「透明で純粋な心」それが「本当のあなた」

「ヘッドセンターの直接伝達 2020.06.16」:「参加者の声」と「言葉による伝達」

この記事は2020.6.20、13:25更新たしました。

更新内容

この記事下のコメント欄に、4名の参加者様から「ご感想のコメント」をいただきました。

推敲を繰り返しながら「言葉による伝達」を掲載し、さらに推敲いたしました。

コメント未記入の参加者様からのご感想もお待ちいたしております。

初参加の方々も、「参加者の声」をお寄せください。

「ヘッドセンターの直接伝達」に初めて参加される方へ

直接伝達時におきまして、特に初参加の時などは、緊張や気負いなどにより想念や感情に巻き込まれやすくなるため、自覚できるほどの大きな変化や効果を感じれない方もいらっしゃるようです。

ですが、それを二回、三回と続けていくうちに、緊張や気負いなどもなくなり慣れてきます。

 

また、初めは自覚できるほどの変化や効果は感じられなかったにしましても、その伝達はあなたの意識内に浸透していきます。

翌日の効果や変容のみならず、継続参加されることにより、やがては明らかに自覚できるほどの効果や変容が生じてくるはずです。

すぐ下の「参加者の声」をご参照ください。

 

「参加者の声」

 

コメント欄へのご感想コメントについて

ヘッドセンターの直接伝達」において、直接伝達の受けとり方は、人によって様々であり、受け手の意識状態によって異なります。

 

そして、同じ1人の受け手におきましても、その日の身体やエネルギー的なコンディション等によって、毎回毎回、受けとった時の印象や感覚が変わってくることもあります。

 

また、私は毎回の「ヘッドセンターの直接伝達」におきましては、集中のエネルギーヘッドセンターへの放射をベースに、その時々により、その他の様々な要素の比重を変化させております。

時にはヒーリングによる浄化の効果を強めたり、ハートの浄化や活性化における働きかけの要素を強めたり、引き込みへの働きかけを強めたり、などといったように・・・

 

ですから、その日の伝達において何を受けとったかということにおきまして、正しい答えはありません。

あなたが感じた率直なご意見をお聞かせください。

 

なお「参加者の声」としてお寄せいただいたコメントは、「お客様の声」やその他の記事などに転載させていただく場合がございます。

ご了承ください。

コメント欄へのご感想コメントの書き方について

【事務局より】

次回のヘッドセンターの直接伝達」をお受けになられてのご感想のコメントは、こちらの記事下のコメント欄にお願いいたします。

コメントは当事務局側からの承認制となっておりますので、お書きになられたコメントは、記事上にすぐに反映はされません。

 

コメント欄からのご質問につきましては受け付けておりませんので、木幡へのご質問がおありの方は、サイレンス・セッション特別セッション等での質疑応答のお時間にお尋(たず)ねくださいますよう、よろしくお願いいたします。

さらに理解を深めたいという方は、会員専用記事をお読みになられることをおすすめいたします。

 

なお、直接伝達による効果に直接由来しない体験等に関するコメントにおきましては、読者を混乱させてしまうことが予想されるため、こちらで該当箇所を削除させていただく場合がございます。

また、一般読者に伝わりにくい表現などにつきましては、こちらで修正させていただく場合がございます。

当然のことではございますが、当方や読者様方への常識的な礼儀やマナーを欠いたコメントは掲載いたしかねます。

ご了承ください。

 

コメントご記入の際は、

お名前を本名または大文字のイニシャル表記(姓のアルファベット. 半角スペース 名のアルファベット. / 例:木幡等 → K. H.)で、

また、誠にお手数ではございますが、木幡がコメント欄からの発言者のことを把握しやすくするためと共に、他の読者様のご参考になりますよう、

「年齢または年齢層」「性別」「お住いの都道府県等」「(ノーコンタクト・セッションにおいての)参加状態」の表記もお願いいたします。

(例1:K. H. / 5歳 / 男性 / 島根県 / 今月より初参加)

