「透明で純粋な心」それが「本当のあなた」

「高次のハートの直接伝達 2020.09.13」:「参加者の声」と「言葉による伝達」

この記事は2020.9.16、14:48に更新いたしました。

更新内容

この記事下のコメント欄に、4名の参加者様から「ご感想のコメント」をいただきました。

「言葉による伝達」と「木幡からの伝言」を掲載いたしました。

当記事の一般公開に伴い、参加者様からいただきましたコメントに対しての「言葉による伝達(木幡からの個別アドバイス)」は削除させていただきました。

コメント未記入の参加者様からのご感想もお待ちいたしております。

初参加の方々も、「参加者の声」をお寄せください。

「高次のハートの直接伝達」に初めて参加される方へ

直接伝達時におきまして、特に初参加の時などは、緊張や気負いなどにより想念や感情に巻き込まれやすくなるため、自覚できるほどの大きな変化や効果を感じれない方もいらっしゃるようです。

ですが、それを二回、三回と続けていくうちに、緊張や気負いなどもなくなり慣れてきます。

 

また、初めは自覚できるほどの変化や効果は感じられなかったにしましても、その伝達はあなたの意識内に浸透していきます。

翌日の効果や変容のみならず、継続参加されることにより、やがては明らかに自覚できるほどの効果や変容が生じてくるはずです。

すぐ下の「参加者の声」をご参照ください。

 

「参加者の声」

 

コメント欄へのご感想コメントについて

高次のハートの直接伝達」において、直接伝達の受けとり方は、人によって様々であり、受け手の意識状態によって異なります。

 

そして、同じ1人の受け手におきましても、その日の身体やエネルギー的なコンディション等によって、毎回毎回、受けとった時の印象や感覚が変わってくることもあります。

 

また、たとえば私は毎回の「純粋意識の直接伝達」におきましては、くつろぎのエネルギー純粋意識の流入をベースに、その時々により、その他の様々な要素の比重を変化させております。

時にはヒーリングによる浄化の効果を強めたり、ハートの浄化や活性化における働きかけの要素を強めたり、引き込みへの働きかけを強めたり、などといったように・・・

 

ですから、その日の伝達において何を受けとったかということにおきまして、正しい答えはありません。

あなたが感じた率直なご意見をお聞かせください。

 

なお「参加者の声」としてお寄せいただいたコメントは、「お客様の声」やその他の記事などに転載させていただく場合がございます。

ご了承ください。

コメント欄へのご感想コメントの書き方について

【事務局より】

次回の高次のハートの直接伝達」をお受けになられてのご感想のコメントは、こちらの記事下のコメント欄にお願いいたします。

コメントは当事務局側からの承認制となっておりますので、お書きになられたコメントは、記事上にすぐに反映はされません。

 

コメント欄からのご質問につきましては受け付けておりませんので、木幡へのご質問がおありの方は、ダイアローグ・セッション特別セッション等での質疑応答のお時間にお尋(たず)ねくださいますよう、よろしくお願いいたします。

さらに理解を深めたいという方は、有料記事をお読みになられることをおすすめいたします。

 

なお、直接伝達による効果に直接由来しない体験等に関するコメントにおきましては、読者を混乱させてしまうことが予想されるため、こちらで該当箇所を削除させていただく場合がございます。

また、一般読者に伝わりにくい表現などにつきましては、こちらで修正させていただく場合がございます。

当然のことではございますが、当方や読者様方への常識的な礼儀やマナーを欠いたコメントは掲載いたしかねます。

ご了承ください。

 

コメントご記入の際は、

お名前を本名または大文字のイニシャル表記(姓のアルファベット. 半角スペース 名のアルファベット. / 例:木幡等 → K. H.)で、

また、誠にお手数ではございますが、木幡がコメント欄からの発言者のことを把握しやすくするためと共に、他の読者様のご参考になりますよう、

「年齢または年齢層」「性別」「お住いの都道府県等」「(ノーコンタクト・セッションにおいての)参加状態」の表記もお願いいたします。

(例1:K. H. / 5歳 / 男性 / 島根県 / 今月より初参加)

(例2:H. K. / 30代 / 女性 / ロサンゼルス / 2018年11月より連続参加)

表記がない場合は、こちらで記入させていただきます。

 

同業者の方のお名前の掲載は、自身の宣伝のためなどといった不純な動機でのコメントにより、読者を混乱させてしまうケースが起こり得るため、イニシャル表記に修正させていただく場合がございます。

なお、コメント記入時にご記入されたメールアドレスやURLは公開されませんので、ご安心ください。

 

伝達時間

○○:○○~○○:○○

 

 

木幡 等 Hitoshi Kowata のノーコンタクト・セッション

関連記事一覧

コメント

    • F. R. / 40代 / 女性 / 神奈川県 / 2020年6月より連続参加
    • 2020年 9月 14日

    木幡先生

    「高次のハートの直接伝達」ありがとうございました。

    まだまだ未熟な為か、昨夜の伝達では自分の中の不要な想念や思い込みが湧いてきて、それが流れ去って行くのを見守っていました。
    なんだか断捨離をしている気分でした。

    心の断捨離が一通り済むと、寛ぎがやってきて そのまま眠りに落ちてしまいました。
    「高次のハート」とは遠いレベルとは思いますが、今朝は新しく自分という人生を頑張れるような気持ちです。

    木幡先生、皆様 ありがとうございます。

    • O. S. / 50代 / 男性 / 神奈川県 / 2020年1月より連続参加
    • 2020年 9月 14日

    木幡さん

    昨夜の高次のハートの直接伝達、ありがとうございました。

    強い引き込みの状態が継続しています。
    昨夜も気がついたら朝になっていました。

    引き込みが継続する少し前は、引き込みの状態に時折なっていましたが、特に(私の傾向ですが)家族との会話や比較的に親しい仕事仲間と仕事の話をするときが引き込みが途切れることが多くありました。
    しかし、引き込みが継続するようになって、先程申し上げた状況にも引き込みが途切れることがなくなりました。

    ありがとうございます。

    • I. H. / 40代 / 男性 / 栃木県 / 2020年2月より連続参加
    • 2020年 9月 14日

    師匠

    お世話になります。

    やはり「高次のハートの直接伝達」はとても精妙なので、私の場合はですが、受け取ろうとする努力自体がとても邪魔になります。
    今回も伝達時間前までに徹底的に自力を落としきりました。

    伝達時間が始まると、「無為、今この瞬間に在ること」を体現することができました。
    感じた内容としては、ヘッドセンターの直接伝達のようでも純粋意識の直接伝達のようでもあり、また併せて、ヒーリング効果をも感じました。

    まだ上手く説明できないのですが、「高次のハートの直接伝達」の際の自身の在り方が、普段の生活の在り方にも影響しています。

    瞑想と日常の境目が、無くなるとまでは、まだ言えませんが、少なくなります。
    「高次のハートの直接伝達」は、在り方の伝達、なのだと今では理解しています。

    引き続き、よろしくお願いいたします。

    • I. D. / 40代 / 男性 / 宮崎県 / 2019年12月より連続参加
    • 2020年 9月 14日

    木幡等先生

    いつも誠にお世話になります。
    昨日も「高次のハートの直接伝達」を皆さまと共にありがとうございました。

    伝達に合わせて、今回は2時間くらい前から座ることが叶いました。
    とても穏やかに伝達を迎えることができました。

    伝達中は月並みな言葉ではありますが、時空を超えたあたたかきものに包まれている感覚が強く、意識はさえていながら、十二分に寛いでもおりました。

    「純粋意識の直接伝達 2020.09.10」の際に先生より頂きましたコメントに従って集中とくつろぎのバランスを調整してみたところ、おやっ、というくらいに日中の状態も良く、想念との距離感、非自己同一化もさくりさくりと起きています。

    また特に印象的ことがありましたので、記してみます。
    無心の状態が常というわけではないのですが、こちらの状態が極めて良い時に、想念や思考と完全に自己同一化している他者と出会った時に、そこにいるのはただ、想念と思考のみ、人である本来の魂由来の香りがほとんど無く感じられ、何故かおそろしくドキリとしてしまいました。
    確かに、アルコール中毒よりも想念中毒のほうが何層倍も健全回復の可能性が低いのだなと思いました。
    酔っていることにすら無感覚である、その状態が常態化していることに対して極めて異常だと感じることが、相手方からすれば極めて理解しにくい、異常な意見であることもわかるが故になお、です。
    こっそりと目覚めないとこれは大変だなと冗談ながらも、正直思いました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP