「透明で純粋な心」それが「本当のあなた」

「ヘッドセンターの直接伝達 2020.06.09」:「参加者の声」と「言葉による伝達」

この記事は2020.6.12、15:41更新たしました。

更新内容

この記事下のコメント欄に、6名の参加者様から「ご感想のコメント」をいただきました。

「言葉による伝達」を書き終えました。

コメント未記入の参加者様からのご感想もお待ちいたしております。

初参加の方々も、「参加者の声」をお寄せください。

「ヘッドセンターの直接伝達」に初めて参加される方へ

直接伝達時におきまして、特に初参加の時などは、緊張や気負いなどにより想念や感情に巻き込まれやすくなるため、自覚できるほどの大きな変化や効果を感じれない方もいらっしゃるようです。

ですが、それを二回、三回と続けていくうちに、緊張や気負いなどもなくなり慣れてきます。

 

また、初めは自覚できるほどの変化や効果は感じられなかったにしましても、その伝達はあなたの意識内に浸透していきます。

翌日の効果や変容のみならず、継続参加されることにより、やがては明らかに自覚できるほどの効果や変容が生じてくるはずです。

すぐ下の「参加者の声」をご参照ください。

 

「参加者の声」

 

コメント欄へのご感想コメントについて

ヘッドセンターの直接伝達」において、直接伝達の受けとり方は、人によって様々であり、受け手の意識状態によって異なります。

 

そして、同じ1人の受け手におきましても、その日の身体やエネルギー的なコンディション等によって、毎回毎回、受けとった時の印象や感覚が変わってくることもあります。

 

また、私は毎回の「ヘッドセンターの直接伝達」におきましては、集中のエネルギーヘッドセンターへの放射をベースに、その時々により、その他の様々な要素の比重を変化させております。

時にはヒーリングによる浄化の効果を強めたり、ハートの浄化や活性化における働きかけの要素を強めたり、引き込みへの働きかけを強めたり、などといったように・・・

 

ですから、その日の伝達において何を受けとったかということにおきまして、正しい答えはありません。

あなたが感じた率直なご意見をお聞かせください。

 

なお「参加者の声」としてお寄せいただいたコメントは、「お客様の声」やその他の記事などに転載させていただく場合がございます。

ご了承ください。

コメント欄へのご感想コメントの書き方について

【事務局より】

次回のヘッドセンターの直接伝達」をお受けになられてのご感想のコメントは、こちらの記事下のコメント欄にお願いいたします。

コメントは当事務局側からの承認制となっておりますので、お書きになられたコメントは、記事上にすぐに反映はされません。

 

コメント欄からのご質問につきましては受け付けておりませんので、木幡へのご質問がおありの方は、サイレンス・セッション特別セッション等での質疑応答のお時間にお尋(たず)ねくださいますよう、よろしくお願いいたします。

さらに理解を深めたいという方は、会員専用記事をお読みになられることをおすすめいたします。

 

なお、直接伝達による効果に直接由来しない体験等に関するコメントにおきましては、読者を混乱させてしまうことが予想されるため、こちらで該当箇所を削除させていただく場合がございます。

また、一般読者に伝わりにくい表現などにつきましては、こちらで修正させていただく場合がございます。

当然のことではございますが、当方や読者様方への常識的な礼儀やマナーを欠いたコメントは掲載いたしかねます。

ご了承ください。

 

コメントご記入の際は、

お名前を本名または大文字のイニシャル表記(姓のアルファベット. 半角スペース 名のアルファベット. / 例:木幡等 → K. H.)で、

また、誠にお手数ではございますが、木幡がコメント欄からの発言者のことを把握しやすくするためと共に、他の読者様のご参考になりますよう、

「年齢または年齢層」「性別」「お住いの都道府県等」「(ノーコンタクト・セッションにおいての)参加状態」の表記もお願いいたします。

(例1:K. H. / 5歳 / 男性 / 島根県 / 今月より初参加)

(例2:H. K. / 30代 / 女性 / ロサンゼルス / 2018年11月より連続参加)

表記がない場合は、こちらで記入させていただきます。

 

同業者の方のお名前の掲載は、自身の宣伝のためなどといった不純な動機でのコメントにより、読者を混乱させてしまうケースが起こり得るため、イニシャル表記に修正させていただく場合がございます。

なお、コメント記入時にご記入されたメールアドレスやURLは公開されませんので、ご安心ください。

 

伝達時間

○○:○○~○○:○○

 

 

7月期のご予約も受け付けております。

関連記事一覧

コメント

  • コメント (6)

  • トラックバックは利用できません。

    • K. K. / 50代 / 男性 / 大阪府 / 2018年11月より連続参加
    • 2020年 6月 09日

    木幡先生

    「ヘッドセンターの直接伝達」誠にありがとうございました。

    まず前部ヘッドセンターの感覚と共に集中が強まり、その後、後部ヘッドセンターを含むヘッドセンター全体へとエネルギー感覚が広がりました。

    後半はエネルギーの強度が上がり、ヘッドセンターへと注意が惹(ひ)きつけられる感覚も強まり、終了数分前になるとさらにエネルギーが強くなりました。

    終了後は上半身にエネルギーが浸透している感じがしています。

    今回も、誠にありがとうございました。

    • O. T. / 60代 / 女性 / 千葉県 / 今月より初参加
    • 2020年 6月 10日

    木幡先生

    2020年6月10日

    先週の初参加から今回で2度目でした。

    前回の伝達で、私の中で変わったものがあります。
    相変わらず想念だらけではありますが。

    私は後部のほうがより強く感じます。
    でも、そのうち前部の方も感じました。

    揺れるような感じもありました。
    まだ少し気負いのようなものがあるかもしれません。

    ありがとうございました。
    これからも継続していきたいと思います。

    • I. D. / 40代 / 男性 / 宮崎県 / 2019年12月より連続参加
    • 2020年 6月 10日

    木幡等先生

    いつもありがとうございます。

    昨日の「ヘッドセンターの直接伝達」では、かなり自己環境が整わず、集中して受けとることができませんでした。

    けれどなんでしょう、ヘッドセンターの心地よい振動に加えて、重量感が増した気がしています。
    以前よりも、どっしりとしたような・・

    日常は穏やかにして過ごせています。
    ばたばたと忙しくとも、それでもなぜか劇場での振る舞いのような。

    視点が変容しつつあるのか、日々目の前で起きていることと、その真の体験者はいったい誰なのか、どちらの私なのか?

    以前の私ではその体験そのものになりながら、救いようのない日常を送っていたと思います。

    けれど、新しい視点からの現実味を帯びた救われ様が不思議です。
    新しい視点には永遠性が感じられ、新しい視点から見る、観察されるいかなる現象といえども、単なる外界であり、必ず消えゆくかりそめのものであると見定めることができつつあるように感じています。

    拙(つたな)くとも今のありのままの自分が皆さまと共に永遠の回帰に向かって、この世界に在れていることがありがたく嬉しいです。

    誠にありがとうございます。
    えいっ!

    • S. Y. / 50代 / 女性 / 東京都 / 2018年11月より連続参加
    • 2020年 6月 10日

    木幡先生

    伝達が始まると、ヘッドセンターに強力なエネルギーが生じ、自ずとそのエネルギーへと注意が引き付けられました。

    すると、心のおしゃべりが一掃されました。

    また、意識としての私が静まることで、心や身体の重要性が低くなり、以下の先生の記事ほどではありませんが、心や身体は私の乗り物という感じもいたしました。

    参照記事 :『「私」と私』
    https://kowata0.com/words/i-and-i

    伝達をありがとうございました。
    「純粋意識の直接伝達 2020.06.04」でも貴重な「言葉による伝達」をありがとうございました。

    • I. J. / 50代 / 女性 / 東京都 / 2019年12月より連続参加
    • 2020年 6月 10日

    木幡先生

    「ヘッドセンターの直接伝達」ありがとうございました。

    伝達開始の時間頃から後頭部に意識が向き、その後、頭部の全体的に圧を感じました。

    今日(翌日)は朝から意識が清明です。

    前回は個別コメント、ありがとうございました。

    前回の伝達(「純粋意識の直接伝達 2020.06.04」)は先生の必殺・最強技(笑)だったように思えるのですが、何かを掴(つか)む力が弱くなっており、その時の体験にも執着できないので残念です(笑)

    参照記事 :『「純粋意識の直接伝達 2020.06.04」:「参加者の声」と「木幡とのやりとり」』
    https://kowata0.com/words/direct-transmission-with-no-contact-pure-consciousness-20200604

    ありがとうございました。

    • M. T. / 40代 / 女性 / 愛知県 / 2020年1月より連続参加
    • 2020年 6月 11日

    木幡先生

    ありがとうございました。

    疲弊(ひへい)し、心が乱れ、とても集中できるような状態ではありませんでしたが、伝達中はそんな状態でもしっかりとヘッドセンターへの強いエネルギーを感じることができました。

    「”華やかなフランス料理のフルコース”と”シンプルな構成の懐石料理”との違い」…とても分かりやすいです。
    どうしても純粋意識の直接伝達に比べ、ヘッドセンターの直接伝達の方が「自分がどう感じたのか」言語化が難しく感じてしまうからです。

    ですがヘッドセンターの直接伝達の方がランクが下とは思わず、むしろ私には到底理解できない、到達できない、とてつもなく素晴らしいものだと感じております。

    8月で終わってしまうかもしれないということで、さらに一回一回、後悔のないようにしっかり受け取らせて頂きます。

PAGE TOP