覚も生じていました。

    自分が正しい位置にいれば眠くなることはないということも分かったような気がしました。

    今日も本当にありがとうございました。

      • 木幡 等
      • 2020年 6月 26日

      >自分が正しい位置にいれば眠くなることはないということも分かったような気がしました。

      意識としてのあなた(気づきの焦点としてのあなた)が正しい場所(個としての気づきの根源)にいれば、その時の自己意識は明晰な状態になっておりますので、たしかに睡眠不足でなければ眠くなることはないでしょう。
      とても良い観察と理解です。

    • F. R. / 40代 / 女性 / 神奈川県在住 / 今月より初参加
    • 2020年 6月 26日

    木幡先生

    6/25の「純粋意識の伝達」ありがとうございました!

    一夜明けての今日は、外側の自分(行為者としての私)に対して意識(観照者としての私)が少し遠いので、うまく言葉が出てこないのですが、頭の中にプルプルのゼリーがあるような、スライムがいるような、そんな不思議なエネルギー感覚です。
    細かくプルプルしているそれの中は、温かく穏やかで漂(ただよ)っていると外の世界が遠く感じられます。
    そして、ものすごく眠いです。
    この後、もう少し寝ます。

    これは伝達に関係ない事ですが「○○(以下の記事でおすすめの動画のタイトル)」、少しずつ観てますが、泣きまくってます。
    手紙を読む場面が楽しみです。

    参照記事 :『最愛なるあなたへ・・・4~愛とハートについての考察~【2020年6月期版 有料記事】』
    https://kowata0.com/words/my-dearest-4

    木幡先生と伝達を一緒に受けてる皆様、「道」を歩む全ての皆様が穏やかで平和でありますように・・・

    また来週もよろしくお願いします。

      • 木幡 等
      • 2020年 6月 26日

      よしっ!

      今が一番、直接伝達の効果が出ている時ですので、ゆっくりお休みください。
      そして、睡眠からお目覚めになられてからは、そのまま身体の要求に従って、穏やかにお過ごしください。

      >これは伝達に関係ない事ですが「○○(以下の記事でおすすめの動画のタイトル)」、少しずつ観てますが、泣きまくってます。

      ねっ、いいでしょ・・・

      >手紙を読む場面が楽しみです。

      そのシーンをご覧になられてから、『最愛なるあなたへ・・・4~愛とハートについての考察~』をあらためてお読みになられると、今度は本当に人前でも泣いてしまうかもしれませんよ・・・(笑)

        • F. R. / 40代 / 女性 / 神奈川県在住 / 今月より初参加
        • 2020年 6月 27日

        木幡先生

        お忙しい中コメントをありがとうございます。
        これはご報告なので、読んで頂くだけでコメントして頂かなくて大丈夫です。

        伝達後、自宅にいる間はスライム的ヘッドセンターの中への出入りはできていたのですが(どちらかと言うと出る方が大変でしたが)、仕事に行った途端に戻るのが難しくなってしまいました。
        「純粋意識を保つための〜」記事を読んでいたのですが、現実は厳しいです(-_-;)

        7月からの伝達で更に精進していきたいと思います。
        よろしくお願いいたします。

        追伸: 動画を最後まで見終わりました!
        愛に溢れていて感動しました。
        (中略)の優しく穏やかなのに強く包み込む愛が美しいです。

        手紙を読む場面の後で「最愛なるあなたへ・・・」も読みました。
        シンプルな一つ一つの言葉の積み重ねが心に響きます。

        次も楽しみにしております。
        でも、木幡先生のご無理のないようにして下さいませ。

        ニャンコ大先生にもよろしくお伝えください。

          • 木幡 等
          • 2020年 6月 27日

          スライム的ヘッドセンターとは、何かのゲームの武器のようでもあり、なんともあなたらしい独特な表現で面白いです(笑)

          ちなみにニャンコ大先生(メス)のお名前は『グレイス(恩寵)』です (^^♪

    • I. D. / 40代 / 男性 / 宮崎県 / 2019年12月より連続参加
    • 2020年 6月 26日

    木幡等先生

    いつもお世話になります。
    昨日も「純粋意識の直接伝達」をありがとうございました。

    とても安らかなひとときでした。

    皆さまと共に祈りながら直接伝達の成就を願えるこの幸せ。

    また、”愛こそが主人公であり、この世界の真の主役であること”※が、この『純粋意識の直接伝達』によって、とても腑(ふ)に落ちてきます。

    ※. 参照記事 :『最愛なるあなたへ・・・4~愛とハートについての考察~【2020年6月期版 有料記事】』
    https://kowata0.com/words/my-dearest-4

    誠にありがとうございます。

      • 木幡 等
      • 2020年 6月 26日

      >また、”愛こそが主人公であり、この世界の真の主役であること”が、この『純粋意識の直接伝達』によって、とても腑(ふ)に落ちてきます。

      ですよね・・・

      言葉による伝達(『最愛なるあなたへ・・・4~愛とハートについての考察~【2020年6月期版 有料記事】』)と直接伝達(『純粋意識の直接伝達 2020.06.25』)によって、ハートから流れ込んできたものをもお受けとりになっていただけたこと、そのことを私は何よりも嬉しく思います。
      ありがとうございます。

      また、来月限定の『ハートセンターの直接伝達』では、『純粋意識の直接伝達』よりもさらに”『愛の窓口となるハート』に特化した直接伝達”を行おうと思っております。

      それは私にとりましても初の試みであることに加え、私は”直接伝達”というものをする側であり、受けたことは一度もありませんので、どのようにお受けとりになられることとなるのかの詳細まではわかりません。
      ですから、来月お受けになられる『ハートセンターの直接伝達』のコメントの方もよろしくお願いいたします。
      特に『純粋意識の直接伝達』との違いをお教えいただけると、その後の伝達時においての働きかけにおける微妙な調整の際にも参考となりますので、よろしければご協力をお願いいたします。

    • I. H. / 40代 / 男性 / 栃木県 / 2020年2月より連続参加
    • 2020年 6月 26日

    師匠

    ありがとうございました。

    (前回は感想を書きそびれてしまいました。前回はとても繊細で優しく、シルクのように繊細で、キラキラした伝達に感じました。
    と、同時に自分自身がその繊細な伝達を完全には感じ取れていないと思いました。)

    今回は開始時間の30分前からヘッドセンターに強い強い圧を感じ、そのままその感覚にぐいっと潜(もぐ)るようにして待ちました。

    伝達時間になると感覚の密度がしゅわしゅわと高まっていきました。

    今日はとても身体がだるいです。

    独りで静かに部屋にいると伝達に少し似たような感じに浸ることができます。
    イメージとして、師への帰依が縦軸、同じ志の皆様への友情が横軸で、祈りの中に入ります。
    それが心地よくてとても自然な瞑想になっています。

    まだまだ弱いですが、目を閉じたほうがよりヘッドセンターの感覚が強く意識しやすいです。
    ぐいっぐいっと、自発的なのか自然になのか、感覚が起きます。
    あんまりぐいぐいとしすぎない方がよいのでしょうか?

    下丹田に対し、頭とか眉間のあたりを上丹田と言いますが、なるほどなあ、と思っています。
    確かに感覚意識のポイントとして、下丹田みたいにがっちりとなってくるんだろうな、という予感が少しします。
    ハート(中丹田)も体感としてそうなるのでしょうか。

    それにしても今日はだるいので早めに休みます。

    師匠いつもありがとうございます。
    皆様の感想にもとても励まされます。

    ひきつづきお願いいたします。

      • 木幡 等
      • 2020年 6月 26日

      >と、同時に自分自身がその繊細な伝達を完全には感じ取れていないと思いました。

      ”「自分にはわからないことがある」というということをわかっているということ”、そのようないわゆる”無知の知”というものは、やはり知性における在り方や態度においての基本中の基本です。
      それゆえ素晴らしい理解です。

      >まだまだ弱いですが、目を閉じたほうがよりヘッドセンターの感覚が強く意識しやすいです。
      >ぐいっぐいっと、自発的なのか自然になのか、感覚が起きます。
      >あんまりぐいぐいと、しすぎない方がよいのでしょうか?

      ”ぐいぐいする”とは、何をどうすることですか?

