「透明で純粋な心」それが「本当のあなた」

「ヘッドセンターの直接伝達 2020.08.04」:「参加者の声」と「言葉による伝達」

この記事は2020.8.07、18:23更新いたしました。

更新内容

この記事下のコメント欄に、5名の参加者様から「ご感想のコメント」をいただきました。

「言葉による伝達」を掲載いたしております。

コメント未記入の参加者様からのご感想もお待ちいたしております。

初参加の方々も、「参加者の声」をお寄せください。

「ヘッドセンターの直接伝達」に初めて参加される方へ

直接伝達時におきまして、特に初参加の時などは、緊張や気負いなどにより想念や感情に巻き込まれやすくなるため、自覚できるほどの大きな変化や効果を感じれない方もいらっしゃるようです。

ですが、それを二回、三回と続けていくうちに、緊張や気負いなどもなくなり慣れてきます。

 

また、初めは自覚できるほどの変化や効果は感じられなかったにしましても、その伝達はあなたの意識内に浸透していきます。

翌日の効果や変容のみならず、継続参加されることにより、やがては明らかに自覚できるほどの効果や変容が生じてくるはずです。

すぐ下の「参加者の声」をご参照ください。

 

「参加者の声」

 

コメント欄へのご感想コメントについて

ヘッドセンターの直接伝達」において、直接伝達の受けとり方は、人によって様々であり、受け手の意識状態によって異なります。

 

そして、同じ1人の受け手におきましても、その日の身体やエネルギー的なコンディション等によって、毎回毎回、受けとった時の印象や感覚が変わってくることもあります。

 

また、私は毎回の「ヘッドセンターの直接伝達」におきましては、集中のエネルギーヘッドセンターへの放射をベースに、その時々により、その他の様々な要素の比重を変化させております。

時にはヒーリングによる浄化の効果を強めたり、ハートの浄化や活性化における働きかけの要素を強めたり、引き込みへの働きかけを強めたり、などといったように・・・

 

ですから、その日の伝達において何を受けとったかということにおきまして、正しい答えはありません。

あなたが感じた率直なご意見をお聞かせください。

 

なお「参加者の声」としてお寄せいただいたコメントは、「お客様の声」やその他の記事などに転載させていただく場合がございます。

ご了承ください。

コメント欄へのご感想コメントの書き方について

【事務局より】

次回のヘッドセンターの直接伝達」をお受けになられてのご感想のコメントは、こちらの記事下のコメント欄にお願いいたします。

コメントは当事務局側からの承認制となっておりますので、お書きになられたコメントは、記事上にすぐに反映はされません。

 

コメント欄からのご質問につきましては受け付けておりませんので、木幡へのご質問がおありの方は、ダイアローグ・セッション特別セッション等での質疑応答のお時間にお尋(たず)ねくださいますよう、よろしくお願いいたします。

さらに理解を深めたいという方は、有料記事をお読みになられることをおすすめいたします。

 

なお、直接伝達による効果に直接由来しない体験等に関するコメントにおきましては、読者を混乱させてしまうことが予想されるため、こちらで該当箇所を削除させていただく場合がございます。

また、一般読者に伝わりにくい表現などにつきましては、こちらで修正させていただく場合がございます。

当然のことではございますが、当方や読者様方への常識的な礼儀やマナーを欠いたコメントは掲載いたしかねます。

ご了承ください。

 

コメントご記入の際は、

お名前を本名または大文字のイニシャル表記(姓のアルファベット. 半角スペース 名のアルファベット. / 例:木幡等 → K. H.)で、

また、誠にお手数ではございますが、木幡がコメント欄からの発言者のことを把握しやすくするためと共に、他の読者様のご参考になりますよう、

「年齢または年齢層」「性別」「お住いの都道府県等」「(ノーコンタクト・セッションにおいての)参加状態」の表記もお願いいたします。

(例1:K. H. / 5歳 / 男性 / 島根県 / 今月より初参加)

(例2:H. K. / 30代 / 女性 / ロサンゼルス / 2018年11月より連続参加)

表記がない場合は、こちらで記入させていただきます。

 

同業者の方のお名前の掲載は、自身の宣伝のためなどといった不純な動機でのコメントにより、読者を混乱させてしまうケースが起こり得るため、イニシャル表記に修正させていただく場合がございます。

なお、コメント記入時にご記入されたメールアドレスやURLは公開されませんので、ご安心ください。

 

伝達時間

○○:○○~○○:○○

 

9月期のご予約も受け付けております。

関連記事一覧

コメント

  • コメント (5)

  • トラックバックは利用できません。

    • K. K. / 50代 / 男性 / 大阪府 / 2018年11月より連続参加
    • 2020年 8月 04日

    木幡先生

    「ヘッドセンターの直接伝達」誠にありがとうございました。

    はじめに強い伝達により、前部ヘッドセンターに強固でシャープな感覚が生じていました。

    その後、ヘッドセンター全体に強いながらも柔らかな感覚のエネルギー状態が拡がりました。

    自己意識は強い伝達と眠気の間に置かれましたが、常に強いヘッドセンターの感覚に導かれて無事に生還することができたように思いました。

    本日も誠にありがとうございました。

    • F. R. / 40代 / 女性 / 神奈川県 / 2020年6月より連続参加
    • 2020年 8月 05日

    木幡先生

    「ヘッドセンターの直接伝達」ありがとうございました。

    今回はヘッドセンターが鍛えられているという感覚が強かったです。
    少し変な表現ですが、外からの圧力と それを押し返す中からの弾力でヘッドセンター全体が圧をかけられて強化されているように思えました。
    その感触で、以前は柔らかく水風船ぽいものが、ゴムボールの弾力くらいにはなったかと変化を感じます。

    伝達後はスポーツの後のように爽やかな気分です。
    ありがとうございました。

    本格的に暑くなってきましたので、木幡先生も皆様もご自愛ください。
    次回もよろしくお願い致します。

    • I. D. / 40代 / 男性 / 宮崎県 / 2019年12月より連続参加
    • 2020年 8月 05日

    木幡等先生

    いつもお世話になります。
    昨日も「ヘッドセンターの直接伝達」をありがとうございました。

    伝達が始まりますと、私にはヘッドセンターの直接伝達時によく起こる通常意識の溶融が起こりました。
    ごわんごわんという音なき音とともに、いわゆる変性意識へと移行しているのか、そのところはわかりませんが、明らかに日常では生まれてこのかた起きたことのない変化が肉体というよりはやはり意識に訪れます。

    今までの意識が溶ける、たとえるならば「I Am I」の後の方の「I」が溶ける様子です。
    観察している者の意識までは溶けません。
    「I Am brank」に近い状態になるようです。
    「I Am I」の誤解が紐解かれてゆくような感触もあります。

    実際に私はいわゆる私ではないとは知識的に知性によって理解はしていても、「I Am That」と言い切ることのできた、マハラジのような究極の意識状態とは当然ながらまた痛切に残念ながら遠い遠い隔たりがあります。
    「I Am That」とは、私は意識の根源と自己同一化したものである、という意味なのだろうかなどと推察しつつ、つまるところ、伝達が始まり「I Am brank」に変容するといつもながらほっといたします。

    やはり想念からの自由という状態に先生のサポートを頂き移行するおかげで、とても楽になります。
    ヘッドセンターについては昨日はひとつのヘッドセンターに対する働きかけがずっとなされていたという印象です。
    前部、後部にではなく全体に施術がなされていると感じました。

    翌日の今日ですが、普段と変わったことが想念が高速で背後に消えてゆく現象が起きています。
    想念や思考または感情に溺(おぼ)れにくくなってきたなぁとはこのところ感じていたのですが、自然発生する想念がシュンッと小気味よく背後に消えてゆきます。
    徒歩で見る風景と高速移動の車両からみる風景くらい違います。
    妙な話ですが、ですのでなんだかスカッとする一日でした。

    いつも皆さまと共に誠に誠にありがとうございます。

    • I. H. / 40代 / 男性 / 栃木県 / 2020年2月より連続参加
    • 2020年 8月 05日

    師匠

    結跏趺坐で座り、この度の伝達を拝受いたしました。
    ヘッドセンターへの集中を維持し、意識を明晰なまま、終了時間を迎えることができました。

    伝達後の睡眠もいつもながら特別で豊かな時間となっております。
    ぐっすりと眠り、身体の疲れが取れました。
    (この伝達後の睡眠だけをとっても、日々のリラクゼーション目的としても本当に珠玉のものです。)

    重ね重ね、ありがとうございました。

    ヘッドセンターの感覚に留意して日々の生活を送っています。

    独りでいて思考活動をあまりしない際はなんとか留意でき、
    しかし大勢や雑踏の中だと感覚が薄れてしまいがち、といった感じです。

    まだまだこれからです。
    頑張ります。

    • S. Y. / 50代 / 女性 / 東京都 / 2018年11月より連続参加
    • 2020年 8月 07日

    木幡先生

    「ヘッドセンターの直接伝達」をありがとうございました。

    伝達の翌日、私にとってはものすごく苦手な「論理」の本を読んでいましたら、他の余計な想念に邪魔されることなく集中して読んでいました。
    後から気づいて驚きました。

    ヘッドセンターは思考の訓練に、とても役立ちますね。
    「ヘッドセンターの直接伝達」のお力をお借りして、思考の訓練に努めます。

    先生、皆様、誠にありがとうございます。
    伝達を受けられまして、本当に嬉しいです。

PAGE TOP