(例2:H. K. / 30代 / 女性 / ロサンゼルス / 2018年11月より連続参加)

表記がない場合は、こちらで記入させていただきます。

 

同業者の方のお名前の掲載は、自身の宣伝のためなどといった不純な動機でのコメントにより、読者を混乱させてしまうケースが起こり得るため、イニシャル表記に修正させていただく場合がございます。

なお、コメント記入時にご記入されたメールアドレスやURLは公開されませんので、ご安心ください。

 

伝達時間

○○:○○~○○:○○

 

7月期の受付もいたしております。

関連記事一覧

コメント

  • コメント (8)

  • トラックバックは利用できません。

    • K. K. / 50代 / 男性 / 大阪府 / 2018年11月より連続参加
    • 2020年 6月 16日

    木幡先生

    「ヘッドセンターの直接伝達」誠にありがとうございました。

    はじめ、前部ヘッドセンターにエネルギーが流れてくるのが感じられ、それまであった想念や眠気といったものを押し流して行きました。

    その後もエネルギーの流れが続き、段々と強力になっていくようで、後部ヘッドセンターにも感覚が広がりました。

    その後は終盤にかけて、エネルギーの強度が更に増しに増して、ヘッドセンターがエネルギーの核のようになっていきました。

    本日も誠にありがとうございました。

    また皆様の分も含めて、先生の返信コメントは大変ありがたく思っております。
    重ねて感謝いたします。

      • 木幡 等
      • 2020年 6月 18日

      >その後は終盤にかけて、エネルギーの強度が更に増しに増して、ヘッドセンターがエネルギーの核のようになっていきました。

      今回は、集中よりもくつろぎのエネルギーを優勢とした伝達を行いました。
      にもかかわらず、ヘッドセンターのエネルギーや気づきがぼやけることなくお受けになられていたというところに、あなたの大きな成長を感じ、嬉しく思います。

    • M. T. / 40代 / 女性 / 愛知県 / 2020年1月より連続参加
    • 2020年 6月 17日

    木幡先生

    ありがとうございました。

    今回はウトウトしながらになってしまいましたが、終了後も心地よいエネルギーが持続しておりましたので10分ほどそのままの体勢で過ごしました。

    今回も頭部、特に鼻の奥の辺りに強いエネルギーを感じました。

      • 木幡 等
      • 2020年 6月 18日

      >今回はウトウトしながらになってしまいましたが、終了後も心地よいエネルギーが持続しておりましたので10分ほどそのままの体勢で過ごしました。

      今回伝達におきましては、『ヘッドセンターの直接伝達』にしては珍しく、ヒーリングや浄化の比率を高めて長時間にわたって行いましたので、「終了後も心地よいエネルギーが持続して」いらしたのだと思います。

      言い換えるなら、先述のように、集中よりもくつろぎのエネルギーを優勢とした伝達となっておりましたので、「ウトウトしながら」になりがちでもあったかと思います。

      そのようなことからも、やはり直接伝達における感受におきましては申し分ないです。
      これからの『ヘッドセンターの直接伝達』によって、さらにヘッドセンターの強度が増してくれば、さらに深い自己の次元へと意識を保ちながら移行していけるのではないかと思います。

    • S. Y. / 50代 / 女性 / 東京都 / 2018年11月より連続参加
    • 2020年 6月 17日

    木幡先生

    伝達が始まった頃、頭の中心部にエネルギーが強く感じられました。
    伝達がとてもありがたく、感謝の気持ちで一杯になりました。

    やがて頭部全体にエネルギーが充満しました。
    それは強くありながらも軽やかで優しい心地で、私は集中しつつ、深く安らいでおりました。

    ヘッドセンターは太陽のようで、私は温かな陽だまりの中にいるようでした。

    伝達をありがとうございました。

    私は、8月以降も「ヘッドセンターの直接伝達 」が継続されることを希望いたしております。
    探求者に不可欠なヘッドセンター、大多数の探求者においてのゴールとなる自己意識ですが、私自身の取り組みだけでこの二つを目覚めさせることは不可能だからです。

    そして「ノーコンタクト」でそれを目覚めさせることのできる方は、世界に木幡先生お一人と私は思っております。

    どうぞよろしくお願いいたします。

      • 木幡 等
      • 2020年 6月 18日

      >ヘッドセンターは太陽のようで、私は温かな陽だまりの中にいるようでした。

      『ヘッドセンターからのエネルギーの放射』と『ヘッドセンターへの純粋意識(というエネルギー)の流入』。
      上記の表現から、この二つがごっちゃになって認識されているように思われます。
      それゆえ、”留まるべき正しい場所の再確認”と”エネルギの流れにおける繊細な見極め”、そして”正しい知識に基づく正しい理解”が、よりあなたを成熟させてくれるのだと思います。

      >私は、8月以降も「ヘッドセンターの直接伝達 」が継続されることを希望いたしております。

      先日、初月無料の『6ヵ月継続コース』のご予約をいただきましたので、現時点におきましては『ヘッドセンターの直接伝達』『純粋意識の直接伝達』ともども、短くとも2021年の1月までは行わせていただくこととなっております。

      >探求者に不可欠なヘッドセンター、大多数の探求者においてのゴールとなる自己意識ですが、私自身の取り組みだけでこの二つを目覚めさせることは不可能だからです。
      >そして「ノーコンタクト」でそれを目覚めさせることのできる方は、世界に木幡先生お一人と私は思っております。

      実際のところ直接伝達は、大先生であられる”うちの猫ちゃん”が行ってくださっているのです。
      (”猫ちゃん”とは”彼女”などといった比喩的な意味ではなく、本当の猫です。)
      それゆえ、そのような直接伝達は「(野良猫も含めたすべての)猫なら誰でもできるとは言いきれませんが、”愛情をもって育てられた飼い猫”なら誰でもできるのではないか・・・」などと、思いを巡(めぐ)らしている次第でございマウス。

      いけない、いけない。
      ついつい、うっかり「ございマウス」などと書いてしまいました。
      私も大先生の『猫語での言葉による伝達』の影響で、すっかり猫語がうつってきたようですので、それではこのへんであなたへのコメントを終わりとさせていただきマウス。

      チューチュー ♪

    • I. J. / 50代 / 女性 / 東京都 / 2019年12月より連続参加
    • 2020年 6月 18日

    木幡先生

    「ヘッドセンターの直接伝達」ありがとうございました。

    伝達が始まると後頭部に意識が向き、時間の経過と共にその伝達の強度が増し、頭部にエネルギーが充満していくようでした。

    翌日は強いヘッドセンターを保ちながら穏やかに過ごしました。

    最近は剥(は)がれかかった自己パターンが着いたり離れたりするのを観ています。

    いつも変わらぬ「愛」を届けて下さる先生と、同じエネルギー場を共有している皆様に感謝いたします。
    ありがとうございました。

      • 木幡 等
      • 2020年 6月 18日

      伝達のエネルギー的な感受におきましては、とても良いと思います。

      それゆえ、あなたの(エネルギー的な意味における)内的環境におきましては、それなりに整ってきているのではないか思われるのですが、やはり”あなたそのもの(自己そのもの)”に落ち着きがないため、(自覚的であろうとなかろうと)ついつい想念に手を出してしまっているように思えるのです。

      つまり、マズいお菓子(ネガティブな想念)に手を出すことはなくなったが、美味しいお菓子(ハートを喜ばしてくれる想念)が目の前にあると、ついついつまみ食いをしてしまっている・・・とでもいうような。
      (これはなにも、あなただけに限ったことではございませんが・・・)

      ですから自己観察におきましては、もう少し厳しい眼差(まなざ)しをお持ちになられても良いかと思います。

PAGE TOP