「透明で純粋な心」それが「本当のあなた」

「純粋意識の直接伝達 2020.06.11」:「参加者の声」と「言葉による伝達」

この記事は2020.6.13、13:20更新たしました。

更新内容

この記事の冒頭に「木幡より」を掲載しました。

この記事下のコメント欄に、8名の参加者様から「ご感想のコメント」をいただきました。

「言葉による伝達」を書き始めています。

コメント未記入の参加者様からのご感想もお待ちいたしております。

初参加の方々も、「参加者の声」をお寄せください。

木幡より

前回のコメント欄では、皆様からたくさんのアドバイスをいただきましたので、そのお礼にというわけではございませんが、伝達時間を7分延長してお届けさせていただきました。

「純粋意識の直接伝達」に初めて参加される方へ

直接伝達時におきまして、特に初参加の時などは、緊張や気負いなどにより想念や感情に巻き込まれやすくなるため、自覚できるほどの大きな変化や効果を感じれない方もいらっしゃるようです。

ですが、それを二回、三回と続けていくうちに、緊張や気負いなどもなくなり慣れてきます。

 

また、初めは自覚できるほどの変化や効果は感じられなかったにしましても、その伝達はあなたの意識内に浸透していきます。

翌日の効果や変容のみならず、継続参加されることにより、やがては明らかに自覚できるほどの効果や変容が生じてくるはずです。

すぐ下の「参加者の声」をご参照ください。

 

「参加者の声」

 

コメント欄へのご感想コメントについて

純粋意識の直接伝達」において、直接伝達の受けとり方は、人によって様々であり、受け手の意識状態によって異なります。

 

そして、同じ1人の受け手におきましても、その日の身体やエネルギー的なコンディション等によって、毎回毎回、受けとった時の印象や感覚が変わってくることもあります。

 

また、私は毎回の「純粋意識の直接伝達」におきましては、くつろぎのエネルギー純粋意識の流入をベースに、その時々により、その他の様々な要素の比重を変化させております。

時にはヒーリングによる浄化の効果を強めたり、ハートの浄化や活性化における働きかけの要素を強めたり、引き込みへの働きかけを強めたり、などといったように・・・

 

ですから、その日の伝達において何を受けとったかということにおきまして、正しい答えはありません。

あなたが感じた率直なご意見をお聞かせください。

 

なお「参加者の声」としてお寄せいただいたコメントは、「お客様の声」やその他の記事などに転載させていただく場合がございます。

ご了承ください。

コメント欄へのご感想コメントの書き方について

【事務局より】

次回の純粋意識の直接伝達」をお受けになられてのご感想のコメントは、こちらの記事下のコメント欄にお願いいたします。

コメントは当事務局側からの承認制となっておりますので、お書きになられたコメントは、記事上にすぐに反映はされません。

 

コメント欄からのご質問につきましては受け付けておりませんので、木幡へのご質問がおありの方は、サイレンス・セッション特別セッション等での質疑応答のお時間にお尋(たず)ねくださいますよう、よろしくお願いいたします。

さらに理解を深めたいという方は、会員専用記事をお読みになられることをおすすめいたします。

 

なお、直接伝達による効果に直接由来しない体験等に関するコメントにおきましては、読者を混乱させてしまうことが予想されるため、こちらで該当箇所を削除させていただく場合がございます。

また、一般読者に伝わりにくい表現などにつきましては、こちらで修正させていただく場合がございます。

当然のことではございますが、当方や読者様方への常識的な礼儀やマナーを欠いたコメントは掲載いたしかねます。

ご了承ください。

 

コメントご記入の際は、

お名前を本名または大文字のイニシャル表記(姓のアルファベット. 半角スペース 名のアルファベット. / 例:木幡等 → K. H.)で、

また、誠にお手数ではございますが、木幡がコメント欄からの発言者のことを把握しやすくするためと共に、他の読者様のご参考になりますよう、

「年齢または年齢層」「性別」「お住いの都道府県等」「(ノーコンタクト・セッションにおいての)参加状態」の表記もお願いいたします。

(例1:K. H. / 5歳 / 男性 / 島根県 / 今月より初参加)

(例2:H. K. / 30代 / 女性 / ロサンゼルス / 2018年11月より連続参加)

表記がない場合は、こちらで記入させていただきます。

 

同業者の方のお名前の掲載は、自身の宣伝のためなどといった不純な動機でのコメントにより、読者を混乱させてしまうケースが起こり得るため、イニシャル表記に修正させていただく場合がございます。

なお、コメント記入時にご記入されたメールアドレスやURLは公開されませんので、ご安心ください。

 

伝達時間

○○:○○~○○:○○

 

 

7月期の受付もいたしております。

関連記事一覧

コメント

  • コメント (12)

  • トラックバックは利用できません。

    • K. K. / 50代 / 男性 / 大阪府 / 2018年11月より連続参加
    • 2020年 6月 11日

    木幡先生

    「純粋意識の直接伝達」誠にありがとうございました。

    伝達開始の5分前に座り、ヘッドセンターの感覚に留意していたところ、開始時間になりヘッドセンターの中から繊細な温かいエネルギーが湧(わ)いてくるのが感じられました。

    中盤からエネルギーが強くなってきたのを感じ、その後しばらくすると、今度は内側ではなく外側からヘッドセンターにエネルギーが舞い降りてくる感覚となりました。

    その後エネルギーが繊細さを増していくように感じると共に、ヘッドセンターが上部に膨張するような感覚になりました。

    終了後は、繊細なエネルギーがヘッドセンターに浸透している感じを味わいながら、先生に感謝しました。

    本日も、誠にありがとうございました。

      • 木幡 等
      • 2020年 6月 13日

      >中盤からエネルギーが強くなってきたのを感じ、その後しばらくすると、今度は内側ではなく外側からヘッドセンターにエネルギーが舞い降りてくる感覚となりました。

      そうです。
      私があえて『純粋意識の流入』と表現しているのは、そのような理由からです。

      >終了後は、繊細なエネルギーがヘッドセンターに浸透している感じを味わいながら、先生に感謝しました。

      平均的な探求者というものは、その知性やハートの未熟さゆえに、直接伝達によって生じた変化や変容を、自身の手柄であると勘違いし始め、途中で必ず才に溺(おぼ)れ、私の指導を受け容れることもできなくなり、道を誤っていくものです。

      ですが、これまで私が指導をさせていただいた生徒様の中でも、あなたほど私の指導を信じてくださり、地道に徹底してヘッドセンターに取り組まれた人を他に知りません。

      それゆえ、その目覚めの根をしっかりと張るまでにはお時間がかかったことを私は知っています。
      ですが、しっかりと張られた根を持つ芽は、必ずまっすぐに伸びていきます。

      何事も基本はシンプルなものなのです。

      ですから探求時代の私なども、才に溺(おぼ)れる小賢しい人たちからすれば『愚鈍(ぐどん)とも言われかねないような一途さ』で地道に取り組んできたものです。
      ですが、その愚鈍とも言われかねないような地道さや一途さに、私は愛のようなものを感じるのです。

      『そこに愛がなければ本当のものは育ちません。』

      私の方こそ、あなたが私の指導を信じてくださり、誠実に取り組んでいただけたことをとても嬉しく思い、感謝いたしております。
      ありがとうございます。

    • I. D. / 40代 / 男性 / 宮崎県 / 2019年12月より連続参加
    • 2020年 6月 12日

    木幡等先生

    お世話になります。
    昨日も「純粋意識の直接伝達」をありがとうございました。

    伝達前から、あたりの空気が濃密になりました。

    始まりとともに、脱力。
    口がぽかんと開き上半身が虚脱状態になりました。
    おそらく他人が見るとぎょっとするような風体だったと思いますけれども、自己意識そのものは極めて明晰でした。

    ここが不思議なところで、肉体のありようと、意識の連動が起こっていないことを観察しておりました。
    想念は、ほぼないような状態でした。

    中盤から喉(のど)に圧力を感じ、まあるいエネルギー的な穴が開きました。
    ハートと融合している!とびっくり。
    生まれて初めて喉(のど)のセンターが開いたような状態になり、未体験の呼吸を伝達中ではありましたが、新鮮でしたので何度も呼吸をしました。

    後半最後には伝達に夢中になりつつも、皆さまと共に伝達を受けていることをふと思い出し、始まり前の祈りに立ちかえり、伝達の成就と感謝をしておりました。

    とても肉体が涼やかになり、光で洗われているような感覚になり「愛しています、愛されています」と自然と言葉がこぼれました。

    ヘッドセンターの重要性のコメントも誠に誠に有難うございました。
    私はコメントを拝見して、例えば絶対無の境地には絶対強度を誇るヘッドセンターが必要不可欠であると感じます。
    より深い海にたどり着くための潜水艇の強度のような。

    「意識は無意識的に進化することはできない」(『奇蹟を求めて』より) 
    基礎をおろそかにして、結果だけを求める愚かな自分の根性に対しても、情けなく腹が立った次第です。
    日々こつこつとやってゆくしかない、改めてそう思いました。

    ありがとうございました。

      • 木幡 等
      • 2020年 6月 13日

      >私はコメントを拝見して、例えば絶対無の境地には絶対強度を誇るヘッドセンターが必要不可欠であると感じます。
      >より深い海にたどり着くための潜水艇の強度のような。

      おっしゃる通りです。

      ですが、ほぼ全ての探求者は、絶対無の境地までの到達はお望みではない(実際のところは、願い下げ(笑)だ)と思いますので、私ほどの強度のヘッドセンターはご必要ではないと思います。

      しかし、ほとんどの生徒様がご自身のヘッドセンターの強度についてを「結構強いです」とおっしゃられるのですが、私が個人セッションで観察する限りは、その内外への気づきの弱さも含め、「ヘッドセンターの強度が弱すぎるのではないか?」と感じられることがほとんどなのです。

      あえて名前は出しませんが、「ギンギンのステート・オブ・プレゼンスがある」と言っていた某スピリチュアル教師(教師歴も私よりはるかに長いです。)は、プライベートにおいてスカイプで私と話をしているだけでも、私からの自然発生的な直接伝達によって、目を開けていることさえ困難なくらいに朦朧(もうろう)としていたりするわけです。
      私が休憩から帰ってくると、必ず横になって崩れ落ちていたりするわけですよ(笑)

      私からすれば、
      「ギンギンのステート・オブ・プレゼンスがあるっ?!」
      「ホンマかいな?(笑)」
      となるわけですよ。

      しかし相手側からすれば、
      「ギンギンのステート・オブ・プレゼンスがあります!」
      「ですが、木幡さんから放射されるエネルギーが強すぎるんですよ!」
      という理屈になるのでしょうが・・・

      これはほんの一例に過ぎませんが、そのようなこれまでの経験から、生徒様への正しい指導のためには、”ヘッドセンターの強度の自己申告”を、私は信じてはいけないと思っているのです。

    • F. R. / 40代 / 女性 / 神奈川県在住 / 今月より初参加
    • 2020年 6月 12日

    木幡先生

    「純粋意識の直接伝達」2回目受け取りました。
    ありがとうございます。

    始め、ただ静かに漂(ただよ)っているので上手く受け取れてないかと思いましたが、意識内に急に大きな白い雲のようなものがやってきて、布団の様に暖かく柔らかく包まれました。
    ですが「ゆだねる」ことができなかったので、空を眺めるようにしたらという事で、そうしたら穏やかで平穏な状態になれました。

    後半は前頭部と言うか額の奥にドーンとエネルギーが来たのか、うずら卵大のエネルギーの塊(かたまり)がずっとクルクル回っていて頭の形が変形したと感じるほどでした。
    余りにグルグルしていたので寝る事にしたのですが、ぐっすり眠ってしまい、起きてもまだ眠いのですが穏やかな気分です。

    まとまらない報告で申し訳ありません。
    次回はもう少しゆだねること、明け渡すことができるように研究して参ります。

    ありがとうございました。

      • 木幡 等
      • 2020年 6月 13日

      >始め、ただ静かに漂(ただよ)っているので上手く受け取れてないかと思いましたが、意識内に急に大きな白い雲のようなものがやってきて、布団の様に暖かく柔らかく包まれました。

      その白い雲に乗っていた孫悟空は、私の分身です(笑)

      >ですが「ゆだねる」ことができなかったので、空を眺めるようにしたらという事で、そうしたら穏やかで平穏な状態になれました。

      とても良いアイデアです。

      さらに言いますと、眺める必要さえありません。

      あなたが何かを見たり眺めたりすると、あなた(気づきの焦点)が前に向かうのです。
      内的な視覚によるものであれ、視線とは前に向かうものなのです。
      そうなると、あなた(気づきの焦点)を「今・ここ」=「本来のあなたの正しい居場所」に留めておくことができなくなります。
      つまり、直接伝達によって内なる安らぎの場(内側)に向かいつつあるあなたが、騒々しい肉体の側(外側)に向かってしまうわけです。

      私は直接伝達によって、あなたを内側へと誘(いざな)う。
      そこであなたが”見る””眺める”、すなわち”前に出ようとする”と、お相撲さんの押し合いっこみたいになってしまいますよね。

      私は直接伝達によって、あなたを内側へと誘(いざな)うことにおいて、あなたに協力していただきたいのです。
      あなた(気づきの焦点)が『前に出ないこと』によって。

      そうして『従来のあなた(気づきの焦点)』と『本来のあなた(気づきの根源)』が出会うわけです。
      それが悟りなのです。

      ですから、ただ感じてるだけでいいのです。
      あなた(または気づき)を「今・ここ」=「本来のあなたの正しい居場所」に留めておくためには、ただ受動的に感じてるだけが良いのです。

      >後半は前頭部と言うか額の奥にドーンとエネルギーが来たのか、うずら卵大のエネルギーの塊(かたまり)がずっとクルクル回っていて頭の形が変形したと感じるほどでした。

      ご存知かとは思いますが、それは実際のところは肉体次元ではなく、エネルギー体の次元で起こっていることでありますので、肉体における頭の変形のご心配はご無用です(笑)

      >余りにグルグルしていたので寝る事にしたのですが、ぐっすり眠ってしまい、起きてもまだ眠いのですが穏やかな気分です。

      とても良い決断です。
      寝て起きた頃には、そのエネルギーがエネルギー体や肉体にも馴染(なじ)んで落ち着いてきます。
      穏やかになられたことが何よりです。

      とても良い流れだと思います。

        • F. R. / 40代 / 女性 / 神奈川県在住 / 今月より初参加
        • 2020年 6月 13日

        木幡先生

        個別メッセージでの丁寧なご説明ありがとうございます!

        先生から送られる「純粋意識」をシンプルに受け取ればいいという事が、見たい何かしたいの癖で逆にできなくなっているのだと分かりました。
        思考しないという事が難しいので、心を静かにする瞑想が効果的でしょうか?

        ヘッドセンターも鍛えようと思います。

        伝達を受けられている方々とのやり取りも新着記事も拝見していますが、様々な発見と感動があり滋味が深くありがたい気持ちでいっぱいです。

        殻(から)付きのヒヨッコですが、先生と皆様と歩いて行きたいと思います。

    • O. S. / 50代 / 男性 / 神奈川県 / 2020年1月より連続参加
    • 2020年 6月 12日

    木幡さん

    直接伝達ありがとうございました。

    今回は延長もしてくださったのですね。
    ありがとうございます

    今回は開始時間前に座っておりました。
    開始時間前から前部ヘッドセンターが心臓のように脈打ち、すぐに後部ヘッドセンターも心臓の弁膜のように脈打ちました。

    そして、引き込みの状態で寝入りました。

    本日も引き込みの状態が続いております。

    • I. H. / 40代 / 男性 / 栃木県 / 2020年2月より連続参加
    • 2020年 6月 12日

    師匠

    毎週、伝達の終了後から日時を経過する毎に、次第にヘッドセンターの感覚や内なる音の弱まりを感じていましたが、最近では以前よりも維持できる時間が長くなっています。
    それと、まだまだですが強度も増しています。

    個別メッセージ(他の参加者様へのものも含め)や言葉による伝達で、色々とご指示頂いた結果です。
    頂いた言葉は大事にしています。
    (それから言語化されず、その行間に込められている熱い思いも受け取っています。)
    本当にありがとうございます。

    自分なりの、伝達をより受け取れる為のルーティーンみたいなものが確立されてきたので、伝達前の早い時間にそれをおこなって、その後、伝達開始の30分前にはヘッドセンターに集中して深いゆだね(他力)が起こりました。

    そのまま集中したままサマーディの中で時間が過ぎました。
    瞼(まぶた)の裏で白い明滅がありました。
    深いやすらぎの中で幸せを感じました。

    また、時間を延長して伝達いただきまして、ありがとうございます。
    やはり体感的に違います。
    2回分の伝達くらいに感じました。

    また来週も引き続きお願い致します。

    • M. T. / 40代 / 女性 / 愛知県 / 2020年1月より連続参加
    • 2020年 6月 12日

    木幡先生

    ありがとうございました。

    先生と心の家族であるみなさまとの一体感、そして、雨の中で蓮(はす)の花がゆっくりと開いてゆくような静かで美しい映像が浮かびました。

    延長してくださっている事に気付かず、そのまま深い眠りに落ちてしまいました。
    もう少し頑張って起きていられたら良かったです。

    • I. J. / 50代 / 女性 / 東京都 / 2019年12月より連続参加
    • 2020年 6月 12日

    木幡先生

    「純粋意識の直接伝達」ありがとうございました。

    開始時刻前から、強弱があるものの断続的に引き込まれていました。

    伝達が始まると後頭部に意識が向き、頭頸部(とうけいぶ)が振動し、喉(のど)のあたりがとても暑くなりました。

    今朝は爽快な気分で、すっかり疲れもとれていました。

    以前先生がお話しされていたように、さらに静かで穏やかに過ごしています。

    ありがとうございました。

    • S. Y. / 50代 / 女性 / 東京都 / 2018年11月より連続参加
    • 2020年 6月 12日

    木幡先生

    お祈りをして、伝達時間を迎えました。

    温かな優しさのようなものを感じているうちに、ふと、人間としての私は赦(ゆる)されていると感じました。
    そして、人間としての私に関連する他のことも、私との関係がなくなっていきました。

    その後、私は深い静けさの中で安らいでおりました。

    気がついたら伝達時間はとうに過ぎていました。

    先生、伝達時間を延長してくださって、ありがとうございます。
    今週の伝達も、非常に強かったです。

    誠にありがとうございました。
    毎回の丁寧な「言葉による伝達」にも感謝いたしております。

PAGE TOP