      「このお酒は、あまりぐいぐいと飲み過ぎない方がよいのでしょうか?」
      そのようなご質問なら、その質問の意味も明確にわかりますし、私とあなたの双方、ならびに読者様への誤解が生じる可能性も少ないでしょう。
      ですが、今回のご質問のような、ヘッドセンターにおける”ぐいぐい”だけでは、誤解なき明確なイメージがわきにくいし、そのイメージも人それぞれで千差万別です。
      ましてや、このスピリチュアル業界の現状におきましては特に、教師も生徒も玉石混交(ぎょくせき・こんこう:”とても少ないダイヤモンド”と”たくさんの石ころ”とが入り混じっているということ)でありますので、その理解において、玉と石においては天と地の差が生じてきます。

      ですから、コメント欄での”誤解なき質疑応答”というものはとても難しいので、私にとってはハイリスク・ローリターンなものでしかなく、割に合わない重労働となるものではありながらも、”対話によるダイアローグ・セッション”というものを、いまだにご用意させていただいているという次第なのでございます。
      その他にも様々な理由があり、個人セッションは、現在も”完全なるクローズド(閉鎖的なもの)”へと段階的に移行しつつある最中であります。
      ですからもちろん、商売的な観点からダイアローグ・セッションに勧誘しているわけではありませんよ。
      私はお金には、まったく困っておりませんし、かりに困っていても、そのような屈辱的かつ恥ずかしいことはできません。

      そのような次第でありまして、当方といたしましては私なりにコメント欄でできる限りお答えしたいとは思っているのですが、質問者が緻密に言語化した上で質問をしなければ、一往復のやりとりで、あらゆる誤解の可能性を排してお答えするのは難しいわけなのであります。
      つまり、正解主義の学校教育とは違い、”真の知性的な教育や対話におきましては、答えよりも質問の質の方が重要”なのであります。

      また、かりに私と質問者との二人の間では、わかり合えたとしても、他の読者が誤解をする場合もございますし・・・

      それゆえ、私は”丁寧なコミュニケーションの重要性”ということを、私はお伝えしたいわけであります。

      そして何よりも、”丁寧なコミュニケーションを試みるということ”が、魂においての”未完成な片方の翼”である”知性”というものを飛躍的に向上させてくれるものであるからであります。

      参照記事 :『未完成な片方の翼~知性と感受性~【2020年度版 有料記事】』
      https://kowata0.com/words/unfinished-one-wing

      >今日はとても身体がだるいです。

      一口に”だるい”と言いましても、「忙し過ぎて心身の疲れが溜まったことよるだるさなのか」「何もしないで退屈な時間を過ごしたことによるだるさなのか」「直接伝達によって高まったエネルギー状態に慣れていないことによって生じただるさなのか」「直接伝達のヒーリング効果によって、慢性的となっていた心身の余分な力みが抜けたことによって、重力がより強く感じられるために、感じられる身体の重さがだるさとして解釈されているからなのか」等々・・・
      そこには様々な要素が様々な比率によって混在しているわけであります。

      ご自身の変容の過程を正しく理解するためには、そこをご自身の感受性と知性によって、何に由来するだるさなのかを、あなたはその時々において正しく把握しなければなりません。

      私は、目覚めにまつわるその道の専門家でもありますが、木幡等は木幡等の専門家であるように、あなたはあなたの専門家です。

      ですから、親は子供から「だるい」と言われただけでは、何も判断することができないのです。
      医者も患者から「だるい」と言われただけでは、何も診断することはできないでしょう。

      さらに言いますと、理由なしに”だるい”とだけ聞くと、人は健康とは反対のネガティブな意味でのだるさというものを”自動的に連想”します。
      それを一口にだるいと表現されると、直接伝達をお受けになられたことのない読者の方々は、私の直接伝達というものはヒーリング効果があるどころか、むしろ”だるくなる=体の調子が悪くなるもの”として誤解されることにもなるでしょう(笑)

      ですから、以前はそのような”何に由来しているものなのかもわからない曖昧な記述”の部分は削除していたのですが、ネガティブ思考の疑り深い方々は、当方が当方にとって都合の悪い発言を削除をしているといったように思われてしまい、その信頼関係が崩れてしまうどころか、私の人間性までをも疑われてしまうというようなことが、これまでに何度もございました。
      (そうなると、そういう人は、わざとネガティブなことを書くようになるので、他の読者様への悪影響を考慮して、もちろん私はコメント欄でガツンとやって追い出してきましたが・・・しかし、そうするとその実情を知らない人からは、私がいじめをしているようにも見えるので、私の昔のコメントは削除しているものがあるのです。)

      つまり私にとりましては、「だるい」「何もする気が起きない」「考えることができない」などといった、何に由来するものなのかもわからなく、かつ詳細な説明もないネガティブワードをコメントされてしまうということは、どちらにしても困ったことになるという、当方にとりましては痛し痒(かゆ)しの状況なのでございます。

      挙げればきりがないですが、ラマナ・マハルシの本にも書いてありますように、ラマナ・マハルシと会った日は、眠らなくても平気である、といったようなことが書かれているように、サイレンス・セッションで私の直接伝達をお受けになられた方も同様の経験をされます。
      「眠らなくとも平気でいられる」「食べなくとも平気でいられる」などといったように・・・
      ですが、それを「眠れない」「食欲がない」といった風にネガティブに受けとられ、心配になられた方もいらっしゃいました。
      これなどは、”理解には、とても個人差がある”という代表的な例であります。

      ですからその辺は、読者に誤解の生じることのないよう、個人セッションでのみ対応していたわけではありますが・・・

      まぁ、今はだるくて(笑)言語化が億劫であるかと思いますので、次回はもう少し丁寧な言語化によるコミュニケーションを心がけていただけると、私も読者も、助かりますし、ご自身の内的状態に対しての理解も深まっていくことでしょうし、さらには自己観察の精度や知性もさらに上がっていくこととなるでしょう。

      これは、あなたのみならず、大なり小なり、みんながそうなので、私としてはとても困ったものなのですが・・・

      もし仮に、皆さんがだるいだるいと書かれたら(笑)、コメント制を廃止しなければならなくなりますので、どうかそこのところのささやかなご配慮の方を、よろしくお願いいたします。

      そのような意味で、直接伝達の効果に由来しないコメントについては・・・と書いてはいるのですが、なかなか難しい問題であるのでございます・・・

      なんだか愚痴っぽくなって、すみません・・・(苦笑)

        • I. H. / 40代 / 男性 / 栃木県 / 2020年2月より連続参加
        • 2020年 6月 26日

        大変申し訳ありません。
        読み返してみて確かに誤解を招く表現だと思いました。

        想念が遠く言語化が困難なので、だるい、という安易な言葉を選んでしまいましたが、もちろんネガティブな意図はありません。
        あろうはずかありません!
        以後、気をつけます。
        反省します。

        誤: だるい
        正: ヒーリング効果で身体がぽかぽかしつつ、また、ヘッドセンターに伝達時の甘い至福感の続きがあります。

        このやり取りは、私にとって、とても良い学びでした。
        ありがとうございます。

        よろしくおねがいいたします。

          • 木幡 等
          • 2020年 6月 26日

          もちろん、わかっておりますよ (^^♪
          目覚めに伴い、言語活動が抑制されることで、思考活動が困難になりますから。
          それは、直接伝達の効果によって、恐れや不安などといった想念が自ずと手放されていくこと、そのコインの裏側でありますから。

          そのような意識状態になられるのは、私も通ってきた道であり、他の生徒様も同様でありました。

          それに私は、現在ご参加されている皆さんのハートの美しさもわかっております。

          ただこのような場でのコメントのやりとりというものは、インターネットという”公共の場での発言である”がゆえに、大なり小なり、コメントをする誰もが他者(読者)への何らかの影響力を持っているわけでありまして、そのことにおいての大人としての責任もあると思うのです。

          さらに言いますと、『コミュニケーションにおいては受け手(この場においては木幡と、想定されるあらゆるタイプの読者)への配慮が大前提』となります。

          このようなことを、”事業経営者としての私”がお客様にお伝えするのは、とても恐縮ではございます。
          ですが、人間としての全般における生徒様のさらなるご成長という観点、および”コミュニケーション能力に代表される知性においてのさらなる向上”という観点におきましては、”指導者としての私”はなんとしても生徒様にお伝えしなければならないとも思うのであります。
          その葛藤はいまだにありますので、個としてのお互いのそれなりの信頼関係が形成されてから、私なりに機を観てお伝えするようにしているという現状でございます。

          ご理解いただき、ありがとうございます。

    • S. Y. / 50代 / 女性 / 東京都 / 2018年11月より連続参加
    • 2020年 6月 26日

    木幡先生

    「純粋意識の直接伝達」をありがとうございました。

    伝達が始まると、強いエネルギーによって、身体は上からぐいぐい引っ張られ続けました。

    心はとても静かで安らかでありました。

    昨日は仕事の疲れでとても眠く、終了時間まではなんとか座り、その後はすぐ眠ってしまいました。

    伝達翌日の今日は、背骨周りが空洞のようにスッキリとし、エネルギーの通りが随分良くなった感じがしています。

    誠にありがとうございました。
    来月もどうぞよろしくお願いいたします。

      • 木幡 等
      • 2020年 6月 26日

      もちろん悪くはないですが、あなたはもっと成長できるはずですし、そうでなければなりません。
      もう少し、様子を見ていきましょう。

      7月の特別セッションの際には、時間もたっぷりとございますので、現在の私にできるあらゆる伝達(直接伝達と言葉による伝達)をさせていただきます。

      しかし、その聖なる水をどれだけ飲み干すこととができるかは、あなた魂における喉(のど)の渇き具合い次第なのですよ (^^♪
      ですから、しっかりと睡眠をとって、元気な姿でいらっしゃい・・・

    • I. J. / 50代 / 女性 / 東京都 / 2019年12月より連続参加
    • 2020年 6月 26日

    木幡先生

    「純粋意識の直接伝達」ありがとうございました。

    開始時刻前から後頭部に意識が向き、口角が上がり、強く引き込まれていました。

    後半は優しく柔らかなエネルギーに満たされました。

    今朝は爽快に目覚め、想念に巻き込まれていたのが嘘のように、スッキリした穏やかな気分です。

    ありがとうございました。

      • 木幡 等
      • 2020年 6月 26日

      >開始時刻前から後頭部に意識が向き、口角が上がり、強く引き込まれていました。

      広角が上がるということは、前(肉体次元)に出過ぎです (^^♪
      もう少し後ろ※に留まっていることができるはずです。
      そうすれば、顔の表情が変わることなどはありません。

      もし仮に、それ以上、後ろに下がれるほどのスペースがない場合は、自己意識のさらなる明晰化や、『正しい明け渡し』および『純粋意識の直接伝達』による引き込みによって、より意識の根源に近いという意味での、後ろのスペースを広げていくことができます。

      ※. ここで言うところの”もう少し後ろ”とは、意識の空間内においての後ろのことであり、頭部の後ろ側すなわち後頭部という意味ではありません。
      なぜなら、後頭部も前側(肉体次元)だからです。

    • O. S. / 50代 / 男性 / 神奈川県 / 2020年1月より連続参加
    • 2020年 6月 26日

    木幡さん

    この度も純粋意識の直接伝達、ありがとうございました。

    今回は、仕事で疲れてしまい座って受けることができなかったので、横になって受けさせていただきました。

    すぐに寝落ちすると思われましたが、しっかり起きていながらリラックスできました。

    純粋意識が後部ヘッドセンターからコンコンと沸(わ)き起こって、すぐに引き込みが起こりました。

    横になりながらも「純粋意識との接触」と「引き込み」がしっかりしてきているのを確認することができました。

      • 木幡 等
      • 2020年 6月 26日

      >すぐに寝落ちすると思われましたが、しっかり起きていながらリラックスできました。
      >横になりながらも「純粋意識との接触」と「引き込み」がしっかりしてきているのを確認することができました。

      横になると、想念が生じやすくなる上に、巻き込まれやすくもなるので、「横になっても想念に巻き込まれないでいられるか?」、なおかつ「明晰な意識が保たれたままでの引き込みなのか?」、そこをご自身の変容の目安にされると良いでしょう。

    • 木幡 等
    • 2020年 6月 26日

    今日は、コメントへの返信、新たにいただいたサイレンス・セッションのご感想の準備にと、朝から夕方まで、食事をする暇もなく、仕事三昧の一日となりました。
    コメントは絶賛受付中でございますが、返信コメントの方は、今日の所はそろそろ休ませてください。

    とても疲れてはおりますが、みなさんとご一緒ならば、やりがいがあります。

    うちの大先生であられる猫ちゃんも、直接伝達のやりがいがありマウス、とのことでござんすよ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP