「透明で純粋な心」それが「本当のあなた」

「ヘッドセンターの直接伝達 2020.07.28」:「参加者の声」と「言葉による伝達」

この記事は2020.8.01、14:20に更新いたしました。

更新内容

この記事下のコメント欄に、8名の参加者様から「ご感想のコメント」をいただきました。

「言葉による伝達」を書き終えました。

コメント未記入の参加者様からのご感想もお待ちいたしております。

初参加の方々も、「参加者の声」をお寄せください。

「ヘッドセンターの直接伝達」に初めて参加される方へ

直接伝達時におきまして、特に初参加の時などは、緊張や気負いなどにより想念や感情に巻き込まれやすくなるため、自覚できるほどの大きな変化や効果を感じれない方もいらっしゃるようです。

ですが、それを二回、三回と続けていくうちに、緊張や気負いなどもなくなり慣れてきます。

 

また、初めは自覚できるほどの変化や効果は感じられなかったにしましても、その伝達はあなたの意識内に浸透していきます。

翌日の効果や変容のみならず、継続参加されることにより、やがては明らかに自覚できるほどの効果や変容が生じてくるはずです。

すぐ下の「参加者の声」をご参照ください。

 

「参加者の声」

 

コメント欄へのご感想コメントについて

ヘッドセンターの直接伝達」において、直接伝達の受けとり方は、人によって様々であり、受け手の意識状態によって異なります。

 

そして、同じ1人の受け手におきましても、その日の身体やエネルギー的なコンディション等によって、毎回毎回、受けとった時の印象や感覚が変わってくることもあります。

 

また、私は毎回の「ヘッドセンターの直接伝達」におきましては、集中のエネルギーヘッドセンターへの放射をベースに、その時々により、その他の様々な要素の比重を変化させております。

時にはヒーリングによる浄化の効果を強めたり、ハートの浄化や活性化における働きかけの要素を強めたり、引き込みへの働きかけを強めたり、などといったように・・・

 

ですから、その日の伝達において何を受けとったかということにおきまして、正しい答えはありません。

あなたが感じた率直なご意見をお聞かせください。

 

なお「参加者の声」としてお寄せいただいたコメントは、「お客様の声」やその他の記事などに転載させていただく場合がございます。

ご了承ください。

コメント欄へのご感想コメントの書き方について

【事務局より】

次回のヘッドセンターの直接伝達」をお受けになられてのご感想のコメントは、こちらの記事下のコメント欄にお願いいたします。

コメントは当事務局側からの承認制となっておりますので、お書きになられたコメントは、記事上にすぐに反映はされません。

 

コメント欄からのご質問につきましては受け付けておりませんので、木幡へのご質問がおありの方は、ダイアローグ・セッション特別セッション等での質疑応答のお時間にお尋(たず)ねくださいますよう、よろしくお願いいたします。

さらに理解を深めたいという方は、有料記事をお読みになられることをおすすめいたします。

 

なお、直接伝達による効果に直接由来しない体験等に関するコメントにおきましては、読者を混乱させてしまうことが予想されるため、こちらで該当箇所を削除させていただく場合がございます。

また、一般読者に伝わりにくい表現などにつきましては、こちらで修正させていただく場合がございます。

当然のことではございますが、当方や読者様方への常識的な礼儀やマナーを欠いたコメントは掲載いたしかねます。

ご了承ください。

 

コメントご記入の際は、

お名前を本名または大文字のイニシャル表記(姓のアルファベット. 半角スペース 名のアルファベット. / 例:木幡等 → K. H.)で、

また、誠にお手数ではございますが、木幡がコメント欄からの発言者のことを把握しやすくするためと共に、他の読者様のご参考になりますよう、

「年齢または年齢層」「性別」「お住いの都道府県等」「(ノーコンタクト・セッションにおいての)参加状態」の表記もお願いいたします。

(例1:K. H. / 5歳 / 男性 / 島根県 / 今月より初参加)

(例2:H. K. / 30代 / 女性 / ロサンゼルス / 2018年11月より連続参加)

表記がない場合は、こちらで記入させていただきます。

 

同業者の方のお名前の掲載は、自身の宣伝のためなどといった不純な動機でのコメントにより、読者を混乱させてしまうケースが起こり得るため、イニシャル表記に修正させていただく場合がございます。

なお、コメント記入時にご記入されたメールアドレスやURLは公開されませんので、ご安心ください。

 

伝達時間

○○:○○~○○:○○

 

 

8月期のご予約も受け付けております。

関連記事一覧

コメント

    • K. K. / 50代 / 男性 / 大阪府 / 2018年11月より連続参加
    • 2020年 7月 28日

    木幡先生

    「ヘッドセンターの直接伝達」誠にありがとうございました。

    前半は後部ヘッドセンターにエネルギー的な強い感覚がありました。

    後半は非常に強いエネルギー伝達により、とても強い力の塊(かたまり)のようなヘッドセンターの感覚が生じておりました。

    本日もとても強い伝達をして下さり、誠にありがとうございました。

      • 木幡 等 Hitoshi Kowata
      • 2020年 7月 30日

      >前半は後部ヘッドセンターにエネルギー的な強い感覚がありました。
      >後半は非常に強いエネルギー伝達により、とても強い力の塊(かたまり)のようなヘッドセンターの感覚が生じておりました。

      とてもOKKKです。

      なぜなら、今回は7月期の最終回ということで、特別な働きかけも加えていたからです。
      どのようなものかと言いますと、前半の始まりには「(身体の)外部からの『眉間へのエネルギー伝達』」を行いました。
      後半の始まりには、「(身体の)外部からの『頭頂へのエネルギー伝達』」を行いました。

      それらは働きかけられる場所が違うだけでなく、エネルギーが貫く角度も違います。

      「(身体の)外部からの『眉間へのエネルギー伝達』」では、眉間から後頭部へとエネルギーが流れていきます。
      「(身体の)外部からの『頭頂へのエネルギー伝達』」では、頭頂から下半身の方へとエネルギーが流れていきます。

      その他の違いもございますが、ここでは割愛させていただきます。

      私のこれまでのデータから見ましても、「(身体の)外部からの『頭頂へのエネルギー伝達』」の方が、とても強いエネルギーの柱のようなものとして感じられるようなのです。

      それ以外の、内部からの直接伝達は同じものです。
      ですから、外的な働きかけを感じられたと考えられます。
      ですから、とてもOKKKなのです。

    • 匿名番号1 / 男性 / 今月より初参加
    • 2020年 7月 29日

    いつもありがとうございます。

    今回の伝達の感想と近況をご報告させていただきます。

    伝達される側の意識・健康状態もあるのかもしれませんが、2回目伝達時の強烈な体験と異なり、第3回、第4回(今回)は伝達時間になっても顕著なエネルギー的な働きかけを感じることができませんでした。

    ただ、6/20のサイレンス・セッションで先生にヘッドセンターを着火されて以来、ヘッドセンター(主に眉間と大泉門)の磁力感は徐々に強くなっており(アンダーグランドプロセッシング理論)、また期せずして自己認識の道とは別のサイキックな能力にも目覚め始めてしまった様で(囚われないように)注意しながら、元気に育って欲しいと思っています。

    初回のセッションでヘッドセンターについて木幡先生が「腕をつねられたら自動的にそちらに意識がむく様なものだ」と仰られた意味が、今ではよく理解できます。

    先生にお会いしてから、人生が大きく変わりそうです。

    御心のままに。

      • 木幡 等 Hitoshi Kowata
      • 2020年 7月 30日

      >ヘッドセンター(主に眉間と大泉門)の磁力感は徐々に強くなっており(アンダーグランドプロセッシング理論)

      大泉門を意識して、私も自身のヘッドセンターのエネルギー感覚を調べてみましたが、たしかに前部ヘッドセンターにおいては「主に眉間と大泉門」が強く感じられます。

      ちなみにアンダーグランドプロセッシング理論の意味につきましては、私がネットで調べた程度では、何もわかりませんでした。
      せっかくですので、教えてください (^^♪

      >また期せずして自己認識の道とは別のサイキックな能力にも目覚め始めてしまった様で(囚われないように)注意しながら、元気に育って欲しいと思っています。

      ここで言うところのサイキックの定義がはっきりとわかりませんので、差し支えなければ具体的にどのようなことなのかをお教えいただければ、「それが特殊なものなのか?」などについてもお答えできるかもしれません。

      >初回のセッションでヘッドセンターについて木幡先生が「腕をつねられたら自動的にそちらに意識がむく様なものだ」と仰られた意味が、今ではよく理解できます。

      このコメントと、先程の「ヘッドセンター(主に眉間と大泉門)の磁力感は徐々に強くなっており」というコメントから、きちんとしたヘッドセンターが育っているように思われます。

      >先生にお会いしてから、人生が大きく変わりそうです。

      これからが収穫の時期です (^^♪
      ヘッドセンターという種を植えて、しっかりと育てていけば、これからも様々な変容の果実が実っていきます。

        • 匿名番号1 / 男性 / 今月より初参加
        • 2020年 7月 30日

        木幡先生

        >ちなみにアンダーグランドプロセッシング理論の意味につきましては、私がネットで調べた程度では、何もわかりませんでした。
        >せっかくですので、教えてください (^^♪

        わざわざお調べいただき恐縮です(・・;)。
        伝達が無意識レベルで進行中であることを表現した小生の造語ですので、どうか(先生のご判断で削除頂くか)ご放念ください。

        >ここで言うところのサイキックの定義がはっきりとわかりませんので、差し支えなければ具体的にどのようなことなのかをお教えいただければ、「それが特殊なものなのか?」などについてもお答えできるかもしれません。

        本物のサイキック能力者が見られていたら「そんなことか」と笑われるかもしれませんが (・・;)。
        例えば朝方の明晰夢や霊的存在との対話、直感への確信度の深まりやシンクロニシティ等が短期間に起きているのです。
        サイキックというより5感が研ぎ澄まされているのかもしれませんが。

        いずれにしてもヘッドセンターが一番不思議な現象です。

        >このコメントと、先程の「ヘッドセンター(主に眉間と大泉門)の磁力感は徐々に強くなっており」というコメントから、きちんとしたヘッドセンターが育っているように思われます。

        先生のおかげです。
        ありがとうございます。

        >これからが収穫の時期です (^^♪ ヘッドセンターという種を植えて、しっかりと育てていけば、これからも様々な変容の果実が実っていきます。

        ありがとうございます!
        想念や出来事に惑わされず、自己意識をしっかりと保ち今後も精進いたします。
        ご指導よろしくお願いします。

    • M. T. / 40代 / 女性 / 愛知県 / 2020年1月より連続参加
    • 2020年 7月 30日

    木幡先生

    ありがとうございました。

    前半に頭部の中心に向かってグーッと圧力がかかっているような強い感覚がありました。

    後半は全身に強いエネルギーを感じながらも、ウトウトしてしまい…すみません、どのような感覚だったか忘れてしまいました。

    今月も誠にありがとうございました。

      • 木幡 等 Hitoshi Kowata
      • 2020年 7月 30日

      >前半に頭部の中心に向かってグーッと圧力がかかっているような強い感覚がありました。

      眉間への外的エネルギー的な働きかけをしたから、やはり「頭部の中心に向かってグーッと圧力がかかっているような強い感覚」になるみたいだね。
      とても良い感受だと思います。

      ちなみに、あなたの頭部の中心にある「高次のソフトクリーム」は溶けなかった?(笑)
      それが一番、心配だったのだけれど・・・

      >後半は全身に強いエネルギーを感じながらも、ウトウトしてしまい…すみません、どのような感覚だったか忘れてしまいました。

      (笑)

      けど、なんか余分な力が抜けて、元気になってきたようだね・・・ (^^♪

        • M. T. / 40代 / 女性 / 愛知県 / 2020年1月より連続参加
        • 2020年 7月 31日

        木幡先生

        はい、(高次のソフトクリーム)は無事でした(笑)
        ありがとうございます!

    • I. D. / 40代 / 男性 / 宮崎県 / 2019年12月より連続参加
    • 2020年 7月 30日

    木幡等先生

    いつもお世話になります。
    先日も「ヘッドセンターの直接伝達」をありがとうございました。

    珍しく伝達終了後に、すぐに寝入ってしましました、あまりないことなのですが。

    伝達前からヘッドセンターの内圧が上昇しているのを強く感じていました。
    表層部がどうというよりかは、頭部内に手のひらがあるとしたら、その手のひらが頭部内でぎゅっと握られているような感覚です。
    ただその感覚は前部ヘッドセンターの感覚であり、後部になるとそこに頭部があるのかしら、というくらいに透きとおった感覚です。

    全体としては前部と後部の肉体的感覚は真逆な雰囲気ではありますが、分離している感覚は薄く、奇妙にしっかりと連動しているように感じます。
    ある感覚とない感覚が同居しているなんて、やはり不可思議です。

    大変な中での伝達恐れ入ります。
    いつもいつも皆さまとともに、七月期も誠にありがとうございました。

      • 木幡 等 Hitoshi Kowata
      • 2020年 7月 31日

      >表層部がどうというよりかは、頭部内に手のひらがあるとしたら、その手のひらが頭部内でぎゅっと握られているような感覚です。

      なんで、あえて「手のひら」と表現したのだろう?
      よろしければ教えてください (^^♪

        • I. D. / 40代 / 男性 / 宮崎県 / 2019年12月より連続参加
        • 2020年 8月 01日

        木幡等先生

        お世話になります。

        思い切って一晩考えてみました、が、わかりませんでした。
        頭部における内なる木幡等先生の手のような、最近職場環境が変わり幼い子たちの可愛らしい小さな手をよく観るせいか、人類の意図は手作業によって多く生み出されることと関わりがあるのか、とにかく無意識的にも意識的にも表現多彩な肉体部位である手のひらをきゅっと握るあの力感を伝えたかったのか・・・

        わたしに猫のしっぽがあるならば、今ごろ所在なげに、虚空をなでていることでしょう。

        とくに確定した答えはございません。
        あぁ、しいて言うならば力感の伝わりやすさを、手のひらに託してみた、そんなところでございます。

    • F. R. / 40代 / 女性 / 神奈川県 / 2020年6月より連続参加
    • 2020年 7月 30日

    木幡先生

    サイト復活して良かったです!
    コメントで復活まで大変だった事が伺えました。
    ありがとうございます。

    そして、火曜日の伝達もありがとうございました。

    細かなところを覚えていないのですが、第三の眼の辺りにエネルギーを感じた後、頭の中から雑念が追い払われるように静かになって、とても平穏な状態になりました。

    ここのところ想念でうるさくてたまらないのに、そこから自分では離れられなかったのですが、伝達の力は本当に有り難いです。
    早く自分でもその境地に戻れるように、維持できるようにしたいです。

    先生はお疲れのことと思います。
    お時間のある時はお休み下さいませ。

    また次回もよろしくお願い致します。

      • 木幡 等 Hitoshi Kowata
      • 2020年 7月 31日

      >ここのところ想念でうるさくてたまらないのに、そこから自分では離れられなかったのですが、伝達の力は本当に有り難いです。

      想念から離れるためには、想念の場所とは異なる場所が必要です。
      その最初の場所となるのがヘッドセンターなのです。

      >早く自分でもその境地に戻れるように、維持できるようにしたいです。

      ですから、ヘッドセンターが常在化してくれば、意識の中心(自己)としてのあなたは、いつでも想念の場所から離れて、ヘッドセンターの方に移動することができます。
      ヘッドセンターがさらに活性化されてくれば、「想念の引力よりもヘッドセンターの引力の方が強くなる」ので、想念から離れる努力も必要なくなってきます。

      それでもヘッドセンターだけでは、感情的に強く巻き込まれた時などは、想念に巻き込まれやすくはなります。
      ですが、ヘッドセンターを通して、意識内に純粋意識が充満してくれば、ネガティブな感情が生じても、想念に巻き込まれにくくなってきます。

      つまるところ、まずは一度、想念から離れていく旅です。

      口うるさい親にうんざりして、親の元を離れて遠い地で結婚し、大人になってから実家に帰って親と再会した時には、以前のような険悪な関係にはならないことでしょう・・・

      本当のところを言えば、想念そのものは悪いものではありません。※

      どんなに大好きな親友や恋人といえども、毎日ずっと一緒にいると疲れたりうんざりするように、それは想念との関係においても同じことなのです。
      要は「距離感の問題」なのです。
      「内的空間における距離」、完全な物理的現象なのです。
      しかし、それは「目には見えない世界」だから、不思議な現象に思えるだけなのです。

      その「目には見えない世界を観る内なる目」というものが、本当の意味での「第三の目」なのではないか、と現在の私は思ったりもしております。
      このような定義からいたしますと、「観照者(自己意識)と第三の目は同じものである」ということになります。

      ですが、「眉間の振動感覚=観照者(自己意識)」という誤解をも生み出すこととなるので、私は「眉間だけを連想させてしまう第三の目」についてはあまり語らず、観照者(自己意識)とヘッドセンターとを明確に分けているのです。

      ※. 世界には悪いものなどありません。
      「あくまでも自他の関係において、他が自にとって良くない状態を生じさせるもの」が「悪いもの」とされているだけのことです。
      つまり、「自他の関係なしに悪いものは存在しない」、言い換えるなら「それそのもので悪いものなど存在しない」ということです。

      ですから、厳密にはコ〇ナそのものも悪いものではありません。
      あくまでも現在の人類との関係において、現在の人類にとってはよろしくないもの、ということでしかないのです。
      ですが何年後かには、人類がコロナと普通に共存していることだってあり得るのです。

      それは想念においても同じです。

      >先生はお疲れのことと思います。
      >お時間のある時はお休み下さいませ。

      ありがとう・・・

        • F. R. / 40代 / 女性 / 神奈川県 / 2020年6月より連続参加
        • 2020年 8月 01日

        木幡先生

        コメントによるご指導ありがとうございます

        想念との距離感…大事ですね。
        口うるさい親の例えが分かりやすくてニヤリとしてしまいました。
        程よく距離を置いて付き合わないといけませんね(笑)

        私も伝達を受けるに従って、これは思ってたより物理的現象でシステマチックだと感じておりました。

        そして、「第3の目」は脳内環境への入り口というか眼鏡のような…。
        私には「観照者」がそれを使っているイメージです。

        >世界には悪いものなどありません。
        私もそう思います。
        自分に不都合というだけでそれが悪いという訳ではないですよね。
        上手く共存って難しいですが、それを目指したいものです。

        ありがとうございました。

    • S. Y. / 50代 / 女性 / 東京都 / 2018年11月より連続参加
    • 2020年 7月 30日

    木幡先生

    いつもお世話になっております。

    メインサイトの復活、おめでとうございます!
    本当に良かったです!
    (勤務中に気がついて、とても嬉しくて、涙ぐみました)

    今回は後部ヘッドセンターへの伝達を強く感じておりました。
    後半は、後頭部の上側が、上に引っ張られている感じでした。
    意識はヘッドセンターに引き付けられ、くつろぎ、安らいでおりました。

    本当に、ありがとうございました。
    ありがとうございました。

      • 木幡 等 Hitoshi Kowata
      • 2020年 7月 31日

      >メインサイトの復活、おめでとうございます!
      >本当に良かったです!

      ありがとうございます。

      >(勤務中に気がついて、とても嬉しくて、涙ぐみました)

      あなたらしい反応だ (^^♪

    • O. T. / 60代 / 女性 / 千葉県 / 2020年6月より連続参加
    • 2020年 7月 30日

    木幡先生

    ヘッドセンターの直接伝達ありがとうございました。

    上の方から頭部全体に波が寄せてくるような感じでエネルギーを感じました。

    その日はそのまま寝たのですが、翌朝、子供のころのような幸せな感じの目覚めでした。

    昨日、昼寝をしたのですが、目が覚めた時しばらく想念がない状態が続きました。
    いつも目が覚めると同時に想念も立ち上がると思っていたので新鮮でした。

    その後はいつもどうりですが。
    行ったり来たりで進歩してるのかなと思いますが、そのことは是非、お伝えしたかったです。

    いつもありがとうございます。

      • 木幡 等 Hitoshi Kowata
      • 2020年 7月 31日

      >昨日、昼寝をしたのですが、目が覚めた時しばらく想念がない状態が続きました。
      >いつも目が覚めると同時に想念も立ち上がると思っていたので新鮮でした。

      「想念がない状態」では、くつろげますよね。
      まるで「口うるさい親がいない時」のように・・・(笑)

      ですが「想念がない状態」にこだわる必要はありません。※
      重要なのは、「あなたと想念との関係」すなわち「『あなた』と『想念』との距離感」なのですから・・・ (^^♪

      そのことが、体験や境地の変容と共に少しずつ分かってくるはずです。
      楽しみにしていてください。

      ※.「想念がない状態」とは「ある種の変性意識の状態」であるため、永続化することはありません。
      もし仮に「想念がない状態」が永続化してしまうと、私たちは他人と話をすることすらできません。
      なぜなら、他人と話をするためには、言語(という想念)さえもが必要なのですから。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP